遊戯王 イラストも面白い「セットアッパー」を考察して、相性の良いカードやデッキを考案!




2019413日に発売のライジング・ランペイジに収録されるカードとして「セットアッパー」の情報が判明しました。

今回はイラストがユニークなこの「セットアッパー」について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

「セットアッパー」の効果の紹介、考察と考案!

カード名ターン1で発動できる通常罠カードです。

自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動でき、そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つモンスター1体を手札・デッキから裏側守備表示で特殊召喚するという効果です。

参照するのは攻撃力のみなので、戦闘破壊されたモンスターの攻撃力によっては幅広いモンスターの特殊召喚が可能です。

最近では低攻撃力のモンスターを採用しているデッキも多くなったので、汎用的に使うことが出来るかと思われます。

手札・デッキから特殊召喚できるので対応範囲も広く、デュエル終盤以外では腐りにくいカードでもあります。

裏側守備表示で特殊召喚するという都合上、自分のターンで使ったとしても攻撃に参加させることは難しいでしょう。

デコード・トーカー(20thシークレット仕様)

また裏側表示であるということはリンク素材やシンクロ素材にも使えないということなので、このカードの発動タイミング自体ある程度限られていることに加えて発動するタイミングはよく考えたほうが良いでしょう

せっかく裏側守備表示で特殊召喚できるので、リバースモンスターや反転召喚時に効果を発動するモンスターを特殊召喚すれば効果も活かせるため確実なメリットとなります。

「セットアッパー」と相性の良いデッキやカードを紹介!

「クローラー」デッキ

エクスクローラー・クオリアーク

地属性・昆虫族で統一されたテーマで、メインデッキの「クローラー」モンスターはリバース効果を持っています。

下級モンスターも多く、中でも一番攻撃力の低い「クローラー・スパイン」は守備力が高い上にリバース効果もフィールドのモンスター1体を対象として破壊できるというもので、「人食い虫」の上位互換とも言えるモンスターなので使いやすいです。

リバース効果で手札・墓地から「クローラー」モンスターを特殊召喚できる攻撃力700「クローラー・グリア」も候補として有力で、切り返しとしても有用となります。

このデッキでは「セットアッパー」はリバース効果の使用を見込める後続展開として相性が良いです。

コチラの記事では当サイトで組んだ「クローラー」デッキレシピの紹介を行なっております!

安く組めておすすめのテーマとなっております!

今回安いテーマかつ、未だに強力なテーマで人気のクローラー! ほとんどのカードがノーマル、レアで構成されており、リンクモ...

「シャドール」デッキ

エルシャドール・ネフィリム

メインデッキの「シャドール」モンスターは闇属性・魔法使い族でリバース効果を持つという共通点があります。

「セットアッパー」で出すことを考えると、攻撃力が低くリバース効果が優秀な「シャドール・ファルコン」「シャドール・ヘッジホッグ」辺りが候補となります。

またルール上裏側表示のモンスターも融合素材として選べますので、相手ターンでも「神の写し身との接触」を使えば「セットアッパー」で特殊召喚したモンスターを融合素材として使えます。

「シャドール」モンスターは効果で墓地へ送られた場合に発動する効果も持っています。そのため状況に応じた「シャドール」モンスターを「セットアッパー」で特殊召喚し、そのモンスターのリバース効果を使うか融合素材として使ってもう1つの効果を使うか選べるため相性が良いです。

コチラの記事では「シャドール」デッキレシピの紹介を行なっております!

「セットアップ」を採用してみると面白いかと思います!

2018年10月の禁止制限の改定で大幅に環境が変わりましたね! 環境が変わっていく中でかつての環境デッキも落ち着つき、全盛期の力が復帰...

「スケープ・ゴースト」

スケープ・ゴースト

リバース時にトークンを任意の数だけ生成できる下級モンスターです。

このカードの攻守が0なので、「セットアッパー」で確実に特殊召喚を狙えます。

生成したトークンには何の制約も無いので、リンク素材やシンクロ素材の他にもアドバンス召喚のためのリリース等用途は様々なのでデッキのコンセプトに応じたコンボを展開しましょう。

「メタモルポット」

メタモルポット

リバース時にお互いは手札を全て捨て、その後お互いはデッキからカードを5枚ドローできるという効果を持つ下級モンスターです。

攻撃力が700なので「セットアッパー」の効果で特殊召喚しやすく、そのリバース効果からもハンドアドバンテージを稼ぐことが出来ます。

アドバンテージは相手にも同じように影響するため、状況やデッキに応じて使い分けると良いでしょう。

「守護者スフィンクス」

守護者スフィンクス

1ターンに1度自身を裏側守備表示に変更できる効果、反転召喚時に相手フィールドの全てのモンスターを手札に戻すことが出来る効果を持つレベル5モンスターです。

レベルは高いものの攻撃力は1700なので、「セットアッパー」で準アタッカー級の下級モンスターからでも特殊召喚が可能です。

昔のカードではありますが、反転召喚時の効果は対象を取らないバウンス効果なので耐性を取りにくく今でも強力です。

スポンサーリンク

中々にユニークなイラストカード!「セットアッパー」は強い?

百獣王 ベヒーモス

総合的な評価をすると、汎用性もそれなりにある優秀なカードだと思います。

ちなみにカードイラストでは「素早いビッグハムスター」の素早い動きに翻弄されたらしい「百獣王 ベヒーモス」が見事にアッパーを決められています。「レスキューラビット」だったり「突進」のイノシシだったりと、最近の「百獣王 ベヒーモス」は格下のモンスターにボコられすぎではないでしょうか笑

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする