遊戯王2019年1月の環境はどんな感じ?活躍中のテーマデッキなどを紹介!




201911日から新たなリミットレギュレーションが適用されて少なからず弱体化したデッキがあった反面、その逆に新規カードが増えたことで強力になったデッキもあります。

そういった理由から環境には少なくない変化があったところで、今回は20191月の環境について紹介していきます。

2019年1月はもうすぐ終わるが環境はどんな感じだったのか簡単に解説!

ファイアウォール・ドラゴン

201911から適用されたリミットレギュレーションはこれまでになく規制カードの種類が多く、中でも「ファイアウォール・ドラゴン」「トロイメア・ゴブリン」「ダンディライオン」「グローアップ・バルブ」がまとめて禁止カードになった影響はかなり大きいです。

コチラの記事では2019年1月1日に禁止カードになった影響の大きかった4体の理由の考察を行っております。

コチラの記事で2019年1月1日の禁止カードについて詳しく分かるかと思いますのでよろしければコチラの記事もどうぞ

2019年1月1日から適用されるリミットレギュレーションが発表され、「ファイアウォール・ドラゴン」が新禁止カードになりました。 アニメ...
2019年1月1日から適用される制限改訂によって、「トロイメア・ゴブリン」が禁止カードになることが発表されました。 禁止カード...
2019年1月1日から「ダンディライオン」が禁止カードになることが公式から発表されました。便利カードなだけあって多くの人が影響を受けると思わ...
2019年1月1日から適用されるリミットレギュレーションが公式から発表されましたが、「グローアップ・バルブ」も禁止カード入りしていました。 ...

剛鬼ツイストコブラ

それら新禁止カードを主軸として展開を行っていたグッドスタッフリンク「剛鬼」テーマデッキには致命的と言えるほどの痛手となりました。

オルターガイスト・マルチフェイカー

「トリックスター」「オルタ―ガイスト」等の他の環境上位の常連だったデッキにも多少の影響があり、今回は特にリミットレギュレーションが環境を変えたと言っても過言ではありません。

転生炎獣サンライトウルフ

そんな中、2018128日に発売したストラクチャーデッキ-ソウルバーナー-によって大幅な強化がされた「転生炎獣」テーマの強力さが注目されました。

「転生炎獣」とは、リンク召喚を主軸にしていて、同名モンスター1体でリンク召喚する転生リンク召喚をすることで更に強力な効果が付与される炎属性・サイバース族テーマです。特にストラクチャーデッキに収録されていた新規強化カードの性能がとてつもなく優秀で、少ない手札消費でワンターンキルすら視野に入るデッキの回転力と展開力を誇るデッキになりました。

詳しくはコチラの当サイトで組んだデッキレシピの紹介がありますのでよろしければコチラを見て参考にして見てください。

遊戯王ヴレインズで「サラマングレイト」を使う熱き男! 穂村尊こと「ソウルバーナー」のストラクチャーデッキが発売になりましたね! ...
ストラクチャーデッキから穂村尊こと「ソウルバーナー」が使うテーマ「サラマングレイト」のストラクチャーデッキが発売しました! 今回主役の...

また環境一覧に入る前にコチラの記事では1月前に環境を予想している記事となっております。

コチラをまだ見ていないという方はコチラをご覧になった後に見比べてみると面白いかと思います。

2019年になり新たなリミットレギュレーションが適用されるようになりました。 影響を受けるデッキが多かったであろう大幅な制限改訂でした...

2019年1月に環境に入ったテーマデッキ一覧

転生炎獣サンライトウルフ

「転生炎獣」デッキ

これまで環境とは無縁のテーマデッキでしたが、ストラクチャーデッキによる強化と新リミットレギュレーションの適用以降環境上位デッキにまで上り詰めました。

大会で優勝することも多く、安定して高い展開力を発揮できる上にワンターンキルすらできる爆発力が何よりの魅力です。

また相手フィールドの除去も出来るため対応力が高い点も環境上位になれた理由かと思われます。

墓地からのサルベージや蘇生を多用するため墓地封じカードが刺さりやすいですが、相手がメタカードを引く前にデュエルを決めるということも十分狙える回転の速さがあります。

サブテラーマリスの妖魔

「サブテラー」デッキ

高レベルでステータスが高いリバースモンスターが多い「サブテラー」テーマですが、レベル4以下の「サブテラー」モンスターを主軸に置いたデッキが環境に入っています。

「サブテラーの妖魔」の妨害性能が高く、フィールド魔法の「地中海シャンバラ」を手札に引き込むことでサーチと運用の補助が出来ます。

また相手の妨害に重点を置いたデッキ構築であり特殊召喚をあまりしないことから「強欲で謙虚な壺」「強欲で金満な壺」等で手札の補充を見込めるため息切れもしにくくなっています。

オルフェゴール・クリマクス

「オルフェゴール」デッキ

闇属性・機械族で墓地からの除外をすることで効果を使うメインデッキのモンスターと除外からデッキに戻すことで効果を使うリンクモンスターの組み合わせによって戦っていくテーマです。

「オルフェゴール・プライム」による墓地を肥やしながらのドローや、闇属性であり除外がメリットになるため「闇の誘惑」との相性の良さからドローによってデッキの回転力が高いです。

それに加え種族と属性が同じ「星遺物」モンスターとの兼ね合いも良い点が優秀です。

また2019112に発売したブースターパック、ダーク・ネオストームにて新規カードが登場し、対象を取らない墓地へ送る効果のエクシーズモンスター「宵星の機神ディンギルス」「オルフェゴール」デッキなら発動条件を満たしやすくサーチ効果も備えたカウンター罠カード「オルフェゴール・クリマクス」によって対応力が飛躍的に向上したことで本格的に環境に名乗りを上げました。

閃刀姫-カガリ

「閃刀姫」デッキ

「閃刀姫-カガリ」が新たに制限カードになり弱体化しましたが、それでも回転力やアドバンテージを稼ぐ性能が高いため環境上位を維持できています。

制限カードになった「閃刀姫-カガリ」を使いまわすための手段として「マグネット・リバース」による蘇生や「バウンドリンク」によるエクストラデッキへ戻すことなどいくつかありますが、そのどれにもメリットとデメリットがあるため環境で安定した運用をするという意味では難易度がやや上がった印象です。

2019年1月の環境についてのまとめ!

やはりというか、実際に適用されてみるとなおさらに新リミットレギュレーションの影響の大きさが実感できます。

紹介しきれませんでしたが、「トリックスター」「オルタ―ガイスト」も多少の弱体化はしたものの環境で活躍しているデッキです。

また影響がほぼ無かった「サンダー・ドラゴン」「魔術師」等もそれまでと同じく環境で活躍中ではあります。

新リミットレギュレーションや新規カードの性能、強力なコンボの発見が環境に影響を与えますので今後も目が離せません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする