遊戯王の2019年8月に大会で活躍しそうな環境テーマデッキを予想!




8月も始まったので、新リミットレギュレーションの影響を受けた7月の環境を振り返りつつ8月の環境テーマを予想したいと思います。

あくまで予想なので、本当に当たるかどうかは確実ではないとだけご承知おきください。

遊戯王 2019年8月の大会環境を軽くおさらい!!

71日適用の新リミットレギュレーションの影響は大きく、それまで環境上位で活躍していた「オルフェゴール」「サラマングレイト」「サンダー・ドラゴン」は弱体化を余儀なくされました。「サラマングレイト」「サンダー・ドラゴン」は今でも工夫次第では環境でも戦える性能を発揮できますが、「オルフェゴール」弱体化はかなり痛くこのままでは環境デッキの枠から落ちてしまうことも十分あり得ます。

それとは逆に新リミットレギュレーションで規制されなかった「オルターガイスト」「閃刀姫」などのテーマは相対的に強くなり、新規カードを取り入れたドラゴンリンクも環境上位として名を挙げました。

相手の妨害をしながらアドバンテージに差をつける「オルターガイスト」、デッキの回転力とアドバンテージ獲得能力が高い「閃刀姫」、少ない手札消費で大量展開からの制圧盤面の構築が出来るドラゴンリンク、この3つが環境トップを争っており大会での優勝実績も僅差となっています。

その他「魔術師」や「サブテラー」「真竜」HERO等のテーマも活躍しており着実と結果を出しています。

1種類のテーマの使用率が異常に高いということが無く、様々なテーマが競い合っていたという点は体感環境としても良い物だと思います。

スポンサーリンク

2019年8月の大会で環境を取りそうなテーマデッキを予想!!

ドラゴンリンクデッキ

ヴァレット・トレーサー

ドラゴン族を主軸としたリンクデッキであり、「守護竜」「ヴァレット」等の展開力に優れたドラゴン族モンスターを使った有利な盤面の構築を得意としています。

すでに7月の環境でトップレベルに活躍しているのでその性能の高さはお墨付きです。

少ない手札消費から制圧盤面を構築することが可能であり、制圧力次第では相手は切り返すのが容易ではなくなります。

先攻1ターン目でも問題なく制圧盤面の構築が狙えるため、相手の手札誘発効果などによる妨害を防げばデュエルを有利に進めるどころかそのまま一気に勝利を使うもことも出来るでしょう。

「ヴァレット・トレーサー」「アブソルーター・ドラゴン」等の新規カードを取り入れつつも主軸はあくまでドラゴン族という広い括りであるため、今後ドラゴン族関連のカードが出る度にこのデッキを強化することも視野に入ります。

8月ではデッキビルドパック ミスティック・ファイターズで収録された「ドラゴンメイド」はドラゴン族統一テーマですので、性能の高いカードを出張採用させてみるなど検討できる余地もあります。

環境で致命的に相性が悪いデッキも無いので今後更なる活躍が予想できます。

こちらでは「ドラゴンリンクデッキ」についてより詳しく紹介しております。

ストラクチャーデッキ-リボルバー-が発売し、さっそく大会環境に影響がありました。 ストラクチャーデッキ-リボルバー-に...

「セフィラ」デッキ

智天の神星龍

様々な召喚方法を取り入れられるペンデュラムテーマである「セフィラ」ですが、大会環境ではペンデュラム・シンクロ・リンクに焦点を絞ったデッキ構築が主流です。

サーチカードの量を多めにして相手の妨害もしつつ自分は展開をするといった運用が多いです。

長い間環境で戦えていることもあり、性能や対応力も高いデッキです。

7月のリミットレギュレーションの影響が全くなかったこともあり、8月の大会環境でも活躍できるかと思います。

展開力が高いため汎用素材のリンクモンスターとも相性が良く、今後強力な効果を持つ汎用リンクモンスターが登場して際にはこのデッキを強化することに繋げられるでしょう。

「ジェネレイド」デッキ

光の王 マルデル

レベル9モンスターを主軸としたテーマであり、相手にドローさせたりトークンを生成したりとトリッキーかつユニークな動きが出来るテーマデッキです。

デッキビルドパック ミスティック・ファイターズに収録された新規テーマでもあり、私の個人的な願望も含めつつ環境で活躍して欲しいデッキとして挙げました。

純「ジェネレイド」では事故率が気になる所なので、大会環境で使うには他の相性の良いテーマとの複合デッキという形になる可能性が高いです。

その出しにくさからなのか強力な効果を持つランク9エクシーズを狙えるという点は非常に魅力的であり、デッキの構成次第では「星遺物の胎導」から「星神器デミウルギア」を出せたりと切り札級のモンスターを出すことに特化させることも可能です。

せっかくの新規テーマに加えてパックの発売日も83日と早かったので大会でも活躍して欲しいと思います。

まとめ!

今回は8月に環境で活躍しそうなテーマデッキを紹介しましたが、7月ではリミットレギュレーションの影響で弱体化してしまったテーマも新たなコンボや他テーマとの複合の相性の良さなどが見つかった場合には全盛期並みの性能を取り戻すことも出来るかもしれません。

新リミットレギュレーションの影響も1月で少しずつ馴染み始めており8月では環境に大きな動きが無さそうではありますが、新テーマがどれほど活躍するかにも注目していきたいです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする