【遊戯王高騰予想】2022年1月に価格高騰が予想されるカードを予想して紹介!

 

2021年もいよいよ終盤を迎えたところで、来年1月にシングル価格が高騰しそうなカードを予想していきたいと思います。

 

あくまで予想なので確実に当たるわけではありませんが、既に高騰が始まっているものもあるので売買を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

2021年12月の大会環境や現在判明している新商品情報を軽くおさらい!

 

知っている人も多いかと思いますが、シングルカードの価格相場の動きは大会環境や新商品の情報と密接に繋がっています。

 

今月の大会環境についてですが、12月上旬ではこれまで通り「勇者トークン」やDHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用したデッキが活躍しており、その中でも「勇者プランキッズ」デッキや「幻影勇者」デッキは優勝や準優勝の常連と言えるほど大活躍していました。

 

 

12月中旬には来年1月から適用される新たなリミットレギュレーションが発表され、中でも大会環境に大きな影響を与えたのは幅を利かせていた「勇者トークン」とDHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットが規制されたことです。

 

DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットに至っては「フュージョン・デステニー」禁止カード化により出張性能が著しく下がったため、出張セットとしてはほとんど使用不能も同然となりました。

 

12月下旬には新リミットレギュレーション適用というルールで開催される大会もあり、規制改定による大会環境の変化の一端を見て取れるようになりました。

 

アルバ・ストライクで強化された「デスピア」デッキや比較的規制が軽かった「天威勇者」デッキに全く規制を受けなかった「エルドリッチ」デッキなど、その他様々なデッキが試行錯誤を繰り返しながら覇を競っている状態と言えます。

 

新商品の情報についてですが、1月に発売予定の新商品として目玉になるのはなんと言っても115に発売予定の基本パック ディメンション・フォースです。

 

 

1227日現在時点では収録内容の内半数近くが判明しており、その情報だけでも様々な既存テーマに新規カードが加わり強化されることが分かっています。

 

 

具体的には「EM」「オッドアイズ」「ヒロイック」「捕食植物」「音響戦士」「P.U.N.K.」「エクソシスター」「天気」等のテーマや、カテゴリではないものの纏まりがあるアンデット族関連などが強化されます。

 

 

この強化をきっかけに興味を持った人や、これを機に本格的にデッキを構築しようと考えている人もおり、そういった人たちからの需要増加もあって強化される既存テーマのキーカード等は価格が高騰しやすい傾向にあります。

 

 

219日に発売予定のヒストリーアーカイブコレクションの収録内容の一部も判明してきています。

 

 

テーマやカテゴリに限らず汎用的に使えるカードも多い上に何が再録されるか分からない部分もあるため、現時点ではヒストリーアーカイブコレクションの影響で高騰するカードを予想するのは難しそうです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

2022年1月に高騰が予想されるカードを紹介!

「黄金卿エルドリッチ」


遊戯王 DBSS-JP027 黄金卿エルドリッチ (日本語版 シークレットレア) シークレット・スレイヤーズ

 

 

新リミットレギュレーションにて規制強化を全く受けなかったことから、それまでも大会環境で活躍していた「エルドリッチ」デッキは相対的な強化となりました。

 

 

昨今の「エルドリッチ」デッキの活躍を受け、新たに「エルドリッチ」デッキを作ろうと思った人たちなどから需要が増加しています。

 

 

元々大会環境で活躍していたことが理由でシングル価格は高めとなっていたため、今回の大会環境の動きで更なる高騰が予想されます。

 

スポンサーリンク
 

「天威竜-ヴィシュダ」


遊戯王 RIRA-JP016 天威龍-ヴィシュダ (日本語版 レア) ライジング・ランペイジ

 

規制改定での規制が比較的軽かった「天威勇者」デッキも昨今の大会環境で活躍しており、優勝や準優勝といった好成績を残しています。

 

 

展開要員かつ除去手段としても使えるこのカードは「天威勇者」デッキでも重宝していて、デッキに3枚積みしている構築もそう珍しくありません。

 

 

レアリティ自体は高くないものの、必要な枚数の多さなども踏まえると今後の価格上昇は十分あり得るでしょう。

 

 

「グローアップ・ブルーム」


遊戯王カード グローアップ・ブルーム(スーパーレア) アンデットワールド(SR07) | チューナー・効果モンスター 闇属性 アンデット族 スーパー レア

 

「アンデットワールド」発動下であればレベル5以上のアンデット族モンスターをリクルートでき、「アンデットワールド」発動下に高い制圧力と除去性能を発揮できる「死霊王 ドーハスーラ」とは極めて相性が良いカードです。

 

ディメンション・フォースにて「アンデットワールド」を中心としたアンデット族関連が強化されるため、このカードを筆頭にした「アンデットワールド」関連カードの需要が増えることが予想されます。

 

また1225に発売したシークレットシャイニーボックスにて「アンデットワールド」「死霊王 ドーハスーラ」「屍界のバンシー」は再録したものの、このカードは再録しなかったことも高騰する理由となるでしょう。

 

「虹天気アルシエル」


【シングルカード】DBSW)虹天気アルシエル/リンク/ウルトラ/DBSW-JP035

 

 

リンク先の「天気」モンスターに制圧効果を付与したり、自身をコストにした制圧効果を持ったリンク3モンスターです。

 

 

ディメンション・フォースにて「天気」テーマは強化され、優秀な新規カード「天気予報」の登場によって「天気」デッキはリンク召喚をしやすくなりました。

 

 

このカードと「天気」モンスター複数体を展開した状態での制圧力の高さは目を見張るものがあるため、今回の強化を機に特化した構築を目指すのも有りでしょう。

 

 

強化された「天気」デッキのキーカードであり、イラストアドの高さという点でも人気のあるカードですので高騰しやすいでしょう。

 

 

「エクソシスター・パークス」


遊戯王 DBGC-JP021 エクソシスター・パークス (日本語版 スーパーレア) グランド・クリエイターズ

 

 

「エクソシスター」カード1枚をサーチでき、サーチ先や状況次第ではこのカード1枚で2つのアドバンテージを稼ぐことができる便利カードです。

 

 

ディメンション・フォースにて「エクソシスター」テーマが強化されるため、「エクソシスター」デッキのキーカードであるこのカードの価格高騰が予想されます。

 

 

また新規カードである「エクソシスターズ・マニフィカ」を出す際に役立つ「エクソシスター・バディス」も合わせて価格上昇しそうではあります。

 

 

「捕食植物トリフィオヴェルトゥム」


遊戯王/第10期/DP22-JP045 捕食植物トリフィオヴェルトゥム【ウルトラレア】

 

 

必要な融合素材が多い代わりに、高い攻守に加えた自己強化効果や制圧力を発揮できる融合モンスターです。

 

 

ディメンション・フォースにて「捕食植物」テーマが強化され、新規カードである「捕食植物トリアンティス」のペンデュラム効果などを活かすことでこのカードを融合召喚するための難易度も下がります。

 

 

このカードの他にも、展開しつつサーチが出来る「捕食活動」、フリーチェーンでフィールドのモンスター全てに捕食カウンターを置ける「捕食計画」等も合わせて価格高騰することが予想できます。

 

まとめ!

 

2022年1月に高騰が予想されつカードを予想してきましたが、今回紹介したカードの中で既に高騰が始まっているカードもある上に、今後の大会での活躍やこれからの新規テーマの発表や既存テーマの強化が判明すれば、今回紹介したカード以外の高騰も十分に考えれます。

 

2022年1月年始は、たくさんの人達がお休みの中、通販サイトや実店舗でのカードの在庫の動きの変動が予想されますので、欲しいカードがある人は在庫のあるうちにカードを集めておくのも手でしょう。

 

新年2022年はどの様な価格相場になるのかを予想してきましたが、今回の予想が少しでも、シングルカード購入の判断材料になれば、幸いです!

 

 


遊戯王OCGデュエルモンスターズ HISTORY ARCHIVE COLLECTION BOX


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ DIMENSION FORCE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1779

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください