【遊戯王環境情報】2021年6月に大会で活躍したテーマデッキまとめ!

20216月も大詰めとなったところで、6月の大会環境では活躍したテーマデッキを振り返っていきたいと思います。

遊戯王の大会をするのにも感染症対策が必要な時期ではありますが、大会への参加を考えている人は対策や傾向を知る際の参考にしてみて下さい。

【遊戯王OCG】2021年6月の環境を軽くおさらい!

大会環境全体の動きとしては、これまでと同じく様々なテーマデッキが覇を競う群雄割拠な状態が続いています。

「トライブリゲード」「電脳堺」「エルドリッチ」などの環境上位と呼べるほどの好成績を残しているテーマデッキはいくつかあるものの、使用率や大会結果においての上位を独占することはありません。

6月の中旬には7月から適用されるリミットレギュレーションが発表され、新リミットレギュレーション環境で開催された大会もありました。

基本的には緩和傾向にある規制改訂ではありましたが、それまで環境上位で活躍していた「十二獣」等は直接的に影響を受けることとなり弱体化を余儀なくされました。

また昨今ではアニメーションクロニクル2021にて登場したNo.4 猛毒刺胞ステルス・クラーゲン」を中心とした水属性エクシーズデッキ、通称「ステルス・クラーゲン」デッキが大会で好成績を残したことが話題となりました。

2021年6月に大会環境で活躍したテーマデッキを紹介!

「十二獣」デッキ

地属性・獣戦士族で統一され、重ねてエクシーズ召喚することを主軸としたテーマデッキです。

6月上旬、つまり新リミットレギュレーションが発表される前は「トライブリゲード」等との混合デッキが大会で好成績を残していました。

「十二獣ドランシア」の禁止カード化や「炎舞-「天キ」」の準制限カード化によって弱体化したこともあってか、新リミットレギュレーション環境で行われた大会では姿を見かけなくなりました。

これ以上活躍してしまうようであれば更なる規制強化による弱体化も考えられただけに、使用率が減ったのはある意味では良かったのかもしれません。

これまで「十二獣」デッキを使っていた人の中には、これを機にと「トライブリゲード」の純構築デッキを使うようになった人もいたようです。

「コード・トーカー」デッキ


「コード・トーカー」リンクモンスターやサイバース族モンスターを主軸としたテーマデッキです。

「神の宣告」を筆頭にした汎用性の高い罠カードを多めに採用した構築のデッキは罠型コード・トーカーとも呼ばれており、昨今の大会環境で活躍しているのは専らそちらになっています。

「コード・トーカー」デッキでは、サーチ・墓地肥やし・蘇生・手札からリンク素材といった動きを活用することもあって少ない手札消費から高リンクモンスターに繋げることも苦ではありません。

それ故に汎用罠カードを採用する余地があり、それらで相手の動きを妨害することでデュエルを有利に進めていけるというわけです。

汎用性のある罠カードを駆使するため対応力も高く、大抵のデッキ相手にはその性能をいかんなく発揮出来るという点も強みになります。

「電脳堺」デッキ


墓地肥やしと手札からの特殊召喚を得意としており、墓地で発動する効果を活かすことで高いアドバンテージ獲得能力が特長のテーマデッキです。

エクストラデッキの強力なモンスターを駆使することで、制圧盤面の構築だけでなく切り返しも出来ることから大会環境では上位として好成績を残し続けています。

高い制圧力を誇ることから制圧盤面を構築する際には優先的に出したい「真竜皇V.F.D.が規制強化されずに済んだこともあり、新リミットレギュレーション環境で行われた大会でも依然変わらず活躍していました。

最終盤面がエクストラデッキのモンスターに依存していることもあり、手札誘発カード等の相手の妨害への対抗策を用意しておくことがデッキを動かす上でも重要になっています。

「サンダー・ドラゴン」デッキ


手札で発動する効果や除外された場合に発動する効果を駆使してアドバンテージを稼いでいくことが特徴の雷族のテーマデッキです。

「サンダー・ドラゴン」モンスターだけでも光と闇の2属性を扱うため、昨今では「カオス」関連カードと合わせてよりデッキの回転力を上げた構築が主流です。

登場してから長きにわたって環境で活躍していることもあり規制も受けていますが、新リミットレギュレーション環境で行われた大会でも優勝したりと、その力は未だ一線級です。

これ以上規制されると厳しいものの、昨今の環境上位のデッキとも渡り合える性能があるという絶妙なバランスを保っているとも言えます。

まとめ!

2021年6月の遊戯王の大会で活躍したテーマデッキを紹介してきましたが、「十二獣」を大会で見かけることが多かったですが、2021年7月の環境では、新リミットレギュレーションの影響で既に、大会で見かける機会が減ってしまいました。

2021年7月からはリミットレギュレーションが適用されますが、規制よりも緩和が目立つ結果となっている上に、7月は強化された「ホープ」デッキバースト・オブ・デスティニーの新テーマや強化で大きく環境が変わるのではないのかと、個人的に少し期待しています。



遊戯王OCG デュエルモンスターズ BURST OF DESTINY BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1742

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする