「遊戯王最新情報」!Vジャンプ応募者サービス《氷獄龍 トリシューラ》《熾天龍 ジャッジメント》《撃滅龍 ダーク・アームド》《終焉龍 カオス・エンペラー》の効果が判明!!【Vジャンプ2018年7月号 20th アニバーサリー レジェンダリー ドラゴンズ】




2018年7月号の応募者サービス、《氷獄龍 トリシューラ》《熾天龍 ジャッジメント》《撃滅龍 ダーク・アームド》《終焉龍 カオス・エンペラー》の効果が判明しました!!

今回の4枚汎用性の高いカードとコンボ向けのカードや、召喚条件や効果の発動に条件があり、今後どのようなデッキに使われるのかが楽しみな感じでした!イラストアドも高まるところですが、効果の方も見て行きたいと思います!!

スポンサーリンク




判明した4枚のモンスター

  • 《氷獄龍 トリシューラ》
  • 《熾天龍 ジャッジメント》
  • 《撃滅龍 ダーク・アームド》
  • 《終焉龍 カオス・エンペラー》

早速効果の方を見て行きたいと思います!!

《氷獄龍 トリシューラ》

【融合素材】
カード名が異なるモンスター×3
【モンスター効果】
このカードは自分の手札・フィールドのモンスターを素材とした融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの上記カードを除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:元々の種族がドラゴン族のモンスターのみを素材としてこのカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキ・相手のデッキの一番上・相手のEXデッキの順に確認してそれぞれ1枚ずつ除外する。このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

融合素材はカード名が異なる3体のモンスターと言う事ですが、召喚の際に融合を必要としないため、比較的に召喚条件は緩い感じがします!

しかし効果を起動する際は、元々の種族がドラゴン族のモンスターを3体融合素材にしなければならないので、ドラゴン族デッキに採用する、形になるでしょう!

思いつく所ですと、融合ヴレインズでリボルバーが使った「ヴァレット」新規カードが増えた「ドラグニティー」などが挙げられるでしょう!

ただ召喚条件が緩い分、若干決定打と言うより、相手のキーカードを除外しながらじわじわと攻める感じでしょう!

フィールドに留まれば毎ターン、相手のエクストラデッキに干渉出来るので、このモンスターは非常に厄介ですね!

《熾天龍 ジャッジメント》

シンクロ素材】
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、S素材モンスターは全て同じ属性のモンスターでなければならない。
【モンスター効果】
①:自分の墓地にチューナーが4種類以上存在し、このカードがS召喚されている場合、1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしか殊召喚できない。
②:自分エンドフェイズに発動する。自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

シンクロ召喚に条件があり、効果発動にも条件があります!

効果を起動する際は、墓地にチューナーが4種類以上存在し、このカードがシンクロ召喚されている時に、効果を発動できます!

ライフを半分払って、このカード以外のフィールドのカードをすべて破壊します!

上記の効果は、本家である、裁きの龍を彷彿とさせる効果ですね!

チューナーが4種類以上と言うのが、条件として厳しい感じがします。

4種類と言う条件の割りには、効果を起動する際、ライフを半分払わなくてはならず、普通に破壊するのでしたら、無理やり、このカードを発動しなくてもいい気がします「汗」

②の効果は戒めの龍と同じ効果で、ターンエンド時デッキの上から4枚を除外すると、言う効果です!

ロマンあふれるカードではありますが、エクストラデッキの枠を割いてまで入れるとなるとどうでしょう「汗」


スポンサーリンク




《撃滅龍 ダーク・アームド》

【エクシーズ素材】
レベル7モンスター×2体以上
【モンスター効果】
「撃滅龍ダーク・アームド」は1ターンに1度、自分の墓地の闇属性モンスターが5体のみの場合、自分フィールドのレベル5以上のドラゴン族・闇属性モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。その後、自分の墓地からカード1枚を選んで除外する。この効果の発動後、ターン終了時までこのカードは攻撃できない。

レベル7モンスター2体でもエクシーズ召喚できかつ、自分の墓地の闇属性が5体のみの場合、レベル5以上のドラゴン族、闇属性モンスターの上に重ねてエクシーズ召喚ができる点が嬉しいところですね!

エクシーズ素材を1つ取り除くことで、相手フィールドのカードを一枚選んで、破壊でき、その後、自分の墓地からカードを選んで除外する効果を持っております。

ドラゴン族であれば、エクリプスワイバーンを除外することで、効果が起動出来たり、除外したモンスターをDDRで復活させたり、コンボ性は高いカードのように思えます!

攻撃できないという効果が難点ですが、効果発動にターン制限がないので、効果起動後は、リンク召喚につなげたりすれば、無駄がないですね!

またRUM-幻影騎士団ラウンチを使っての召喚にも対応している点も嬉しいところです!

終焉龍カオス・エンペラー

このカードは通常召喚できない。「終焉龍カオス・エンペラー」は1ターンに1度、自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ、手札・EXデッキから特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。EXモンスターゾーン以外の自分フィールドのカードを全て墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを選んで墓地へ送る。その後、相手の墓地へ送った数×300ダメージを相手に与える。
②:特殊召喚した表側表示のこのカードはフィールドから離れた。場合にデッキの一番下に戻る。
【ペンデュラム効果】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか発動できない。
①:1000LPを払い、除外されている自分のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。このカードを破壊し、そのモンスターを手札に加える。

特殊召喚の条件は本家の混沌帝龍ー終焉の使者と同じで、ドラゴン・目覚めの旋律に対応している点もうれしいところです!

効果は1ターンに1度ライフを半分払って発動する効果で、EXモンスターゾーン以外の自分フィールドのカードを全て墓地へ送り、墓地へ送った数まで相手フィールドのカードを選んで墓地へ送る。その後、相手の墓地へ送った数×300ダメージを相手に与える、といった効果です。

自分のフィールドのカードをすべて墓地に送り、墓地に送った数まで、相手フィールドのカードを選んで、墓地おくる効果ですが、このカード自体の攻撃力が高く、自分のフィールドの数が勝っている時でないと相手のカードを全滅させることが、出来ない点がなんとも、惜しいところです!

しかし、墓地に送るいう効果なので、破壊された際に発動する効果や、破壊を無効にする、といった効果を無視できる点は、強力なのではないでしょうか!

またペンデュラム効果も、1000ライフを払い、除外されている、ドラゴン族を手札に加えられ、破壊された後は、自身の効果で、エクストラデッキから特殊召喚できるので、強力なモンスターなのではと思います!

今後、様々なデッキに投入されるのではと思います!

スポンサーリンク




まとめ

今回効果が判明した4枚のモンスターですが、どれも遊戯王を盛り上げてきたカード達のリメイクということで、イラストがとても魅力的でした!

Vジャンプの発売が楽しみな半面、売り切れが予想されますので、欲しい方は早めに近くの本屋さんなどで予約した方が良さそうです!

スポンサーリンク




スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする