遊戯王 2019年12月の大会で環境を取るテーマデッキを予想!!今年もあと1ヶ月!!

2019年の11月も終わったところで、11月の環境を振り返って12月に活躍しそうなテーマデッキを予想していきたいと思います。

 

デッキの特徴等も紹介していくので、大会に出ようと思ってる人は参考にしてみてください。

 

2019年12月環境について軽く考察してみた!!

 

まずは12月の環境に影響を与えそうな事柄をいくつか挙げてそれについて考えていきたいと思います。

 

規制の方は何もないので、とりあえず環境に関係があることとしては遊戯王OCGの新商品になります。

 

1123日に発売したリンクヴレインズパック3で各種テーマの新規リンクモンスターが登場しました。

 

強化されたテーマ以外でも汎用性の高い新規リンクモンスターは何体かいたのでそれらを採用することで強化となる場合もあるでしょう。

 

12月では7日にはストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールも発売しますので、環境に影響を与える可能性はあるかと思います。

 

また21日にはレジェンダリーゴールドボックスの発売があり、アニメシリーズの主人公が使用していた既存テーマの強化が行われますが発売日の関係で12月中の大会結果に影響を与えられるかは微妙な所です。

スポンサーリンク

2019年12月に大会で環境を取りそうなテーマデッキを予想!!

「オルターガイスト」デッキ

オルターガイスト・マルチフェイカー

 

魔法使い族で統一された「オルターガイスト」モンスターや罠カードを駆使することでアドバンテージを稼ぎつつも相手のコンボを妨害してデュエルの流れを掴んでいくことが特徴のテーマデッキです。

 

登場以降大会環境で多くの結果を残してきているテーマデッキでもあり、度々規制による弱体化がなされているもののその性能の高さは未だ健在です。

 

コントロールデッキ(相手の妨害を優先したタイプのデッキのこと)であるため、テーマカードだけでなく「灰流うらら」等の妨害効果を持つ手札誘発モンスターや「神の宣告」等の対応力が極めて高いカウンター罠カード等を採用するデッキが主流です。

 

これら妨害カードを使われても全く問題が無いというデッキはほぼ無いこともあり、マストカウンターさえできれば大抵のデッキ相手にはデュエルを有利に進められます。

 

12月でも変わらず好成績を残すことが出来るかと予想しています。

 

「オルターガイスト」ってそもそも何!?っと言う方はこちらで解説しております!

【オルターガイストデッキレシピ2021】の回し方・対策を紹介!2021年4月環境対応版!

 

「エンディミオン」デッキ

神聖魔皇后セレーネ

 

魔法使い族モンスターを中心として、魔法カードを発動することによって溜まる魔力カウンターを駆使することで展開や除去など様々なプレイングが出来るデッキです。

 

昨今の大会環境では「魔導獣」と併せたデッキが主流であり、デッキのモンスターを全てペンデュラムモンスターにする構築も珍しくありません。

 

ペンデュラムスケールをセットしたり魔法カードを発動していくことで魔力カウンターを溜め、強力なモンスターを展開したりはたまた展開したモンスターで汎用リンクモンスターをリンク召喚したりと対応力も高いです。

 

リンクヴレインズパック3で新たに登場した「神聖魔皇后セレーネ」の登場により強化されたというのも12月に環境に入る予想をした理由の一つです。

 

コチラでは当サイトで組んだ「エンディミオン」デッキレシピを紹介しておりますので、よろしければ是非参考にして見てください!

ストラクチャーデッキR-ロードオブマジシャン3箱デッキレシピの紹介!秘められた魔術を解放せよ!!

遊戯王 ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン強化型のデッキレシピを発売前に紹介!約11年ぶりに生まれ変わった「エンディミオン」の力を見よ!

 

「シャドール」デッキ


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドール

リバース効果と効果によって墓地へ送られた場合に発動できる効果の2つを持ち魔法使い族で統一された「シャドール」モンスターを使う融合召喚軸のテーマデッキです。

 

ストラクチャーデッキ リバース・オブ・シャドールで新規カードが複数枚登場することによって大幅強化されるので、せっかく強化されたのだからという個人的な願望を含めて活躍を予想させていただきました。

 

新規「シャドール」モンスターには展開力で期待できる効果を持ったものもいるので、リンクモンスターであり融合効果を内蔵した「シャドール・ネフィリム」へ繋げやすくなります。

 

そういった意味でもデッキの回転力や展開力が強化されるのでこれまで以上の活躍が見込めます。

 

「シャドール」では融合モンスターの素材指定が「シャドール」モンスター+〇属性モンスターという物がほとんどです。その点を利用して数枚の「シャドール」カードのセットを他のテーマデッキに出張させることも可能であり、そういった形で「シャドール」が環境に姿を現す可能性も十分あります。

今年も残りわずか!!1年の環境を軽く振り返る!!

今年も残すところ1ヶ月を切ったということで様々なデッキが環境で活躍していたことが思い返せます。

 

201812月に発売して以降大会環境では常連になった「サラマングレイト」デッキ、強力なロック効果で多くのデュエリストを絶望させた「魔鍾洞」デッキ、圧倒的なまでの性能で猛威を振るった結果規制強化で大幅な弱体化を受けたドラゴンリンクデッキ等、色々なことがありました。

 

それらを踏まえつつ今年の最後を締めくくる12月ではどの様な大会環境になるのか注目していきたいです。

コチラでは11月に環境に入ったテーマ達をおさらいしております!

遊戯王 2019年11月の大会で結果を残したテーマデッキを紹介!!11月はどんな環境だったかを考察していきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください