遊戯王 2019年10月環境で結果を出したテーマデッキ一覧!

2019年の10月も終わり11月に突入したところで、10月の大会環境について振り返っていきたいと思います。

結果を出したテーマデッキとその特徴等も紹介しますので、デッキ構築や運用法の参考になるかもしれません。

2019年10月の大会環境を軽くおさらい!

101日から新リミットレギュレーションが適用されましたが、大会によっては9月の中旬に新リミットレギュレーションの内容が発表されてすぐに新環境として試合が行われるところも多かったので大きな影響はありませんでした。

1012日には基本パックのイグニッション・アサルトが発売しましたが、201910月末現在ではまだ発売からそこまで経っていないので新規テーマの活躍などは様子見状態になっています。

収録カードの内、すぐに環境へ影響を与えたのは「閃刀姫」の強化です。元より環境上位で活躍していた「閃刀姫」に新規カードが加わり、戦術の幅が広がった上に新リミットレギュレーションの規制もなかったので最近はかなり調子がいいです。

大会環境の大まかな動きとしては、ドラゴンリンクデッキが環境上位から落ちたものの結果を出していたり、今回規制がなかった「オルフェゴール」デッキが環境上位に返り咲いたり、はたまた「サラマングレイト」「閃刀姫」「オルターガイスト」等の以前から環境上位で活躍していたデッキが凌ぎを削っています。

日本に上陸した「未界域」や規制緩和により強化された「真竜」、着実と結果を残し大会でも見る頻度が上がってきた「エンディミオン」HERO等も活躍しており、10月の大会環境はまさに群雄割拠と言えるでしょう。

スポンサーリンク

2019年10月に大会で結果を残したテーマデッキ一覧!!

「サンダー・ドラゴン」デッキ

手札誘発効果と除外された場合の効果で展開やアドバンテージの獲得を行っていくのが特徴のテーマデッキです。

規制による弱体化もなく、依然変わりなく環境上位デッキとして活躍しています。

元々手札誘発効果を持った「サンダー・ドラゴン」モンスターを多用するため、「灰流うらら」等の汎用手札誘発モンスターを多めに採用しても事故にならずしっかり機能できる点も評価されています。

「オルフェゴール」デッキ

墓地で発動する効果を使って展開などのアドバンテージ獲得を行える闇属性・機械族を主としたテーマデッキです。

「トロイメア・マーメイド」が禁止カードになり一時期は環境から姿を消していましたが、今回規制がされなかったこともあって徐々に活躍の場を広げて環境上位に返り咲きました。

闇属性の墓地肥やしとして優秀な「ダーク・グレファー」「終末の騎士」が制限カードになったのは痛手ではありましたが、足りない分を機械族の墓地肥やしとして使える「スクラップ・リサイクラー」で補ったりと工夫しているデッキが多いです。

また墓地肥やしをしつつアドバンテージ獲得能力に優れた闇属性テーマ「未界域」との複合デッキも見られますし、規制により弱体化した力を色々な工夫で取り戻しつつあります。

「サラマングレイト」デッキ

サーチや墓地肥やしから蘇生などを駆使してモンスターの展開を行っていくことを得意としているテーマデッキです。

依然環境上位で活躍しており、少ない手札消費から様々なモンスターをやりくり出来るのは間違いなく強力です。

最近ではイグニッション・アサルトに収録された「機巧蹄-天迦久御雷」を採用しているデッキも多く、同じ炎属性であるというシナジーに加えて難易度の低い自己特殊召喚条件・除去能力の高さ・打点の高さ等様々な場面で頼りになるモンスターなのでデッキの強化となっています。

「真竜」デッキ

「真竜」「真竜」でもアドバンス召喚軸でメタ要素の強い「真竜」デッキになります。

汎用メタカードによる相手の妨害だけでなく、「真竜」永続罠カードの効果で相手ターン中に除去効果を使ったりすることでデュエルの流れを掴んでいくことを得意としています。

昨今規制が緩和される傾向にあり、少しずつではありますが本来の力を取り戻しつつあるテーマデッキです。

今後更に規制緩和される可能性もあり、再び環境で活躍してきている「真竜」に対してKONAMIがどの様な対応を取っていくのかという意味でも注目所です。

2019年10月の環境についてのまとめ!!

10月では環境の上位~中堅で活躍しているテーマデッキが多くどれか1つがトップを独走しているようなこともありません。

今回紹介した以外にもSPYRAL「サブテラー」「召喚獣」等も活躍しており、本当に様々なテーマデッキが切磋琢磨しているのが今の環境です。

環境は新商品やリミットレギュレーションによって変化していくのが常ですので、今のこの状態からどのように、何が原因で変わっていくのか目が離せません。

またこちらでは2019年10月に入る前の環境予想を行なった記事になっていますので、合わせてお読みになると面白いかと思います!

2019年10月が始まったところで、9月の大会環境について振り返りそれをもとに10月の環境で活躍するテーマを予想していきたいと思いま...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする