遊戯王 2020年3月の環境デッキテーマを予想!!大会で結果を残すのは?

3月も間近になったところで、今回は20203月に大会環境で活躍しそうなテーマデッキを予想したいと思います。

環境に影響を及ぼすようなことを考察し、それを踏まえた上で予想していくので大会に出ようと思っている人は参考にしてみてください。

遊戯王の2020年3月の動きについて軽く予想!

環境の全体的動きですが、3月中頃までは大きな変化は無いと予想します。

37デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズが発売します。

2020229日現在時点の情報で全判明している「アダマシア」、未判明のカードもある「エルドリッチ」、ほとんど未判明の植物族テーマ(テーマ名は「六花聖」?)3種の新テーマが収録されていますが、今の所どのテーマも大会環境に大きな影響を与えるほどの性能があるとは感じません。

岩石族・アンデット族・植物族のテーマのいずれかが既に大会環境で活躍しているならその強化という見方も出来るのですが、現状ではその3種族のテーマは大会環境の中堅にすらいません。

とはいえ、私個人の願望としてはせっかく新テーマとして登場するので大会でも活躍して欲しいと思っています。

これまで通りであれば3月中旬には41日から適用される新リミットレギュレーションが公開されるはずです。

適用自体は4月からですが、一部では情報が公開されたすぐ後ぐらいから新リミットレギュレーション適用下での大会も行われるので環境が動くことが予想されます。

現状の大会環境で活躍しているテーマデッキのいくつかには規制が入り弱体化すると思われますので、今の環境中堅テーマが上位になることも十分考えられるでしょう。

320日にはストラクチャーデッキ 混沌の三幻魔が発売しますが、発売から10日ほどで大会環境で活躍するのかは未知数です。

「三幻魔」はファンが多いテーマではありますが、今回の強化によって大会で活躍している環境デッキに勝てるだけのガチデッキ並みの性能になり得るのでしょうか。

私個人としてはせっかくの強化ですのでファンデッキとしてだけでなく大会でも活躍して欲しいとは思います。

以上のことから3月中旬には新リミットレギュレーションによる規制があるはずなので、現状の大会環境上位である「ドラグーン」「オルフェゴール」等は弱体化されるのではないかと予想できます。

スポンサーリンク

2020年3月に大会で環境を取るテーマデッキを予想!!

「ドラグーン」デッキ


融合モンスターの「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を主軸としたテーマデッキです。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」は非常に強力であり、そのあまりの強さから複合デッキ等も複数大会で結果を残したりと環境を一変させています。

1月、2と大会環境ではトップレベルに活躍している「ドラグーン」デッキ3月の中頃までは依然変わらず優秀な成績を残していくことでしょう。

3月中旬に公開されるであろう新リミットレギュレーションによって規制強化される候補の筆頭でもありますが、どのカードが規制されることでどの様な弱体化がされるのかは分かりません。

いつぞやのドラゴンリンクデッキへの対応を踏まえれば次の規制で「ドラグーン」デッキが弱体化されないはずはない……と思うのですが、それすらも予想でしかありません。

コチラでは「ドラグーン」デッキについての考察を行っております。

大会に参加する方にとって参考になれば幸いです!

現在、「リリーサードラグーン」と呼ばれるデッキが大会環境で注目を集めています。 「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ...
昨今の大会環境で「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」デッキが一躍話題となっています。 そこで今回は「超魔導竜騎士-...

「エンディミオン」デッキ


魔法使い族のペンデュラムモンスターを主軸としたテーマデッキであり、魔法カードを発動することによって溜まる魔力カウンターを駆使して展開や除去を行い勝利を目指していきます。

「創聖魔導王 エンディミオン」「魔導獣 キングジャッカル」を展開することで制圧盤面の構築も可能であり、即効性のある魔法カードと魔力カウンターを多用するため安定力も高いというのも大きな利点です。

今の所大会環境では中堅にいるテーマデッキですが、3月中旬以降の規制によって環境上位デッキが弱体化されれば「エンディミオン」デッキの活躍の場が広がるかと思われます。

当サイトでも「エンディミオン」デッキレシピを紹介しておりますので、是非参考にしていただければ、幸いです!

2019年3月9日にストラクチャーデッキR -ロードオブマジシャンが発売になりますね! 今回のストラクチャーデッキは、あのロー...
ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-で「エンディミオン」が新たにカテゴリ化し、ついに大会で結果を残しました。 「...

「サイバー・ドラゴン」デッキ

光属性・機械族をメインとしたテーマデッキであり、「サイバー・ドラゴン」「サイバー・ドラゴン」として扱うモンスターを駆使することで融合・エクシーズ・リンクと様々な召喚方法を駆使出来ます。

制圧盤面の構築だけでなく切り返し能力と火力も高いため、相手の盤面次第ではワンターンキルを狙いに行くことも可能な性能を誇っています。

あまり話題にはなっていませんが、実はレアリティコレクション-プレミアムゴールドエディション-「サイバー・ドラゴン」デッキのキーパーツやエースとなる「サイバー・ドラゴン・ネクステア」「キメラテック・メガフリート・ドラゴン」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」が再録したためデッキを作りやすくなっています。

こちらも「エンディミオン」デッキ同様に環境中堅で活躍しているテーマデッキですが、3月中旬以降には環境上位になれるかもしれません。

スポンサーリンク

2020年3月の大会環境テーマデッキについてのまとめ!

大会環境において3月の一番の注目どころは新リミットレギュレーションの公開になります。

どの様な規制や緩和が行われ環境にどの様な変化が起こるのか、大会に参加したいという人は特に要チェックです。

「ドラグーン」「オルフェゴール」は弱体化されるのか、新テーマや「三幻魔」は大会環境で活躍できるのかなどこれからも目が離せません。

コチラでは2月の環境のおさらいを行っております!

2月も終わりが近づいてきたところで、今回は2020年2月に大会環境で活躍していたテーマデッキを紹介していきます。 簡単にではあ...


【新品・ご予約】3/7発売 カード 遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ BOX


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RARITY COLLECTION -PREMIUM GOLD EDITION- BOX 3BOXセット

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする