「妖仙獣」ペンデュラム軸、デッキレシピ2019の紹介!「ペンデュラム」召喚に新たな風が吹き荒れる!!沢渡妖仙ロストトルネード炸裂!!




本日4月13日発売のライジング・ランペイジで「妖仙獣」カードが新たに加わったことで「妖仙獣」強化されました!

「妖仙獣」と言えば今までであれば「メタビート」軸が馴染み深かったイメージですが今回は「ペンデュラム」軸が大きくプッシュされていますね!

そこで今回は「ペンデュラム」軸「妖仙獣」デッキレシピを当サイトから紹介して行きたいと思います!

必殺!「妖仙ロストトルネード」炸裂!!

新規ペンデュラム軸「妖仙獣」デッキレシピ

モンスターカード

・妖仙獣 鎌壱太刀×3

・妖仙獣 鎌弐太刀×3

・妖仙獣 鎌参太刀×3

・妖仙獣 辻斬風×1

・妖仙獣 侍郎風×3「新規」

・妖仙獣 飯綱鞭×1「新規」

・妖仙獣 右鎌神柱×2

・妖仙獣 左鎌神柱×2

・魔妖仙獣 大刃禍是×2

・魔妖仙獣 独眼群主×1「新規」

魔法カード

・妖仙大旋風×1

・妖仙獣の神颪×1

・炎舞−天キ×3

・強欲で貪欲な壺×2

・ハーピィの羽根帚×1

罠カード

・妖仙獣の居太刀風×3「新規」

・妖仙獣の秘技×3

・妖仙郷眩暈風×1

・激流葬×2

・波紋のバリア -ウェーブ・フォース-×1

・神の宣告×1

・神の通告×1

エクストラデッキ

・超弩級砲塔列車 グスタフ・マックス×1

・No.39 希望皇 ホープ×1

・SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング×11

・鳥獣士 カステル×1

・ガガガ ガンマン×1

・恐牙狼ダイヤ・ウルフ×1

・電光千鳥×1

・ヴァレルロード・ドラゴン×1

・ヴァレルソード・ドラゴン×1

・トロイメア・ユニコーン×1

・デコード・トーカー×1

・トロイメア・フェニックス×1

・トロイメア・ケルベロス×1

・グレート・フライ×1

・ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム×1

ペンデュラム軸「妖仙獣」デッキカード解説

「妖仙獣 鎌壱太刀」「妖仙獣 鎌弐太刀」「妖仙獣 鎌参太刀」

妖仙獣 鎌壱太刀

「妖仙獣」デッキの要となる3体で、召喚成功時同名以外の「妖仙獣」モンスターを召喚出来る効果と(2)の効果は固有の効果となります。

基本的に「メタビート」軸、同様に「ペンデュラム」軸でもこの3体を中心に展開して行きます。

召喚したターンのエンドフェイズ時には手札に戻りますが、手札に戻したくない場合はあえて、ペンデュラム召喚するのも手です。

「妖仙獣 侍郎風」

効果モンスター 星4/風属性/獣戦士族/攻1700/守 400

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドに他の「妖仙獣」カードが存在し、このカードが召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「妖仙獣」Pモンスター1体を手札に加える。

(2):自分フィールドの「妖仙獣」カード1枚を対象として発動できる。 デッキから「妖仙郷の眩暈風」または「妖仙大旋風」1枚を自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置き、 対象のカードを持ち主のデッキに戻す。

(3):このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻す。

新規「妖仙獣」モンスターで召喚成功時に他の「妖仙獣」モンスターが自分フィールドに存在する場合、「妖仙獣」ペンデュラムモンスターをサーチすることが出来ます。

「妖仙獣」モンスターが存在すれば良いので他の「妖仙獣」モンスターの効果で召喚すれば条件自体は簡単にクリアすることが出来ます。

2つ目の効果はデッキから「妖仙郷の眩暈風」または「妖仙大旋風」を表側表示でフィールドに置ける効果です。

表側表示で置く効果なので永続罠である「妖仙郷の眩暈風」も問題なく表側で置くことが出来ます。

自分フィールドにペンデュラム「妖仙獣」モンスターが入れば、「妖仙獣」モンスター以外のモンスターが手札に加わる効果はデッキに戻る効果に変換でき、制圧力が上がりますし、「妖仙大旋風」を効果でおけばモンスターが手札に戻った時に相手フィールドのカードを1枚バウンスが出来るので、状況に応じて選ぶと良いでしょう。

効果のコストでバウンスするのをペンデュラムゾーンにいる「妖仙獣」ペンデュラムモンスターや召喚してバトルフェイズの終了した「妖仙獣」モンスターにすれば無駄がありません。

スポンサーリンク


「妖仙獣 飯綱鞭」

効果モンスター 星4/風属性/獣戦士族/攻 800/守1200 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 このターン、「妖仙獣」モンスターの召喚・特殊召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

(2):自分フィールドに他の「妖仙獣」モンスターが存在する場合に発動できる。 自分はデッキから1枚ドローする。

(3):このカードを召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻す。

効果が2つあり、1つ目手札からこのカードを捨てることでこのターン、「妖仙獣」モンスターの召喚・特殊召喚成功時に相手に魔法・罠・モンスターの効果を発動させなくする効果。

2つ目このカードがフィールドに存在する時には他の「妖仙獣」モンスターが存在する時に1枚カードをドローできる効果です。

手札から捨てる効果はペンデュラム召喚で「魔妖仙獣 大刃禍」「魔妖仙獣 独眼群主」など大型モンスターや「妖仙獣」モンスターの大量展開を安全に行えるもので、ここぞと言う時に勝負を決めたい時は、状況を見て効果を発動させて行くと良いでしょう。

2つ目のドロー効果は「妖仙獣」モンスターの効果でこのカードを召喚すれば、簡単にドローできる上、手札の枚数が重要なこのデッキにとっては嬉しい効果となっております。

「妖仙獣 右鎌神柱」

妖仙獣 右鎌神柱

「妖仙獣」ペンデュラムモンスターでペンデュラム効果は自身のスケールを11に変更できる効果を持ち、モンスター効果は召喚成功時に守備表示になる効果とを持っております。

ペンデュラムスケールを11に変更出来る点は優秀で、大型モンスターである「魔妖仙獣 大刃禍是」「魔妖仙獣 独眼群主」のペンデュラム召喚の手助けをしてくれます。

またモンスター効果は相手は他の「妖仙獣」モンスターを攻撃対象にできない効果を持っていますが、「妖仙獣」モンスターは手札に戻ることがほとんどなのでこの効果はおまけ程度に思って良いでしょう。

スポンサーリンク

「妖仙獣 左鎌神柱」

妖仙獣 左鎌神柱

「妖仙獣」ペンデュラムモンスターの1枚で、ペンデュラム効果は自分の「妖仙獣」モンスターが破壊される場合にペンデュラムゾーンのこのカードを代わりに破壊出来る効果を持ち、

モンスター効果は召喚時にこのカードが守備表示になる効果とこのモンスターがフィールドに存在する限り相手はこのカード以外の「妖仙獣」モンスターを効果の対象にすることが出来なくなります。

ペンデュラム効果とモンスター効果である耐性付与は優秀なだけでなく、ペンデュラムゾーンにこのモンスターを置いて入れば「妖仙獣の秘技」の発動が相手ターンでも行うことが出来るので、ペンデュラムスケールが揃っていなくてもあえてこのカードだけをフィールドに置いておくというのも手です。

スポンサーリンク

「魔妖仙獣 大刃禍是」

魔妖仙獣 大刃禍是

大型「妖仙獣」モンスターの1枚でペンデュラムモンスターでペンデュラム召喚が無効化されない効果と召喚・特殊召喚に成功した場合にフィールドのカードを2枚対象にそのカードを手札に戻す効果と特殊召喚したエンドフェイズ時に手札に戻す効果を持ちます。

攻撃力は3000と高く、ペンデュラムスケールを11に変更出来る「魔妖仙獣 独眼群主」が増えたことでペンデュラム召喚を狙いやすくなりました。

召喚・特殊召喚時の効果もシンプルに強力で「妖仙郷の眩暈風」があり、ペンデュラム召喚の出来る状況であれば毎ターン2枚のカードをデッキに戻すことが出来るなど強力です。

ペンデュラムスケールも7と高いので、手札で腐りにくい点も優秀です。

スポンサーリンク

「魔妖仙獣 独眼群主」

ペンデュラム・効果モンスター 星10/風属性/獣族/攻2000/守3000 【Pスケール:青3/赤3】

このカード名の(1)(2)のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分のPゾーンの「妖仙獣」カード1枚を対象として発動できる。 そのPスケールはターン終了時まで11になる。 このターン、自分は「妖仙獣」モンスターしか特殊召喚できない。

(2):自分エンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻す。 【モンスター効果】 このカードはP召喚でしか特殊召喚できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。

(2):このカードがモンスターゾーンに存在し、自分のカードの効果によって、 このカード以外のフィールドのカードが手札・デッキに戻る度に発動する。 自分フィールドの全ての「妖仙獣」モンスターの攻撃力は500アップする。

(3):このカードを特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを持ち主の手札に戻す。

新規「妖仙獣」ペンデュラムモンスターでペンデュラム効果は自身のペンデュラムスケールを11に出来る効果とエンドフェイズ時に手札に戻る効果を持ち、モンスター効果は3つあり、1つ目召喚、特殊召喚に成功した場合に相手フィールドのモンスターを1枚バウンス出来る効果。

2つ目このカードがモンスターゾーンに存在し自分のカードの効果によってこのカード以外のカードが手札に・デッキに戻るたびに自分フィールドの全ての「妖仙獣」モンスターの攻撃力が500上がります。

ペンデュラム効果は、自身のスケールを11に変更出来るので、どの「妖仙獣」ペンデュラムモンスターと組み合わせても「魔妖仙獣 大刃禍是」をペンデュラム召喚することが出来ます。

モンスター効果であるバウンス効果は「魔妖仙獣 大刃禍是」よりも範囲は狭いものの(2)の効果の発動に繋げることが出来るので最低でも「妖仙獣」モンスターの攻撃力を500上げる事が出来ます。

このカードは召喚であればターン終了時に手札に戻らないので、攻撃力を上げて行きたいのであればあえて「妖仙獣」モンスターの効果を使いアドバイス召喚を狙って行くと良いでしょう。

「妖仙獣の神颪」

妖仙獣の神颪

自分フィールドにモンスターがいない場合に発動出来る通常魔法で、デッキからレベル5以上の「妖仙獣」モンスター1体を手札に加えるかデッキから「妖仙獣 左鎌神柱」「妖仙獣 右鎌神柱」を1枚ずつ選び、自分のPゾーンに置くかを選択します。

「妖仙獣」デッキの特性自分フィールドにモンスターがいない盤面が多くなる為、効果の発動は容易です。

デッキからレベル5以上である「魔妖仙獣 大刃禍是」「魔妖仙獣 独眼群主」をサーチ出来る効果も優秀ですがこのカード1枚で「妖仙獣 右鎌神柱」「妖仙獣 左鎌神柱」をペンデュラムゾーンに置く効果も「魔妖仙獣 大刃禍是」「魔妖仙獣 独眼群主」をペンデュラム召喚に持って行けるのでこの2枚がある時は「妖仙獣 右鎌神柱」「妖仙獣 左鎌神柱」をペンデュラムゾーンに置く効果を選びそうでない時はサーチ効果を使うなど必要に応じて効果を選ぶと良いでしょう。

「妖仙獣の居太刀風」

通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、 手札からカード名が異なる「妖仙獣」モンスターを2体まで相手に見せ、 見せた数だけ相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。 そのカードを持ち主の手札に戻す。

「妖仙獣」新規カードで手札の「妖仙獣」カードを2枚まで公開することで公開した枚数分カードをバウンスすることが出来ます。

公開するカードはエンドフェイズ時に戻った「妖仙獣」モンスターを選択すれば、無駄がありません。

「妖仙獣の秘技」

妖仙獣の秘技

自分フィールドに「妖仙獣」モンスターのみ存在する場合に発動出来るカウンター罠でモンスター効果・魔法・罠カードの効果が発動した時にその発動を無効にし、破壊出来る効果を持ちます。

「ペンデュラム」軸の場合であればペンデュラムゾーンに「妖仙獣」モンスターがあればこのカードを自分のターンに使うことが出来ます。

「ペンデュラム」軸では使う盤面が多い為、採用は3枚!

スポンサーリンク

「ペンデュラム」軸「妖仙獣」デッキの戦術と回し方

基本的な動きとしては召喚効果を持つ「妖仙獣」モンスターを召喚して行き、相手フィールドのカードをバウンスしつつ、こちらはサーチ効果でアドバンテージを稼いで行きます。

「ペンデュラム」軸であれば「妖仙獣 侍郎風」のサーチ効果を最大限に活かしつつ、「魔妖仙獣 大刃禍是」「魔妖仙獣 独眼群主」のペンデュラム召喚で相手の場を制圧することが可能です。

また「ペンデュラム」軸にしかない利点としては「妖仙獣の秘技」が使いやすく、メタビートとはまた違った制圧力があるのも魅力です!

「妖仙獣」デッキを改造するなら?

妖仙獣 凶旋嵐

もし「ペンデュラム」軸として改造するのであれば、今回は採用を見送った「妖仙獣 凶旋嵐」「妖仙獣 閻魔巳裂」などの上級「妖仙獣」モンスターを採用してみても良いでしょう!

この2枚も1〜2枚程度の採用であれば事故率を上げずに済みますし、サーチ効果が豊富な「妖仙獣」デッキであれば、これらをサーチして制圧力を上げるのも良いでしょう!

また今回は「ペンデュラム」軸の「妖仙獣」デッキレシピの紹介でしたが、「ペンデュラム」召喚を使わない「メタビート」軸も違った制圧力がありますので、よろしければコチラでも「メタビート」軸の「妖仙獣」デッキを紹介しております!

2019年4月13日発売のライジング・ランペイジで新規「妖仙獣」が収録され、「妖仙獣」デッキが強化されました! 風の如...

2019年4月13日に発売予定の基本パック、ライジング・ランペイジにて既存テーマである「妖仙獣」テーマが強化されます。 そこで...

まとめ

今回はライジング・ランペイジで強化された「ペンデュラム」「妖怪獣」デッキレシピの紹介でした!

今までは「メタビート」軸の方が主流というイメージがありましたが、ランペイジ・ランペイジで「ペンデュラム」軸を強化するカードが登場した事で「ペンデュラム」軸も強力なテーマとなりました!

「ペンデュラム」軸の利点と言えば、「妖仙獣」大型モンスターでフィールドを制圧出来る派手さではないかと思います!

アニメでは、沢渡が「妖仙獣」を使いこなしていたという事で、今回「ペンデュラム」軸の強化は沢渡ファンとしては嬉しい限りです!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする