素材指定のある「B・F」シンクロモンスター「B・F-突撃のヴォウジェ」の考察や考案、相性の良いカードを含めた評価を紹介!




2019518日に発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-に収録されるBFテーマは風属性・昆虫族統一のシンクロ主軸テーマです。

今回はBFシンクロモンスターの内の1BF-突撃のヴォウジェ」について考えていきたいと思います。

「B・F」シンクロモンスターでは現状唯一素材指定がある「B・F-突撃のヴォウジェ」の考察と考案

シンクロ・効果モンスター 星6/風属性/昆虫族/攻2500/守 800 昆虫族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがこのカードの攻撃力以上の攻撃力を持つ相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に1度、発動できる。 その相手モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ半分になる。

(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 自分フィールドの「B・F」モンスターの数×200ダメージを相手に与える。

レベル6の風属性・昆虫族シンクロモンスターで、攻撃力は2500守備力は800です。

召喚条件は昆虫族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上になっています。

2つの効果を持っており、1つ目はこのカードが自身の攻撃力以上の攻撃力を持つ相手モンスターに攻撃するダメージ計算時に1度発動でき、その相手モンスターの攻撃力をダメージ計算時のみ半分にします。

2つ目はカード名ターン1効果でこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動でき、自分フィールドのBFモンスターの数×200ダメージを相手に与えます。

レベル6のシンクロモンスターではありますが、シンクロ召喚するためにはチューナーが昆虫族モンスターである必要があります。

昆虫族チューナーの種類はそこまで多くないですが、昆虫族を主軸としたデッキであれば無理なく採用できるため積極的にシンクロ召喚が狙えます。

1の効果は、自身からの攻撃の場合に自身以上の攻撃力を持つモンスターを弱体化させられるというものです。

半分に出来るので、相手フィールドの攻撃力5000までのモンスターなら戦闘破壊が可能です。このカード自体の攻撃力が2500とエース級にあるためシンプルに強力な効果と言えるでしょう。

この効果はあくまでこのカードから攻撃した時にしか発動できませんので、相手ターン中は基本的な無力なことを含めて運用していくと良いでしょう。

2の効果はこのカードが戦闘ダメージを与えた時に効果ダメージを与える効果であり、1の効果があるため自身からの攻撃であれば相手に戦闘ダメージを与えやすいです。

倍率は200とそこまで高くありませんが、自身もカウントされるため最低でも200のダメ押しが出来ます。

スポンサーリンク

「B・F-突撃のヴォウジェ」と相性の良いカードは?

BF-追撃のダート」

効果モンスター 星1/風属性/昆虫族/攻 100/守 100 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分の「B・F」モンスターが、元々の持ち主が相手となるモンスターを戦闘で破壊した時、 このカードを手札から捨てて発動できる。 そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

(2):このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体を対象として発動できる。 このターン、そのモンスターをチューナーとして扱う。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

自分のBFモンスターが相手モンスターを戦闘で破壊した時、このカードを手札から捨てることで戦闘で破壊したそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与えるという効果を持つ下級モンスターです。

BF-突撃のヴォウジェ」1の効果によって相手モンスターを戦闘破壊することが得意であり、そこにBF-追撃のダート」の手札誘発効果を使うことで相手に大きな効果ダメージを期待できます。

BFモンスターであるためBF-毒針のニードル」でサーチが可能です。

BFデッキでの運用方法としては、BF-早撃ちのアルバレスト」を召喚しその効果により墓地からBF-毒針のニードル」を蘇生し、BF-毒針のニードル」の効果でBF-追撃のダート」をサーチ後BF-早撃ちのアルバレスト」BF-毒針のニードル」BF-突撃のヴォウジェ」をシンクロ召喚することで条件は整います。

決まればフィニッシャーとしても見込めるため使いやすいという点も高く評価できます。

スポンサーリンク

「インフェルニティ・ビートル」

インフェルニティ・ビートル

自分の手札が0枚の場合、自身をリリースすることでデッキから「インフェルニティ・ビートル」2体を特殊召喚できるという効果のレベル2昆虫族チューナーです。

シンクロ素材を並べやすいBF-早撃ちのアルバレスト」「カブトロン」、自己特殊召喚効果を持つ「ジャイアントワーム」と一緒に並べることでBF-突撃のヴォウジェ」のシンクロ素材として有用です。

「インフェルニティ・ビートル」が闇属性であり、チューナー以外のモンスターに前述したような昆虫族モンスターを使うことで「地底のアラクネー」をシンクロ召喚することも選択肢に上がるため状況によって使い分けられるため相性が良いです。

スポンサーリンク

「追走の翼」

追走の翼

自分フィールドのシンクロモンスター1体を対象とし、このカードが存在する限り対象のモンスターは戦闘・効果では破壊されなくなります。それに加えて対象のモンスターがレベル5以上のモンスターと戦闘を行う場合その相手モンスターを破壊できるという効果を持つ永続罠カードです。

相手ターン中無力になってしまうBF-突撃のヴォウジェ」をを守る手段として使えるカードです。

BF-突撃のヴォウジェ」は自分のターン中は1の効果もあって強いため、相手は積極的に除去もしくは戦闘破壊を狙ってくることが予想できます。

このカードなら相手がレベル5以上のモンスターで攻撃してきたタイミングで発動して返り討ちにしたり、レベルを持たないリンクモンスターやエクシーズモンスターを出してきても相手ターン中耐えきれれば次の自分のターンにBF-突撃のヴォウジェ」で戦闘破壊を狙えます。

スポンサーリンク

「B・F-突撃のヴォウジェ」の評価は?

昆虫族チューナーが必要と素材に指定があるため汎用性は高くないですが、シンクロ召喚を狙える昆虫族デッキであれば積極的に採用したいほど優秀な性能です。

自分のターンには強いという特徴は、相手のエースもしくは切り札を戦闘破壊する用として割り切って使うという手も十分あります。

採用できるデッキが限られてはいるものの性能自体は高く、状況次第では名前の通り突撃することで相手の盤面を切り崩すことも出来るシンクロモンスター、というのが全体的な評価となります。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする