ニコニコ動画に投稿されたタンクトップ小隊の実写版遊戯王で話題に上った東映版遊戯王について紹介!ぶっ飛びな闇のゲームで勝負するダークヒーロー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニコニコ動画にてタンクトップ小隊が登校した動画「遊戯vs.遊戯(まるで実写)」にて、お馴染みテレ東版の武藤遊戯東映版の遊戯闇のゲームで勝負する様子がかなり面白く話題に上りました。

あの動画を見て「遊戯王の東映版ってなに?」と思った方に向けて、今回は東映版の遊戯王について紹介していきます。

話題の東映版遊戯王とは?東映版を知らない人のためにおさらい!

一言で言うなら初アニメ作品である「遊☆戯☆王」のことです。

1998年に2クールに渡って放送された作品で、制作会社は東映になります。

後の「遊戯王デュエルモンスターズ」とは制作会社が違うため別作品として扱われています。

東映版遊戯王とはあくまで遊戯王デュエルモンスターズと区別するための呼称です。

初代遊戯王という場合もありますが、「遊戯王デュエルモンスターズ」がシリーズとなったために初代と言うと「遊戯王デュエルモンスターズ」を思い浮かべる人が多いので東映版と言ったほうが分かりやすいです。

内容は原作の初期がメインであり、「遊戯王デュエルモンスターズ」と大きく違う点はカードゲーム以外もする点になります。

ストーリーは主人公の武藤遊戯は千年パズルを組み立てたことにより身体にもう一人の遊戯を宿すこととなり、遊戯やその周囲の人に危害を加えてくる悪人を闇のゲームで倒していく、というのが主なあらすじとなっています。

前述もしましたがゲームはカードゲームだけではないので、物によってはその場にあったものを使ってゲームをしたり、場合によっては特殊な空間に相手を引きずり込んで闇のゲームに持ち込みます。

「遊戯王デュエルモンスターズ」との違いという点ではもう一人の遊戯の性格の違いも大きな違いです。

東映版のもう一人の遊戯はほぼ常に悪人顔をしている上に恐ろしいほどに冷酷で、ルールを破った相手や敗者には容赦なく罰ゲームを下します。

スポンサーリンク

他にも原作では1話のゲストキャラだった野坂ミホが東映版遊戯王ではメインキャラとして活躍したりと、アニメオリジナルな要素もあるためそれらも一つの持ち味となっています。

スポンサーリンク

それではぶっ飛びな闇のゲームを紹介していきますが、気を付けて欲しいことがあります。

闇のゲームの内容を書きますので、かなりのネタバレになります。

あらかじめ書いておきますが、ネタバレが嫌だという人は見ないことをおすすめします。

東映版遊戯王のぶっ飛び過ぎな闇のゲームを紹介!

「オイルライターの火」

2

相手は強盗犯で杏子を人質にしますが、そこでもう一人の遊戯が闇のゲームを挑みます。その内容はお互いに指を一本しか動かせないというシンプルなルールです。

遊戯は右手の親指を、強盗犯は拳銃の引き金を引けるよう右手の人差し指を選びます。

ゲーム開始時、遊戯は親指を使ってジッポライターに火をつけるとゲーム開始前に酒を注いでいた強盗犯の手の甲に乗せます。

人差し指以外は動かしてはいけないため酒はグラスから溢れ、強盗犯の服にまで浸み込んでいたのです。

腕を動かすとライターが落ちて火だるまになってしまうというピンチから逃れるため、強盗犯はルールを破るのでした。

かくしてルールを破った強盗犯は罰ゲームをされるのですが、相手が拳銃を持っていたというのに遊戯の度胸が凄すぎます。

そして勝つための一手が鬼畜すぎます笑

10

相手は女教師で、ゲームの内容はお互いに目隠しをした状態で目の前にある割れた鏡をより早く組み直したほうが勝ちというものでした。

この時点ですでにかなり危ないゲームですが、そこはさすがに気を利かせた遊戯が手袋をくれたので手袋をした状態で鏡を組み直すことに。

しかし根っからの姑息な女教師は目隠しを外して目隠しをまだしているフリでゲームに勝とうとします。

しかし遊戯にそれが分からないはずもなく、案の定罰ゲームを受けることになり自分の醜さを思い知ることになるのでした。

スポンサーリンク

東映版遊戯王のまとめ!

ゲームがカードゲームだけじゃないところや原作と遊戯王デュエルモンスターズとの違いなど、見所は沢山ありますので面白いアニメです。

ピンチの時に現れて助ける(闇のゲームで勝って相手に罰ゲームを与える)もう一人の遊戯はダークヒーロー感もあり、恐ろしくもありかっこよくもあります。

当時はそこまで有名ではありませんでしたが、出演した声優のほとんどが今では豪華声優であることなどにも注目するとまた面白いかと思います。

またコチラの記事では実写版ぶっ飛び闇のゲームについての紹介を行なっております!!

腹筋崩壊注意!!

ニコニコ動画にアップされ、一躍話題となった「遊戯vs.遊戯(まるで実写)」という動画のことをご存知でしょうか。 一度でも見た人...