遊戯王初心者復帰組がすぐ遊べる懐かしいカードで遊べるワンデッキデュエル




強欲な壺

皆さん突然ですが、自宅や実家に昔遊んだ遊戯王の初期のカードが眠っていたりしませんか?

現役のデュエリストも子供の頃遊戯王で遊んだ方でも、簡単に盛り上がれるワンデッキデュエルと言うものがあるのです。

特に社会人の方と話すと、「今の遊戯王は知らないけど、初代は分かる!懐かしいわー」と言う声もよく耳にします。

そこで今回、初期の原作のように「ミノタウロス召喚!攻撃力の高いレアカードだ!」といいなが盛り上がれるワンデッキデュエルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



ワンデッキデュエルとは?

サンダー・ボルト

ライフはお互い8000スタート!

ここは普通のデュエルと変わりませんが、ここからは変則ルール!

手札0の状態でスタートし墓地は共有1つのデッキをお互いにドローし後は、普通の遊戯王と一緒のルール

強欲な壷サンダーボルトなどの禁止カードはあり!

むしろ禁止カードを入れることで、「残念だったな!サンダーボルトォォォ」何ィィィィ」と言った展開があるので、自宅や実家に眠っている方は是非この時のために掘り起こしてみましょう!

また説明文だけでは、分からないの言う方もいると思いますので、動画を載せておきます。

と言うのもワンデッキデュエルと言うのは、元々カードキングダムさんが、開発した遊びで、昔遊んでいたの社会人や初心者にわかりやすく説明するためにカードキングダム代表取締役社長の池田さんが考案したものであります。

動画を見ますと非常に楽しそうなのが分かります!

懐かしのカード、禁止カード、挙句の果てには、ポケモンカードが出でくる始末(笑)

それでは、カードキングダムさんとは、レシピは異なりますが、早速レシピの方を見ていきましょう!

スポンサーリンク



デッキレシピ

通常モンスター

・デーモンの召喚 攻撃力2500 守備力1200

・ジェノサイドキングサーモン 攻撃力2400 守備力1000

・ブラッドヴォルス 攻撃力1900 守備力1200

・ミノタウルス 攻撃力1700 守備力1000

・命の砂時計 攻撃力700 守備力600

・ランドスターの剣士 攻撃力500 守備力1200

・ファラオのしもべ 攻撃力900 守備力0

・岩石の巨兵 攻撃力1300 守備力2000

・ベビードラゴン 攻撃力1200 守備力700

・ギゴバイト 攻撃力350 守備力300

・鎧武者ゾンビ「バンダイ版」攻撃力2400 守備力0

効果モンスター

・封印されしエクゾディア 攻撃力1000 守備力1000

・ゴブリン突撃部隊 攻撃力2300 守備力0

・時の魔術師 攻撃力500 守備力400

・ハネクリボー 攻撃力300 守備力200

・ナイトメアテーベ 攻撃力1500 守備力500

・カラテマン 攻撃力1000 守備力1000

・暴れ牛鬼 攻撃力1200 守備力1200

・スピアドラゴン 攻撃力1900 守備力0

・ダークヒーローゾンバイア 攻撃力2100 守備力500

・ならず者傭兵部隊 攻撃力1000 守備力1000

・可変機獣ガンナードラゴン 攻撃力2800 守備力2000

・ものマネ幻想師 攻撃力0 守備力0

・ダークエルフ 攻撃力2000 守備力800

・ロケット戦士 攻撃力1500 守備力1300

・E・HEROバブルマン 攻撃力800 守備力1200

・人喰い虫 攻撃力450 守備力600

・スピードウォリア 攻撃力900 守備力400

魔法

・サンダーボルト

・ブラックホール

・心変わり

・強奪

・天使の施し

・早すぎた埋葬

・強欲な壷

・洗脳ーブレインコントロール

・地割れ

・名推理

・突進

・悪夢の鉄檻

・大嵐

・死者蘇生

・デーモンの斧

・聖なるバリアミラーフォース

・破壊輪

・攻撃の無力化

・激流葬

・六芒星の呪縛

・奈落の落とし穴

・炸裂装甲

・神の宣告

・万能地雷グレイモヤ

デッキ枚数・計52枚

種類52種

デッキ構築のコツ

クリッターなどのサーチカードを入れるのはやめましょう!

ワンデッキですので、サーチされてしまうと、そのカードが引けない事が確定してしまったり、駆け引きがなくなってしまいます。

また出来るだけ攻撃力がバラバラになるようにしましょう!

そうする事によって、駆け引きが生まれ盛り上がります!

魔法、罠も出来るだけ、破壊や攻撃力が上がるものを入れて、攻防が繰り返しになるように組みましょう。

スポンサーリンク

そうすることで、「エクゾディア!?意味不明なカードww」「ギゴバイト!?なんじゃこりゃーーーw」など、原作風「?」なデュエルが楽しめます!

また採用するカードも出来るだけ、原作、アニメに登場したカードや懐かしいカードを入れることで、昔、遊戯王で遊んだ人達が盛り上がります!

それでは、次はカード解説をしていきたいと思います!

カード解説

ナイトメアテーベ

ナイトメアテーベ

初期プレイヤーの方は持っていない人の方が多いのでは、ないかと思われるカード。

そもそも現行プレイヤーでも誰だっけ?ってなるカード。

自分の手札が0で場にこのカードしかない時、攻撃力が3000になるモンスター。

手札0場にこのカードだけの時、疑似ブルーアイズになれるので、攻撃時、滅びのバーストストリーム!!と言うと盛り上がれます!

・ダークエルフ・ゴブリン突撃部隊・ダークヒーローゾンバイア

デメリット持ちの攻撃力2000越え高火力モンスター!

普段は絶対デッキに入れないカードですが、このデュエルだとかなり役に立ったり、デメリットがデュエルを加速させてくれるので、盛り上がります!

「暴れ牛鬼」の画像検索結果

暴れ牛鬼

コイントスの代わりにじゃんけんで勝敗を決めることも可能。

「2分の1の確率変わらない為」

このカードが出ると、じゃんけんで盛り上がることが結構あるモンスター

持っている人、持っていない人で分かれるモンスターなので、ない場合は他のモンスターを入れるといいでしょう。

E・HERO バブルマン

E・HEROバブルマン

炭酸発散バブルマン!

遊戯王GX世代の主人公カード!

懐かしの社会人の方々は大体、GXまで見てたか、見てないかでギリギリ分かれるところ。

ワンデッキデュエルだと、このカードのみという場面が多々あるので、効果発動しやすく優秀!

効果範囲内のことを通称バブルゾーンと呼ぶ

スピード・ウォリアー

スピードウォリア

遊戯王5Ds主人公が使うモンスター

世代的に分からない方は他のカードでも代用可

ハネクリボー

ハネクリボー

遊戯王GXの1話で、十代が武藤遊戯らしき人「遊戯」に託された精霊の力が宿ったモンスター

とどめの一撃を止めてくれるので、あと一歩のところで、というときに盛り上がるカード。

世代的にわからない方は、クリボーでも可

鎧武者ゾンビ「バンダイ版」

まさかのバンダイ版

分かる人には分かるバンダイ版

公式では使えないものの、ワンデッキデュエルでは知ったこっちゃない

出てきた瞬間「なんじゃこりゃーーーーー」となる人多数(経験談)

デメリット一切なしの星4、攻撃力2400モンスター

混ぜて遊ぶ際は、必ずスリーブにいれて遊ぶこと

スポンサーリンク



改造するなら?

初代遊戯王しか知らない方なら、バブルマンやスピードウォリアーなどを抜いて、初期の遊戯王の通常モンスターや駆け引きが面白くなりそうなカードを入れるといいでしょう。

また次は、入りそうで、入らなかったカードを説明します。

ボツになったカード

八汰烏

八汰烏

なんでもありとはいえ流石にこのカードでドロースキップされると、場がしらけます。

ゲーム自体を崩壊させる、極悪禁止カードなのでボツ

メカ・ハンター

攻撃力に50がつくモンスター

計算がめんどくさくなります。

収縮

収縮

上記と同じ理由です。

半分にした際、50がつくとめんどくさいので、代わりに突進を採用

青眼の白龍

青眼の白龍

人気カードなので、是非採用したいのですが、2体リリースとあまりにも出しにくかったのでボツ

ブラックマジシャンも同じ理由です。

まとめ

初心者や復帰組の方も平等に戦う事ができるワンデッキデュエル

最近ルールが変わったり、環境の変化が著しく、気分を変えたいときに遊ぶと初心に戻ったかのように遊べます。

少しでも懐かしいなと思った方は、押し入れからカードを発掘してみると、案外組めたりする方はいるのではないかと思いました!

やはり遊戯王はアニメや原作みたいに遊ぶのが楽しいですね!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. じんくん より:

    ワンデッキデュエル楽しいですよね。私はデビルフランケンを採用して青眼の究極竜を出せるようにしてます。圧倒的攻撃力でそのまま殴り勝てたり、返しであっさり処理されたり。ライフが無くて単なる攻撃力700だったり、面白い要素しか無くてまさにワンデッキデュエルのためのカードです。オススメです!

    • kata-0003 より:

      コメントありがとうございます!

      そうですね!
      ワンデッキデュエルは、遊戯王をしていた世代の方なら誰もが懐かしいと思えるカードを入れてたり、カードを引く度にテンションが上がる所が楽しいですよね!

      デビルフランケンは確かに面白そうですね!
      5000ライフと言う、高額なリスクを払って、相手を驚かしたしたり、出した割りには、
      あっさり処理されて「なんじゃこりゃーーーーー」と叫んでる風景が目に浮かびます(笑)