遊戯王の2020年7月のリミットレギュレーションで環境に入るテーマデッキを予想!「ドラグーン」や「ホープ・ゼアル」規制なしの影響は大きい!?

20207月から適用される新リミットレギュレーションの内容が公開され、規制強化により弱体化されるデッキがある一方規制緩和により強化されるデッキもあります。

今回は新リミットレギュレーション適用下の環境を考え、活躍しそうなテーマデッキを予想していきます。

2020年7月のリミットレギュレーションで環境に入るテーマデッキを予想!!

「オルフェゴール」デッキ

宵星の騎士ギルス

闇属性・機械族で統一された「オルフェゴール」を主軸としたデッキです。

墓地で効果を発揮するという「オルフェゴール」モンスターの特長を活かして墓地肥やしからモンスターの展開へ繋げていきます。

「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」のギミックを採用しているデッキがほとんどで、その際用いられる「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」はどちらも闇属性であるため「オルフェゴール」の持つ『効果の発動後ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない』という制約を気にせずに搭載できるのは大きなメリットです。

元より高い展開力から環境上位として活躍していた「オルフェゴール」デッキは極めて高いカードパワーを持つ「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」と合わさったことで強力になっています。

今回の新リミットレギュレーションで関連カードや「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」関連が規制がされなかったことから7月以降も環境上位として活躍できるでしょう。

当サイトでは「オルフェゴール」デッキレシピの紹介も行っております!

2020年1月の新リミットレギュレーションで規制された「オルフェゴール」テーマですが、されたのは弱体化だけというわけではありません。 ...

スポンサーリンク

「サンダー・ドラゴン」デッキ

超雷龍-サンダー・ドラゴン

「サンダー・ドラゴン」カードを中心とした雷族デッキです。

手札誘発効果や除外された場合に発動する効果を利用してモンスターを展開することに長けています。

デッキの回転力や安定力を上げる際にサーチ効果は必要不可欠であり、それ故に「超雷龍-サンダー・ドラゴン」のサーチ封じ効果は強力です。

高い展開力を活かして「サンダー・ドラゴン」融合モンスターやリンクモンスターを並べての総攻撃も可能であり、環境上位常連デッキとして7月以降も活躍できるかと思われます。

「エルドリッチ」デッキ

黄金卿エルドリッチ

「黄金卿エルドリッチ」とその関連カードを主軸としたデッキです。

昨今ではモンスターは「灰流うらら」等の手札誘発モンスターか「黄金卿エルドリッチ」のみにし、残り全てを魔法・罠カードで構築するタイプのメタビート寄りのデッキが主流となっています。

サポートカードによる「黄金卿エルドリッチ」へのアクセスしやすさを活かしつつも、「黄金卿エルドリッチ」の特性を利用して「スキルドレイン」等のメタカードで相手のみにロックをかけて戦術を妨害していくというのが主な動きになります。

自分フィールドのモンスターが「黄金卿エルドリッチ」しかいないという状況も多く、それを利用して「魔鍾洞」「センサー万別」を利用して相手に更にロックをかけていくという戦術も強力です。

「エルドリッチ」テーマが登場したのは3月上旬だったこともあり、他の環境上位常連デッキと比べると大会での実績自体はそこまで多くないものの引けを取らない性能をしています。

同じく新リミットレギュレーションで規制されなかったため今後も活躍できるかと思います。

「黄金卿エルドリッチ」を使ったデッキレシピを当サイトでも紹介しております!

2020年3月7日に発売するデッキビルドパック シークレット・スレイヤーズにて新たなアンデット族テーマ「エルドリッチ」が登場します。...

「ヌメロン」デッキ

620日に発売予定のコレクションパック2020にて登場する「ヌメロン」関連カードを主軸としたデッキです。

フィールド魔法「ヌメロン・ネットワーク」1枚からエクシーズモンスター4体を展開できるというのが最大の特長であり、その後の特殊召喚回数が1回に限られるもののエクシーズやリンクなど様々なモンスターへ繋げられます。

特に先攻1ターン目でSNo.0 ホープ・ゼアル」を出せば相手ターンのカード効果の発動を封じてその後のデュエルを有利に進められるでしょう。

エクストラデッキが圧迫されること、キーカードである「ヌメロン・ダイレクト」を使うには自分フィールドにモンスターが存在しないという条件があること、フィールド魔法へのアクセスカードを投入し過ぎると対応力が落ちることの3つが懸念点として挙げられますが、実際環境デッキと対戦を行うことで見えてくる改善点もあるかと思われます。

SNo.0 ホープ・ゼアル」が新リミットレギュレーションで規制されず、せっかく登場する新規テーマですので私個人の希望を含めて環境で結果を残して欲しいです。

スポンサーリンク

2020年7月リミットレギュレーションの環境への影響は大きい?まとめ!

今回のリミットレギュレーションでは規制強化されたカードが「リンクロス」のみであったため、弱体化という面での環境への影響はそこまで大きくないことが予想されます。

むしろリミットレギュレーションで規制緩和されたことをきっかけにそれまで環境で結果を残せなかったテーマデッキが活躍することも十分あり得るでしょう。

昨今では新型コロナウイルスの影響で大会が行われていませんでしたが、一人のユーザーとしてもより早くの自体収束とそれによる大会復活を心から願っております。

合わせて読みたい記事一覧!!

2020年7月1日から適用される新リミットレギュレーションの内容が公式から発表されました。 そこで今回は新リミットレギ...
2020年7月1日から適用される新リミットレギュレーションの内容が公開されました。 規制強化がされたのは制限カードから...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする