【遊戯王環境予想】2021年12月に大会で活躍しそうなテーマデッキを紹介!

202111月も終盤を迎えたところで、来月の大会環境について予想していきたいと思います。

あくまで予想ですが、11月現在時点の大会環境で活躍したテーマデッキを踏まえた上で紹介していくのでデッキ構築などの参考にしてみてください。

2021年11月の大会環境や活躍テーマの傾向を軽くおさらい!

アラメシアの儀

11月の大会環境で活躍したテーマデッキについてですが、「幻影騎士団」や「プランキッズ」などのいくつかのテーマデッキが特に好成績を残すこととなりました。

昨今の大会環境を語る上で欠かせないのが「勇者トークン」DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットの存在であり、これらのどちらかあるいは両方を採用したデッキが活躍しやすい傾向にあります。

その他には「天威勇者」と呼ばれる混合構築デッキや「エルドリッチ」デッキ等の活躍が目立っていました。

一方で「ふわんだりぃず」や「ドライトロン宣告者」等の出張セットを採用していないデッキが大会で優勝したこともあったことから、必ずしも出張セットを採用したデッキの方が強いとは限りません。

また12月中旬には20221月適用のリミットレギュレーションが発表されるはずですので、発表されてからは新リミットレギュレーション適用下で行われる大会もあるでしょう。

このままいけば出張セットが規制される可能性は高めなこともあり、その点も含めて12月の大会環境で活躍しそうなテーマデッキを予想していきたいと思います。

11月の大会で活躍したテーマについてはの紹介はコチラ↓

2021年11月も終盤に入ったところで、今月の大会環境について振り返っていきたいと思います。 大会環境で活躍したテーマ...

2021年12月に大会環境で活躍しそうなテーマデッキを紹介!

「ふわんだりぃず」デッキ

「ふわんだりぃず」モンスターの持つ制約の都合上自分は特殊召喚を行えなくなるため、自分は影響を受けない特殊召喚ロックをしたり、エクストラデッキを「強欲で金満な壺」「金満で謙虚な壺」のコスト用として有効活用していけます。

昨今ではエクストラデッキに頼らないという点に注目し、「浮幽さくら」によって相手のDHERO デストロイフェニックスガイ」や大会環境で活躍しているデッキのキーカードとなるモンスターをピンポイントで除外することで未然に封じるという運用もよく見られます。

また「ディメンション・アトラクター」を無理なく採用できるデッキでもあるため、相手の墓地利用を封じてデュエルの流れを掴みに行けるのも魅力です。

以上のことから12月の大会環境でも十分活躍していけるかと思います。

当サイトでは「ふわんだりぃず」デッキレシピの紹介も行っております↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新たに「ふわんだりぃず」テーマが登場します。 ...

「相剣」デッキ

チューナートークンを活用する幻竜族シンクロテーマであり、少ない消費から高レベルシンクロモンスターへ繋ぐことを得意としています。

「天威」をメインとして「相剣」「竜星」「勇者トークン」等を混ぜたデッキのことではなく、あくまでも「相剣」テーマを主軸とした構築のことを指しています。

DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用することもでき、強力な効果を持ったシンクロモンスターと並べることで盤面の制圧力を上げることが狙えます。

元より展開力とアドバンテージ獲得能力が高いテーマであり、「トークンコレクター」というメタカードこそあるものの対策の打ち方次第では12月以降も一線級に戦っていけるでしょう。

当サイトでは「相剣」テーマデッキの紹介も行っております↓

2021年7月17日に発売予定の基本パック バースト・オブ・デスティニーにて新規テーマ「相剣」が登場します。 そこで今...

恐竜族デッキ

「魂喰いオヴィラプター」が規制緩和されたことをきっかけに使われているテーマデッキであり、破壊効果やそれをトリガーにした展開コンボで戦っていくことを得意としています。

優勝や準優勝といった好成績を残すことはあまり多くないものの、大会での使用率はある程度あることから環境でも戦っていける性能を持っています。

DHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用している構築が主流であり、能動的に自分フィールドのカードを破壊できるDHERO デストロイフェニックスガイ」とは相性が良いです。

環境上位になれるかは分かりませんが、元々の性能が高いこともあって12月の大会環境でも戦っていけると予想します。

スポンサーリンク

SPYRAL」デッキ

「マジシャンズ・ソウルズ」をサーチできる「イリュージョン・オブ・カオス」を採用することで、デッキの安定力が増しました。

元々「マジシャンズ・ソウルズ」SPYRAL-グレース」を墓地に送りつつ自己特殊召喚できるため、「ワンチャン!?」の発動条件を満たしたりする上で重宝するため安定した動きでアドバンテージを稼ぎながらデュエルを有利に進められます。

既に規制を受けて弱体化したテーマではありますが、上記のような強化の影響もあるので12月の大会環境で活躍することもあり得えるかと思います

「アルバスの落胤」デッキ


「アルバスの落胤」を主軸とした融合テーマデッキであり、相手モンスターを融合素材として除去したり強力な融合モンスターを継続的に出していくことができます。

124日に発売予定のストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク-にて関連新規カードが複数登場することで強化され、デッキの回転力・展開力・制圧力などが向上します。

イラストストーリーについても気になる所ですが、新規カードのおかげで性能面でも十分に魅力のあるテーマデッキを作れるようになります。

せっかく強化されるテーマということで、個人的な願望を含めて予想させていただきました。

まとめ!

2021年12月の大会で活躍が予想されるテーマデッキを紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

2021年12月の環境で活躍するテーマは恐らく、引き続き、「勇者トークン」関連とDHERO デストロイフェニックスガイ」の出張と相性の良いテーマが活躍する一方で、この2つに対しての対策がどれだけ張られるかも見どころです。

2021年12月は2021年最後の月ということで、どのようなテーマが活躍するのか見どころでございます。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする