遊戯王エクストラパック2018の目玉!ヴェンデットデッキレシピの紹介!復讐のダークヒーローここに見参!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リヴェンデット・エグゼクター

クストラパック2018で種類が増えたヴェンデットモンスター!

リヴェンデッド・スレイヤーから始まり、エクストラパック2018で種類が増えた事で本格的にデッキを組むことができるようになりました!

今回はエクストラパック2018から復讐の使者!ダークヒーローヴェンデットデッキレシピの紹介をこちらで行いたいと思います!

スポンサーリンク

ヴェンデットの特徴は?

ヴェンデット・レヴナント

別途記事でも解説しておりますが、ヴェンデットモンスターはヴェンデット・アニマを除いて以下の共通効果を持っております!

(1):(固有の発動条件)
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。
●(固有効果)

これらの特徴を活かしてデッキを構築していく形になります!

こちらの特徴の解説はこちらの記事で行なっておりますのでそちらを見ていただけたらと思います!↓

エクストラパック2018の発売となりましたね! 今回の目玉は色々ありますが、その中でもおそらく1番皆さんが期待している...

早速デッキレシピの方を見て行きたいと思います!

ヴェンデットデッキレシピ

モンスター

・リヴェンデッド・エグゼイダー×2

・リヴェンデッド・スレイヤー×3

・ヴェンデットバスタード×1

・ヴェンデットキマイラ×1

・ヴェンデットヘルハウンド×2

・ヴェンデットレヴェナント×2

・ユニゾンビ×2

・不知火の隠者×3

・馬頭鬼×2

・シノビネクロ×1

魔法

・リヴェンデッド・ボーン×3

・リヴェンデッド・バース×2

・ヴェンデット・ナイト×3

・儀式の下準備×3

・儀式の準備×2

・おろかな重葬×2

・おろかな埋葬×1

・アンデット・ネクロナイズ×1

・死者蘇生×1

・ハーピィの羽根帚×1

・ヴェンデット・リボーン×1

・不知火流–燕の太刀×1

エクストラデッキ

・旧神ヌトス×1

・魔王龍ベエルゼ×1

・PSYフレームロード・Ω×1

・月光竜–ブラックローズ×1

・獣神–ヴァルカン×1

・虹光の宣告者×1

・ヴァレルロード・ドラゴン×1

・トポロジックボマードラゴン×1

・サモンソーサレス×1

・トロイメアユニコーン×1

・トロイメアフェニックス×1

・ヴァンパイア・サッカー×1

・水晶機巧–ハリファイバー×1

・アドヴェンデッド・セイバー2

ヴェンデットデッキのカード解説!

リヴェンデット・エグゼクター

リヴェンデッド・エグゼイダー

エクストラパック2018で日本からようやく来日したモンスター!

モンスターゾーンに存在する限り、リヴェンデッド・スレイヤーとして扱うことができるので、リヴェンデッド・ボーンの効果の(2)の効果を適用する事ができます!

ヴェンデット儀式モンスターの中では1番レベルが高く、他のカードを対象から守る事ができます!

攻撃力、効果共に優秀なモンスターなので!ヴェンデットモンスターを使い、効果を付与していきたいモンスターです!

復讐の使者のここに再誕!

いやーカッコイイですね!

リヴェンデット・スレイヤー

リヴェンデッド・スレイヤー

エクストラパック2017で登場した最初の儀式ヴェンデットモンスター!

効果自体はそこまで強力ではないものの、ヴェンデット・ボーン(2)の効果や儀式の下準備に対応しており、ヴェンデットモンスターです!

ヴェンデットモンスターの儀式リリースで強化できたり、シノビネクロを除外すればそのままレベル8のシンクロ召喚に繋げられるなど、単体では強くはありませんが、他のカード間とのシナジーが強い為、このデッキの主役となるモンスターです!

ヴェンデット・バスタード

ヴェンデット・バスタード

こちらもエクストラパック2018で来日したヴェンデットモンスターでこちらは自分の墓地のヴェンデットカードを除外する事で、相手のモンスター・魔法・罠のいずれかの効果の発動をターン終了時まで封じる事ができます!

除外コストがヴェンデットカード限定なのが少々使いにくいところではございますが、相手効果発動を封じつつ、動く事ができるので、安全に動きたい場合やトドメを刺す時などに非常に役に立つ効果となっております!

ヴェンデット・ヘルハウンド

ヴェンデット・ヘルハウンド

(1)の効果は手札からヴェンデットカードを墓地に送る事で墓地から特殊召喚できる効果を持っております!

墓地からの特殊召喚条件は比較的容易であり、リンク召喚などに繋げやすい利点がある他に(2)のヴェンデット儀式召喚のリリースにしやすい利点があります!

(2)の効果は相手のターンでも使用できる相手の魔法・罠を除外を付与する効果を持っており、相手の邪魔な魔法、罠カードを除外しつつ、動く事ができる為、積極的に付与させたい効果です!

ただし(2)の効果はフィールドから儀式召喚のリリースにしないと発動できない点は注意!

ヴェンデット・レヴナント

ヴェンデット・レヴナント

相手によって墓地に送られた時に特殊召喚できる効果を持っておりますが、効果の発動が他のヴェンデットモンスターと違い相手依存になる為、展開要員としてはやや不足しているものの、レベル4なので、ヴェンデット儀式モンスターのリリース要員としてはレベルは十分と言えるでしょう!

(2)の効果は相手のターンでも使用できる、特殊召喚された相手のモンスターを除外できる効果を持っております!

相手のターンにも使用できるので相手の展開の邪魔をしたりなど非常に優秀な効果を持っているのでこちらの効果も積極的に狙っていきたい効果となっております!

アドヴェンデット・セイヴァー

アドヴェンデッド・セイヴァー

エクストラパック2018で登場した新たなヴェンデットリンクモンスターでフィールドに存在する限り、リヴェンデッド・スレイヤーとして扱うことができます!

リンク召喚の条件がアンデット族2体と非常に条件が緩くリンク召喚しやすいのが特徴です!

スポンサーリンク

リヴェンデッド・スレイヤーとして扱えるので、リヴェンデッド・ボーンの効果でこのカードを守ることができます!

また本家であるリヴェンデッド・スレイヤー達と違い破壊された時の効果を持っていないので、リヴェンデッド・ボーンの(2)の効果で守る意義のあるモンスターでもあります!

またこのカードの(2)の効果はヴェンデットカードを墓地から回収できる効果を持っており、キーカードであるヴェンデット儀式魔法を回収できたり、必要なヴェンデットカードを回収できたりと、ヴェンデットデッキにとっては美女に汎用性の高いものとなっております!

またこのカードの最も強力な効果は(3)の効果でこのカードが戦闘を行う時の限定効果にはなりますがデッキから好きなアンデット族を墓地に送ることができ、落としたアンデット族のレベル×200戦闘する相手のモンスターの攻撃力を下げることができます!

戦闘には非常に強い効果ですが(2)(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない為、連続攻撃には弱いので油断は禁物です!

リヴェンデット・ボーン

リヴェンデッド・ボーン

ヴェンデット儀式モンスターを呼び出す儀式魔法で墓地からアンデット族を除外することでも儀式召喚できる魔法カードで、非常に使いやすいのが特徴です!

このカードの効果で最も重要なのが(2)の効果である「リヴェンデッド・スレイヤー」とテキストに書かれていることで、このテキストのおかげで儀式の下準備でリヴェンデッド・スレイヤーをサーチすることができます!

リヴェンデット・バース

リヴェンデッド・バース

リヴェンデッド・ボーンに続く新たなヴェンデット儀式魔法カードで、デッキからのリリースにも対応している儀式魔法です!

デッキからのリリースは便利ですが、儀式で特殊召喚するモンスターと同じレベルになる様にリリースしなければならない点に注意しなくてはいけないのと

デメリットとしてこの効果で儀式召喚したモンスターはターン終了時に破壊される点に注意です!

しかし破壊される効果は、リヴェンデッド・スレイヤーリヴェンデッド・エクゼイダーでしたらリヴェンデッド・ボーンを除外することで破壊されるデメリットをなくすことができます!

ヴェンデット・ナイト

ヴェンデット・ナイト

エクストラパック2018で日本に来日した新たなヴェンデットフィールド魔法で

手札を1枚捨てることで、ヴェンデットモンスターを手札に加えることができます!

好きなヴェンデットモンスターを手札に加えつつ墓地を増やせる点はアンデット族と相性いいのが特徴です!

(2)の効果自分のヴェンデットモンスターが相手モンスターを破壊した時に墓地のヴェンデットモンスターを除外することで続けて攻撃することができます!

しかし(2)の効果はリヴェンデッド・スレイヤーとコストが被る為乱用せず状況を見て追加攻撃をするかを考えるといいでしょう!

おろかな重葬

おろかな重葬

このデッキでは、儀式魔法のサーチ手段がやや不足している為採用!

虹光の宣告者を墓地に送ることで儀式モンスター、儀式魔法をサーチしたり、

旧神ヌトスを墓地に送り、フィールドのカードを破壊したりと1枚でなんでもできる魔法カードです!

アンデット・ネクロナイズ

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):フィールドにレベル5以上のアンデット族モンスターが存在する場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
除外されている自分のアンデット族モンスター1体を選んでデッキに戻し、
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

ストラクチャーデッキRで登場する、レベル5以上のアンデット族が存在する時に発動できる魔法カードで相手のモンスターのコントロールを奪うことができます!

ヴェンデット儀式モンスターは基本的にレベル5以上の為、発動条件は満たしやすい上、(2)の効果で除外されたヴェンデットをデッキに戻しつつ再利用できる為、アンデット族デッキで今後多く見かけることになる魔法カードでしょう!

発売前のカードですが今回試しに1枚採用!

場合によっては枚数を増減していいカードだと思います!

ヴェンデット・リボーン

ヴェンデッド・リボーン

相手モンスターをリリースすることでリリースしたモンスターと同じレベルのトークンを出せるモンスターです!

効果が破壊ではなく、リリースの点が非常に優秀でかつトークンを出せる点で優秀な罠カードです!

デメリットとしては、このトークンが存在する限りはヴェンデットしか特殊召喚できなくなる為、壁として運用するか、即座にアドヴェンデッド・セイヴァーの素材にするといいでしょう!

デメリットがやや気になったので今回の採用は1枚!

デッキの回し方

リヴェンデット・スレイヤー

ヴェンデットデッキのモンスターは基本的に単体では力を発揮しにくいテーマの為、複数のカードと組み合わせていくことが重要になります!

ヴェンデット儀式モンスターも単体では性能的な面で負けてしまう部分もある為、基本的にヴェンデットモンスターをフィールドに展開し、そのモンスターを生贄にヴェンデットモンスターを儀式召喚し、効果を付与していきます!

またヴェンデットモンスターは展開力にも優れている為、リンク召喚もしやすくエクストラデッキのモンスターを主体にして戦うこともできます!

改造するなら?

ヴェンデット・コア

改造するなら今回採用を見送った他のヴェンデットモンスターを入れてヴェンデット儀式モンスターを強化しやすくするといいでしょう!

または儀式の定番サーチカードマンジュゴット入れてもいいかも知れません。

このデッキでは儀式魔法と儀式モンスターのサーチが他の儀式デッキと比べて若干サーチ力が薄いのでこの様なカードを入れてサーチしやすくするとより、儀式召喚がしやすくなると思います!

まとめ

アドヴェンデット・セイヴァー

今回はエクストラパック2018で登場したヴェンデットデッキの紹介でした!

アンデット族の儀式デッキテーマとあってその特性は非常に個性的かつストーリー性もあり私自身海外から来日したら絶対に組みたいテーマだと思っておりました!

カードの特性上単体の効果はそこまで強くはありませんが、他のヴェンデットモンスターや魔法、罠カードと組み合わせることで力を発揮するテーマで、扱いはやや上級者向けのテーマではありますが、この様に様々なカードを組み合わせてデュエルしたいプレイヤーにはオススメのテーマデッキなのではないでしょうか?

ダークヒーロー好きにはたまらないイラストも魅力的ですよね!!

アンデット族は今後も強化が大変期待できるテーマなので是非みなさんも組んで遊んでみてください!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする