「ウィッチクラフト」テーマカードを考察、考案してデッキの組み方回し方を大紹介!




2019223日発売予定のデッキビルドパック、インフェニティ・チェイサーズに収録される新規テーマ「ウィッチクラフト」の全貌が明らかになりました。

判明したカードの番号から察するに恐らく「ウィッチクラフト」カードの全ての詳細が分かったので、純デッキの構築などについて考えていきたいと思います。

大量に判明した「ウィッチクラフト」カードたちについて軽くおさらい!

まずは下級モンスターは「ウィッチクラフト・ポトリー」「ウィッチクラフト・ピットレ」「ウィッチクラフト・シュミッタ」3種類が存在します。

共通で自身のリリースと手札コストを使うことによってデッキから好きな「ウィッチクラフト」を特殊召喚する効果、墓地から自身を除外することで発動する固有効果を持っています。

スポンサーリンク

レベル5以上のモンスター「ウィッチクラフト・エーデル」「ウィッチクラフト・ハイネ」「ウィッチクラフトマスター・ヴェール」3種類がいます。

三者三様の効果を持っていますので、下級「ウィッチクラフト」モンスターを使えばデッキから特殊召喚できる点も含めて状況に応じたモンスターをフィールドに出したほうが良いでしょう。

次に通常魔法は「ウィッチクラフト・クリエイション」「ウィッチクラフト・コラボレーション」「ウィッチクラフト・サボタージュ」3種類です。

それぞれ「ウィッチクラフト」モンスターのサーチ効果「ウィッチクラフト」モンスターに連続攻撃付与「ウィッチクラフト」モンスターの蘇生が出来ますので、「ウィッチクラフト」モンスターのコストだけでなく魔法カードとしても積極的に使いたいカードです。

速攻魔法は「ウィッチクラフト・ドレーピング」1種類です。

「ウィッチクラフト」モンスターの数だけバウンスが出来ますが、展開力がそこまで高くない「ウィッチクラフト」テーマでは大量バウンスは狙いにくいです。

永続魔法は「ウィッチクラフト・スクロール」「ウィッチクラフト・バイストリート」2種類があります。

条件を満たせば墓地から手札に加えるのではなく、フィールドに表側表示で置けるという点が大きく違うのでこの特性を活かしたプレイングが推奨されます。

罠カードは通常罠カードの「ウィッチクラフト・マスターピース」は魔法カードのサーチ効果と墓地から自身と魔法カードを除外することで「ウィッチクラフト」モンスターを特殊召喚できる効果があります。

罠カードなので発動タイミングは遅れるものの、発動タイミングを選ばないためサーチするにも展開に繋げるにも使いやすいカードです。

コチラの記事では「ウィッチクラフト」デッキを組む上で相性の良いカードの紹介を行なっております!

2019年2月23日発売予定のデッキビルドパック、インフェニティ・チェイサーズに収録される魔法使い族テーマ「ウィッチクラフト」ですが、その全...

「ウィッチクラフト」デッキの組み方と回し方は?

まずはデッキの組み方ですが、純「ウィッチクラフト」デッキであることが前提ですのでご了承ください。

まず優先度が高いのは下級「ウィッチクラフト」モンスターです。下級「ウィッチクラフト」モンスターであれば高レベルの「ウィッチクラフト」へ繋げられる上に、墓地で発動する効果を持っているため最初の手札に引き込めるように複数枚積みはしておきたいです。

特に「ウィッチクラフト・シュミッタ」はデッキから「ウィッチクラフト」カード1枚を墓地へ送れる効果を持っているので、「ウィッチクラフト」魔法カードを墓地へ送れば少し遅れはするものの間接的なサーチとして機能します。

次に「ウィッチクラフト」魔法カードですが、デッキから墓地へ送ることで間接的なサーチが出来るものの手札に戻すまたはフィールドに表側表示で置く効果はカード名ターン1でもあるため、手札・墓地に同じカード名の「ウィッチクラフト」魔法カードは1枚あれば問題なく運用できます。

もちろん手札に引き込みやすくするために複数枚積みしたい魔法カードはありますが、デッキの回転を上げるための相性の良いカードも採用したいので調整しましょう。

モンスターゲート

相性の良いカードとしては、上手くいけば「ウィッチクラフト」魔法カードを複数枚墓地へ送れる「名推理」「モンスターゲート」等が使えます。

魔法族の里

またエクストラデッキをほぼ使わないため「強欲で金満な壺」ドローソースとして優秀です。制圧力を上げるには「魔法族の里」が挙げられ、他にも墓地で効果を発動する魔法カード各種とも組み合わせられます。

スポンサーリンク

デッキの回し方ですが、まずは最上級「ウィッチクラフト」モンスターを出すことを狙います。

手札コストにした「ウィッチクラフト」魔法カードはエンドフェイズに手札に加えるもしくはフィールドに表側表示で置けるため、下級「ウィッチクラフト」を召喚したらフリーチェーンで除去効果を持つ「ウィッチクラフト・ハイネ」もしくは制圧力の高い「ウィッチクラフトマスター・ヴェール」を積極的に特殊召喚します。

その後は相手の妨害をしつつ、手札に魔法カードを集めて「ウィッチクラフトマスター・ヴェール」の攻守アップ効果を使って大ダメージを与えていきます。

攻守アップが出来るものの「ウィッチクラフト」モンスターは総じて元々のステータスがあまり高くないため、ビートダウンを狙うには相手の展開やコンボを未然に防ぐ制圧力の高い盤面をいかに素早く揃えられるかが肝要かと思われます。

「ウィッチクラフト」はやばそうだけど環境入りしそう??

「ウィッチクラフト」魔法カードの共通効果のおかげで手札の損失を補うことが容易「ウィッチクラフト」デッキですが、やはり気になるのは展開力の少なさと「ウィッチクラフト」魔法カードが手札に加わるタイミングの遅さです。

トリッキーにデッキを回せるかなり運用が面白いデッキではあると思いますが、環境入りするかと聞かれれば純構築では難しそうというのが正直なところです。

他の相性が良いテーマにセットで出張させるもしくは他のテーマのカードをセットで出張させれば対応力などの幅が広がるので、環境入りの可能性は無きにしも非ずだと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズ BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする