「XXクルージョン」効果考察!相性の良いカードを紹介!汎用カウンター罠カードになり得る?

2022115日に発売予定の基本パック ディメンション・フォースにてXXクルージョン」が収録されます。

そこで今回はXXクルージョン」の効果を考察し、相性の良いカードなどについて紹介していきます。

「XXクルージョン」の効果考察!

カウンター罠
(1):相手が手札のモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
相手の手札がある場合、さらに相手は手札を1枚選んで捨てる。

XXクルージョン」1つの効果を持つカウンター罠カードです。

その効果というのは、相手が手札で発動したモンスター効果を無効にし、相手の手札があれば更に相手に手札を1枚選んで捨てさせるというものです。

無効に出来るのは手札で発動するモンスター効果ですが、昨今ではそう珍しくありません。

「妖怪少女」「エフェクト・ヴェーラー」などが代表的な手札誘発モンスターであったり、「ベアルクティ」や「天威龍」等が持つ手札から自身を特殊召喚するチェーンブロックを作る効果などが該当します。

中でも手札誘発モンスターは奇襲性が高いのが特長でもあるため、このカードはあらかじめセットしておくことでそれらへの対策を打てます。

あくまでも発動を無効にするだけであって破壊こそしませんが、自身をコストにすることが多い手札誘発モンスターに対してはそれでも十分でしょう。

このカードの最大の特徴と言えるのが追加効果でのハンデスです。

相手の手札誘発モンスターに対して使えたなら12交換を狙うことができ、そうでなくとも11交換はできるため利用価値はあります。

ただし手札から捨てるカードは相手が選ぶので、相手の残り手札やデッキの特徴次第では逆に墓地肥やしに利用されてしまうということが考えられます。

これに関してはハンデスやデッキ破壊が避けては通れない問題でもあるため、このことを覚悟した上で使うか墓地肥やしにならないよう別のカードと併用するかを選ぶことになります。

同じく手札で発動するモンスター効果に対して使えるカウンター罠カードとしては「透破抜き」がありますが、あちらは墓地で発動する効果にも対応でき、発動を無効にして除外するという効果になっています。

対応範囲についてはあちらの方が上ですが、XXクルージョン」ハンデス効果により上手くいけば12交換も狙えるという点で差別化したい所ではあります。

また手札誘発対策として有名な「墓穴の指名者」等に比べると即効性は劣りますが、速攻魔法カードのあちらに対しXXクルージョン」スペルスピードが3のカウンター罠カードである故に発動が無効化されづらいというのは1つの利点と捉えられるでしょう。

スポンサーリンク

「XXクルージョン」と相性の良いカードを紹介!

「サンダー・ドラゴン」テーマ

手札から捨てて発動する効果と除外された場合に発動する効果を活用する雷族テーマです。

XXクルージョン」を採用するという意味ではなく、XXクルージョン」がよく刺さるという意味で相性が良いです。

「サンダー・ドラゴン」デッキが相手であれば、XXクルージョン」は高い確率で12交換を狙えるためメタカードとして活用することが見込めます。

長きにわたって大会環境で活躍していたことから決して緩くはない規制を受けている「サンダー・ドラゴン」テーマに追い打ちをかけるようで気が引けますが、あくまでもXXクルージョン」がメタとして刺さりやすいテーマの一例として紹介させていただきました。

当サイトでは「サンダードラゴン」デッキレシピの紹介も行っております↓

2020年ももうじき半分が終わるという所で、大会環境で活躍しているテーマデッキの中でも常連で有名な「サンダー・ドラゴン」デッキについ...

「ダイノルフィア」テーマ

罠カードを駆使する恐竜族の融合テーマであり、ライフを半分払うコストを多用することで自分のライフを削りながら戦っていく動きが大きな特徴です。

テーマの特性上罠カードの採用枚数が多くなりやすく、罠カードの特性もあってデュエル開始1ターン目から大量展開するようなことはほとんどありません。

同じ罠カードであるという点からXXクルージョン」の遅さが気になりませんし、デッキ融合が出来る「ダイノルフィア・ドメイン」に対して相手が「灰流うらら」などを使ってきたときに「XXクルージョン」は対策手段として有効活用できます。

XXクルージョン」が収録されるディメンション・フォースでは「ダイノルフィア」テーマの強化もされるため、相性の良さは意識されているのかもしれません。

「ダイノルフィア」デッキレシピの紹介はコチラ↓

2021年10月16日に発売の基本パック バトル・オブ・カオスにて新規テーマ「ダイノルフィア」が登場しました! そこで...

「マクロコスモス」


遊戯王/第10期/RC02-JP049 マクロコスモス 【シークレットレア】

墓地へ送られるカードは墓地へ行かず除外されるようになる永続罠カードです。

このカードの発動下では墓地へ送る必要がある「増殖するG「エフェクト・ヴェーラー」は発動自体が出来なくなりますし、手札から捨てるというコストの都合上このカードの発動下でも発動出来る「灰流うらら」等に対してはXXクルージョン」で対応できます。

またXXクルージョン」の追加効果でハンデスしたカードも除外されるため、相手の墓地アドバンテージに繋げずに済むことも相性が良いです。

このカードの他にも、相手にだけ影響を与えられるMHERO ダークロウ」、手札・デッキから墓地へ送られるカードにのみ影響が及ぶ「虹光の宣告者」もありますので、デッキの構築次第で変えていけるでしょう。

スポンサーリンク

「XXクルージョン」は汎用罠カードになり得る?まとめ!

XXクルージョン」は使い勝手や対応範囲では他に優秀なカードはあるものの、無効+ハンデスが出来るのは間違いなく強力だと言えるカウンター罠カードと評価できます。

上記で挙げたように「ベアルクティ」や「サンダー・ドラゴン」テーマには強力に刺さりますし、手札誘発は最序盤の展開に対する妨害として使われることが多いとはいえ、最序盤以外は全く使わないというわけでも無いためXXクルージョン」が活きる機会は確かにあるかと思います。

発動までにターンがかかる罠カードである故に素早く大量展開をして短期決戦を狙うようなデッキにはどうしても採用しづらいですが、長期戦を得意とするデッキやパーミッション系のデッキであればXXクルージョン」はある程度の汎用性がある罠カードとなれるでしょう。


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ DIMENSION FORCE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1779


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ DIMENSION FORCE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1779

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする