遊戯王の2020年9月に高騰したまとめ!価格相場の動きをおさらい!

20209月も終盤という所で、今月相場価格が高騰したシングルカードについてまとめていきたいと思います。

価格相場は昨今どんなカードの需要が高いのかが分かる指標にもなりますので、今月の価格相場をまだチェックしていないという人は参考にしてみてください。

遊戯王の2020年9月の価格相場の動きを軽くおさらい!

9月の価格相場の動きですが、様々な情報が相場に影響を与えました。

8月末に発売したストラクチャーデッキR-ドラグニティ・ドライブ-もその一つであり、出調整や汎用性能の高いドラゴン族関連カードの価格が高騰傾向にありました。

912日に発売したデッキビルドパック ジェネシス・インパクターズでは新たに3種のテーマが登場し、相性の良く当パックに再録されなかった既存カードの価格が高騰しました。

加えて1031日に発売予定の基本パック、ブレイジング・ボルテックスに収録されるカードの一部が公開されたことでその関連既存カードの価格も高騰しています。

それら商品に関連したカードだけでなく大会環境も価格相場に影響を与えていて、環境上位で活躍中のデッキに入れられる相性の良いカードも高値で取引されています。

また以上の物とは別に9月中旬に101日適用の新リミットレギュレーションが公開されたこともあり、その影響で再び注目を集めた結果需要が増えて価格高騰に繋がっている物もあります。

スポンサーリンク

2020年9月に高騰したカードまとめ!

「ストライカー・ドラゴン」

ストライカー・ドラゴン

「ドラグニティ」強化の影響で価格が高騰したリンク1モンスターです。

「ドラグニティナイト-ロムルス」を出す際に一度このカードを経由することで「リボルブート・セクター」をサーチでき、手札の「リボルブート・セクター」「竜の渓谷」等の手札コストに使えるため後々の手札消費を抑えることが出来ます。

以上のことから「ヴァレット」モンスターを採用していない場合でも「リボルブート・セクター」とセットで「ストライカー・ドラゴン」を採用する「ドラグニティ」デッキも多く、強力な盤面を作るためのコンボをする上でも役に立っています。

制圧面で有用な「天球の聖刻印」も同じく「ドラグニティ」強化の影響で価格高騰したので、「ドラグニティ」デッキ構築の際は検討してみると良いかと思います。

「サイバネット・マイニング」

サイバネット・マイニング

「イビルツイン」テーマとの相性が良く、ジェネシス・インパクターズに再録されなかったことから価格が高騰しました。

「イビルツイン」テーマでは下級サイバース族モンスターであるLive☆Twin キスキル」あるいはLive☆Twin リィラ」が展開の起点となるため、それらをサーチできる「サイバネット・マイニング」の需要は当然増えました。

元より「コード・トーカー」デッキ等のサイバース族デッキにとっては入れておいて損はない便利なサーチカードであったため、絶好の機会であるジェネシス・インパクターズに再録されなかった影響は大きいです。

「虚竜魔王アモルファクターP

虚竜魔王アモルファクターP

「ドライトロン」テーマとの相性の良さが注目されて相場価格が高騰しました。

儀式召喚した場合に次の相手ターンのメインエイズ1をスキップする効果が強力であり、「ドライトロン」テーマであれば儀式召喚した「虚竜魔王アモルファクターPをリリースして墓地へ→

「流星輝巧群」「虚竜魔王アモルファクターPを墓地から儀式召喚というループが作れるため、プレイング次第では毎ターン相手のメインフェイズ1をスキップ出来ます。

上記の「虚竜魔王アモルファクターPの使い方とお互いのメインフェイズ2をスキップする永続魔法「端末世界」を併せることで、相手のメインフェイズ完全スキップすることで何もさせないというコンボも考案されました。

EHERO アブソルートZero

E・HERO アブソルートZero

「マギストス」との相性から相場価格が高騰したカードです。

「大いなる魔導」によってエクストラデッキのEHERO アブソルートZeroを装備し、装備モンスターを各種召喚方法の素材に使うなどしてEHERO アブソルートZeroの一掃効果を使えます。

「大いなる魔導」の追加効果を使うための条件を満たすのは容易ではありませんが、狙う価値は十分にある運用法でもあります。

「アームド・ドラゴン LV7

アームド・ドラゴン LV7

ブレイジング・ボルテックスで「アームド・ドラゴン」テーマが強化されることが原因であり、中でもアルティメットレアの価格が高騰しています。

アニメ遊戯王GXに登場した万城目サンダーの使用カードが強化ということでファンにとっては嬉しい情報ですし、これを機に「アームド・ドラゴン」テーマに注目した人もいるかと思います。

基本パックでは再録は無いため今の内に「アームド・ドラゴン」モンスターを集めておこうという人もおり、そういった需要もあってレアリティの高いアルティメットレアの「アームド・ドラゴン LV7の価格が上がっています。

「ゲール・ドグラ」

ゲール・ドグラ

「ドラグマ」と「シャドール」の混合構築をする際の相性の良さから価格が高騰しました。

ライフコストは大きいものの、「天底の使徒」と比べた時に「灰流うらら」に妨害されない点やその後の制約がないことがメリットとして挙げられます。

通常召喚した「ゲール・ドグラ」「転生炎獣アルミラージ」にして「セキュア・ガードナー」まで繋げれば「エルシャドール・ネフィリム」の融合素材として使っていけるため、「エフェクト・ヴェーラー」「無限泡影」「ゲール・ドグラ」の効果が無効化された際にもケアできるのも有難いです。

「ヘル・テンペスト」

ヘル・テンペスト

新リミットレギュレーションで「ネクロフェイス」が制限解除されたことが要因で価格高騰しています。

発動条件は厳しいですが、成功すれば圧倒的なまでのデッキ破壊が可能という尖った性能をしています。

「トーチ・ゴーレム」等を使って相手に高ステータスモンスターを送り付けて能動的に発動条件を満たす運用も有りです。

このカードでデッキ・墓地の「ネクロフェイス」3体除外した場合、更にお互いのデッキトップからカードを15枚除外することになるという強力無比なデッキ破壊となります。

「ヘル・テンペスト」自体は決まれば強いコンボカードといった性能をしていますが、「ネクロフェイス」が制限解除されたのを機に除外によるデッキ破壊をコンセプトにしたデッキ構築を検討している人も多いようです。

遊戯王の2020年9月に高騰したまとめ!価格相場の動きをおさらい!まとめ!

遊戯王の2020年9月に高騰したカードについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

9月に高騰したカードの多くはジェネシス・インパクターズ関連のカードが多い傾向でした。

ジェネシス・インパクターズのテーマは3テーマとも環境テーマとまでは行かないものの、今回再録されなかったカードの多くが必須カードだったり、デッキの安定感をあげるカードが大半を占めていたのも、原因の1つかも知れません。

2020年10月からは、新リミットレギュレーションが始まるので、相場の動きも大きく変わることが予想されるので、その辺も吟味してみると良いでしょう。

また、コチラでは実際に当サイトで使ったおすすめの買取サイトを紹介しておりますので、今回紹介したカードを高く買い取ってもらいたい方は是非1度ご検討くださいませ↓

使わないレアカードや昔の高額レアカードを売って資金にしたい方に向けて、今回は私が実際に使ったおすすめの買取サイトを紹介していきます!...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする