「占い魔女」デッキの特徴との回し方を紹介!「占い魔女」カードが今回大量に判明!




コレクションパック−革命の決闘編から「占い魔女」「V・ HERO」が大量に判明しました。

そこで今回はアニメ遊戯王5Dsでカーリーが使う「占い魔女」モンスターの紹介とデッキの特徴や回し方を考察して行きたいと思います。

今回情報が判明した「占い魔女」モンスターと関連魔法・罠カードの紹介!

今回情報が新たに解禁され判明した「占い魔女」モンスターは

・占い魔女 エンちゃん

・占い魔女 フウちゃん

・占い魔女 スィーちゃん

・占い魔女 アンちゃん

・占い魔女 チーちゃん

の5体で、魔法カード・罠カードの方は

・受け入れがたい結果

・開運ミラクルストーン

・幸運の前借り

の3枚となっております。

早速ですが効果の方を1枚1枚見て行きたいと思います!

占い魔女 エンちゃん

効果モンスター
星2/炎属性/魔法使い族/攻   0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。


占い魔女 フウちゃん

効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻   0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

スポンサーリンク

占い魔女 スィーちゃん

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻   0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外する。


占い魔女 アンちゃん

効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻   0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから魔法使い族モンスター1体を除外する。


占い魔女 チーちゃん

効果モンスター
星6/地属性/魔法使い族/攻   0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。

スポンサーリンク

受け入れがたい結果

速攻魔法
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが存在する場合に発動できる。
手札から「占い魔女」モンスター1体を特殊召喚する。


開運ミラクルストーン

永続魔法
(1):「開運ミラクルストーン」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):自分フィールドの魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドの「占い魔女」モンスターの種類×500アップする。
(3):1ターンに1度、自分の「占い魔女」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

幸運の前借り

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「占い魔女」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターより元々のレベルが1つ低い
魔法使い族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。
このカードの発動後、次の自分ターン中、
自分は魔法使い族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「占い魔女」モンスターの特徴と魔法・罠カードについて紹介!

まず「占い魔女」の特徴としては、共通効果としてドローした時に特殊召喚出来る効果を持っていること。

「占い魔女」の全てのモンスターの攻撃力・守備力が0ということといずれも手札から特殊召喚に成功した場合に固有の効果を発動する効果を持っております。

フォーチュンレディ・ウォーテリー

もう1つ特徴と言えば、アニメで後にダークシグナーと化したカーリーが使う「フォーチュンレディ」の元となったカードというだけあって属性とレベルが「フォーチュンレディ」と一致しています。

チキンレース

後にも解説しますが専用でデッキを組む際は、共通効果である特殊召喚効果を使う為にドローカードと山札を操作できるカードを入れる事になるかと思います。

また魔法・罠カードの中にカーリーが劇中に使った「開運ミラクルストーン」は自分フィールドに1枚しか存在出来ませんが、自分フィールドの魔法使い族モンスターの攻撃力・守備力は
自分フィールドの「占い魔女」モンスターの種類×500アップさせることが出来ます。

「占い魔女」モンスターは共通効果で特殊召喚が容易な上、「受け入れ難い結果」の効果で「占い魔女」を手札から特殊召喚出来るので、フィールドに種類を揃えるのは難しくないかと思います。

「開運のミラクルストーン」であげられる攻撃力は最大で2500となります。

また「占い魔女」が攻撃する際にドロー出来る効果もあるので、「占い魔女」共通効果と相性が良いのも嬉しい点です!

ただし注意点としては、「開運ミラクルストーン」にだけ頼っていると劇中にもありましたが、攻撃力0の「占い魔女」棒立ちになり、そのターンで自分が負けてしまうと言った事になりかねません。

もし純構築にする際は、「開運ミラクルストーン」だけでなく他の魔法使いサポートカードや防御系のカードを数枚採用した方が良いかと思います。

「占い魔女」デッキの組み方と回し方を解説!

まず今回は純「占い魔女」の構築と想定して解説したいと思います。

共通効果であるドロー時に特殊召喚出来る効果を最大限に活かす為、ドローソースを少し多めに入れる形になるかと思います。

成金ゴブリン

しかし注意点としては「成金ゴブリン」などドロー後に効果が割り込む効果のドローカードは「占い魔女」の特殊召喚出来るタイミングを逃してしまうので、「成金ゴブリン」の様なドローカードは避ける形になります。

具体的な例をあげるのであれば「チキンレース」などと相性が良さそうです。

また魔法使い族デッキと言うことで、サポートカードが豊富にあるのも「占い魔女」の強みなので最大限に活かしたいと思います。

魔法族の里

「魔法族の里」を採用すれば、「ハーピィの羽根帚」「サイクロン」などの破壊から「開運ミラクルストーン」を守ることが出来ます。

とは言えこれだけでは、「開運ミラクルストーン」を守るのには手薄なので、違うカードも複数枚入れて「開運ミラクルストーン」を守る形を取りたいです。

団結の力

また複数体「占い魔女」が並ぶのを前提として、「団結の力」を通常召喚をそんなに多く行わないことを想定した「アームズ・ホール」の採用も検討してみてもいいかも知れません。

青眼の白龍

開運ミラクルストーン」だけでは攻撃力の上昇値が2500と「青眼の白龍」クラスの攻撃力を持つモンスターには戦闘で勝てませんが、「団結の力」をデッキに入れておけば、「開運ミラクルストーン」と合わせて最大で、攻撃力6500の「占い魔女」モンスターを作り出すことが出来ます!

次にデッキの回し方ですが、基本的な動き方としては「占い魔女」の共通効果を使い「占い魔女」を展開していく形になります。

動きとしては「占い魔女」モンスターの手札から特殊召喚した時の効果を使い相手のカードを破壊したり、次のターンまで除外するなどと言った手段を使いつつ、コチラは「占い魔女 アンちゃん」デッキの魔法使いを除外「占い魔女 フウちゃん」除外された魔法使い族を回収しアドバンテージを稼いだり、「占い魔女 チーちゃん」でドローした「占い魔女」を特殊召喚したりして行く戦法を取ります!

ただこれだけでは攻撃力0のモンスターが並ぶだけで、相手にダメージを与えることが出来ないので、開運ミラクルストーン」「占い魔女」を強化しつつ効果でドローし「占い魔女」を共通効果で特殊召喚し占い魔女 エンちゃん」「占い魔女 スィーちゃん」で相手のカードを破壊したり除外したりして、相手の場を開けてダメージを与えて行く形になります。

戦術をまとめると、共通効果で特殊召喚し、「占い魔女」を展開し、開運ミラクルストーン」で強化し戦って行くのが「占い魔女」の大まかな動きとなります!

スポンサーリンク

「占い魔女」まとめ!課題は?

遊戯王5Dsでカーリーが使うテーマである「占い魔女」ですが、結論から言えば面白いものの攻撃力が0であることや開運ミラクルストーン」に依存しているが故に引けなかった時やアニメみたいに破壊された時に悲惨なことになりそうな感じが否めません「汗」

もし「占い魔女」を採用する場合、純構築ではなく混合テーマでの運用が主になってきそうです。

とは言え、まだ判明していないカードも多いので今後に期待大です!!