遊戯王 2019年12月に価格相場が高騰したシングルカード一覧!

201912月もあと僅かということで、12月に価格が高騰したシングルカードを紹介していきます。

高騰した理由なども併せて紹介しますので、購入を考えている人は参考にしてみてください。

遊戯王の2019年12月シングル相場状況を軽くおさらい!

12月にはストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールレジェンダリーゴールドボックスが発売し、それらと相性が良いと思われる既存カードの価格が高騰する傾向にありました。

特にレジェンダリーゴールドボックスでは切り札級の性能を持つ新規モンスターが多数登場したため、それを出すために役に立つもしくは出した後相性が良いカード等の価格が高騰しやすかったです。

また12月には20201月から適用される新リミットレギュレーションの公開

20201月に発売予定の基本パックであるエターニティ・コードの収録カード情報が続々と判明

20204月からの新マスタールールの改訂内容の公開もあったりとそれらもシングルカード価格に影響を与える要因になりました。

スポンサーリンク

遊戯王の2019年12月シングル価格相場が高騰したカード一覧!!

「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」


遊戯王 DOCS-JP045-UR 《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》 Ultra

「オッドアイズ」モンスター+ペンデュラムモンスターで融合召喚できる融合モンスターであり、特殊召喚成功時に表側攻撃表示モンスター1体をバウンスする効果、1ターンに1度エクストラデッキの表側表示のペンデュラムモンスター1体をデッキに戻すことでモンスター効果・魔法・罠カードの発動を無効にして破壊する効果を持ちます。

攻撃力も2500あるため相手モンスターをバウンスした後に攻撃できる他、2つ目の効果によって相手ターン中でも制圧盤面として機能してくれる優秀なモンスターです。

「エンディミオン」デッキでの採用率が上がっていることが高騰理由の一つであり、「エンディミオン」デッキでは専らレベル7モンスターを揃えてエクシーズ召喚した「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」の効果で「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」を出すことになります。

また「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」は基本パックで登場したカードであり現状再録されたことがないというのも高騰理由だと思われます。

「ジャンク・スピーダー」


遊戯王 20TH-JPB14 ジャンク・スピーダー (日本語版 ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX

「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上で出せるシンクロモンスターであり、シンクロ召喚時にレベルの異なる「シンクロン」チューナーを可能な限りリクルートする効果、シンクロ召喚したターンの自身はモンスターと戦闘を行う場合攻撃力を元々の攻撃力の倍にする効果があります。

レベルの異なる「シンクロン」チューナーを幅広く採用している場合は大量展開に繋がり、その後は自身やリクルートした「シンクロン」チューナーで更なるシンクロ召喚を狙っていけます。

トリプルチューニングモンスターである「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」をシンクロ召喚しやすくなるという理由から需要が高まり価格高騰に繋がりました。

「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」を積極的に出すための好相性カードがエターニティ・コードに収録されることが判明しましたが「ジャンク・スピーダー」「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン」の相性の良さは変わりませんし、新マスタールール改訂によってシンクロ召喚が実質的に強化されるのも高騰する理由です。

「原始生命態ニビル」


遊戯王 EP19-JP067 原始生命態ニビル (日本語版 ウルトラレア) EXTRA PACK 2019

相手が5体以上のモンスターを召喚・特殊召喚したターンのメインフェイズ、お互いのフィールドの表側表示モンスター全てをリリースして自身を手札から特殊召喚し相手フィールドにはリリースしたモンスターに応じた攻守のトークン1体を生成する効果のモンスターです。

1ターンで大量展開等を行うデッキに対し、フリーチェーンでフィールドのリセットを行えるためメタカードとして機能してくれます。

昨今の大会環境では展開力の高いデッキが過半数なため、それらに対してのメタということで「原始生命態ニビル」の採用率は登場以降少しずつ向上しているのが価格高騰の主な理由です。

「トリックスター」出張セット


【 3枚セット 】遊戯王 日本語版 19SP-JP602 Trickstar Corobane トリックスター・キャロベイン (ノーマル)

「トリックスター・ライトステージ」「トリックスター・キャンディナ」「トリックスター・キャロベイン」3枚のセットになっています。

「トリックスター・ライトステージ」を発動し「トリックスター・キャンディナ」をサーチ

「トリックスター・キャンディナ」を召喚して「トリックスター・キャロベイン」をサーチ

「トリックスター・キャロベイン」を自己特殊召喚という流れで簡単にモンスター2体を並べることが可能です。

またこの出張セットの良い所として、セットの内「トリックスター・ライトステージ」「トリックスター・キャンディナ」はどちらが先に手札に来ても同じ結果を作ることが出来るという利点があります。

それだけでなく「トリックスター・キャンディナ」も自分フィールドにモンスターが存在しないという状況でも手札から自己特殊召喚が出来るため、セットの内どれが最初に手札に来ても事故になりにくいという大きなメリットがあります。

手札消費1枚でモンスター2体を並べることが可能なためリンク2へ繋げられるほか、「トリックスター・ライトステージ」は相手のセットされた魔法・罠カードの発動を封じられるためその後の自分のコンボを通しやすく出来るというのも長所です。

大抵のテーマデッキに出張採用させても邪魔になりにくく、昨今では手札消費1枚から「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」へ繋げられるためにあるいはもしもの時の展開要員として「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」デッキに採用されることが多いため価格が高騰し始めています。

円融魔術


遊戯王 / 円融魔術(ウルトラレア)/ VB20-JP002 / ヴァリュアブルブック20

魔法使い族版「竜の鏡」と言えるカードで、高騰の理由は「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」デッキに採用されるからです。

ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付属カードであったものの、既存の魔法使い族デッキでは中々採用されないカードでありました。

しかし「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」が登場してからは、「真紅目融合」で落ちた素材をこのカードで融合し、2体目の「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を融合召喚したりと、「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」デッキにとって必須カードとなった為、高騰しました。

また付属カードであり、1度も再録されていないことも高騰の理由と言えるでしょう。

遊戯王 2019年12月に価格相場が高騰したシングルカード一覧!まとめ

2019年も残りわずかとなりましたが、いかがでしたでしょうか?

今年最後の高騰カードは中々に強力なカードであったり、デッキに必須レベルのカードであったりと、集めるのには一苦労するものもあります。

来年もどの様な環境になるかは予想出来ませんが、来年にむけてデッキを調整する方は是非今回の高騰を参考にしてみていただけたらと思います。

コチラも読まれております!

本日開催のジャンプフェスタ2019にて新マスタールールが判明しました! 今回の新マスタールールは結論から言ってしまえば、良い方...
2019年ももうすぐ終わりというところで、12月の環境を振り返っていきたいと思います。 大会環境で活躍したテーマデッキ...

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする