「運命のウラドラ」の効果考察!相性の良いカードと評価は?

先日発売した基本パック バトル・オブ・カオスにはノーマルレアカードとして「運命のウラドラ」が収録されました。

そこで今回は「運命のウラドラ」の効果を考察し、相性の良いカード等を紹介していきたいと思います。

「運命のウラドラ」の効果考察!

運命のウラドラ

「運命のウラドラ」は効果を1つ持つ通常魔法カードです。

1000ライフをコストに発動でき、自分フィールドのモンスター1体の攻撃力を次の相手エンドフェイズまで1000強化し、そのモンスターが相手モンスターを戦闘破壊した時に追加効果を発動できるというものです。

追加効果というのは自分のデッキの一番下のカードを互いに確認してデッキの一番上または一番下に戻す。

確認したカードがドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターのいずれかであった場合その攻撃力1000につき1枚ドローし、自分のライフをドローした数×1000回復するというものです。

基本的に追加効果の使用を目的にこのカードを使うことになるため、まずはこのカードの効果で攻撃力を1000上昇させた自分のモンスターで相手モンスターを戦闘破壊する必要があります。

1000という強化値は大きいので、エース級のモンスターを強化できれば相手モンスターを戦闘破壊できる状況は多いでしょう。

また追加効果のトリガーはこのカードの効果で攻撃力を強化したモンスターが相手モンスターを戦闘破壊した時であり回数制限は無いため、連続攻撃や全体攻撃効果を持つモンスターを強化して相手モンスター複数体を戦闘破壊できたならその度に追加効果の使用が出来ます。

このカードの最も重要なポイントである追加効果についてですが、前提として確認したデッキボトムのカードがドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターでなくてもそのカードをデッキトップに置くかそのままデッキボトムに戻すかどちらかを選べます。

確認したカードが有用な効果を持っていたりサーチが難しい魔法・罠カード等であれば、デッキトップに置き次のドローカードにするという使い方も十分視野に入るでしょう。

確認したデッキボトムのカードがドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターであった場合ですが、そのカードをデッキトップあるいはデッキボトムに戻した後で攻撃力に応じたドローとドロー枚数に応じた回復が出来ます。

攻撃力1000以上のドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターをデッキトップに置けばその後のドローにより実質的なサーチが可能な上にライフ回復まで出来るのはもちろんのこと、攻撃力が1000以上ではあるものの別に手札に引き込みたくはないのであればそのままデッキボトムに戻してドローと回復をすることも出来ます。

デッキボトムのドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターの攻撃力が高いほどドロー枚数とそれに応じたライフ回復数値が上がるため、デッキの構築次第では3枚ドローや4枚ドローも可能です。

ドロー枚数は攻撃力1000につき1枚ですので、デッキボトムのカードがドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターであっても、その攻撃力が1000未満であれば該当種族以外のカードを確認した場合と同様にそのカードをデッキトップかデッキボトムに戻すだけに終わってしまう点は要注意です。

スポンサーリンク

「運命のウラドラ」と相性の良いカードを紹介!

「亡龍の戦慄-デストルドー」


遊戯王 20TH-JPC86 亡龍の戦慄-デストルドー (日本語版 ウルトラレア) 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION

ライフコストこそ重いものの比較的容易に自己特殊召喚でき、フィールドから離れた場合にデッキボトムに戻るドラゴン族モンスターであるため「運命のウラドラ」の追加効果を確実に使っていけます。

このカードを活用して展開したエース級のモンスターを「運命のウラドラ」で強化し、相手モンスターを戦闘破壊することで「亡龍の戦慄-デストルドー」を手札に加えるか「亡龍の戦慄-デストルドー」をデッキボトムに置いたまま1枚ドローと1000回復が狙えます。

ドロー枚数自体は1枚と少ないものの、ライフコストとして払った分は回復出来ているため実質的にモンスターを強化しつつも11の手札交換をしたようなものです。

このカードがデッキボトムに戻った後に、更なる展開をしようとしてサーチやリクルート効果を使うとデッキがシャッフルされてしまう点は要注意です。

「黒衣竜アルビオン」


遊戯王 DAMA-JP008 黒衣竜アルビオン (日本語版 レア) ドーン・オブ・マジェスティ

「アルバスの落胤」または「烙印」魔法・罠カードをデッキから墓地へ送ることで手札・墓地の自身をデッキボトムに戻せるドラゴン族モンスターです。

このカードの攻撃力は2500あるため、その後の運用で「運命のウラドラ」を成功させれば2枚ドロー&2000回復が出来ます。

「究極伝導恐獣」


遊戯王 日本語版 SR04-JP001 Ultimate Conductor Tyranno 究極伝導恐獣 (ウルトラレア)

高い攻撃力と全体攻撃が出来ることが特に強力な最上級モンスターであり、このカードを「運命のウラドラ」で強化すれば攻撃力4500で全体攻撃できる上にモンスターを戦闘破壊する度に「運命のウラドラ」の追加効果を使っていけます。

このカードを無理なく採用できているということはある程度恐竜族モンスターを採用しているデッキということですので、「運命のウラドラ」の追加効果でドローと回復ができる可能性も十分あります。

「終焉龍 カオス・エンペラー」


遊戯王 LVP3-JP005 終焉龍 カオス・エンペラー (レア 日本語版) リンク・ヴレインズ・パック3

自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを除外して特殊召喚でき、特殊召喚した自身はフィールを離れた場合デッキボトムに戻ります。

特殊召喚したこのカードの効果を使ったりリンク素材などに使うことで自身をデッキボトムに戻し、その後「運命のウラドラ」を成功させれば3枚ドロー&3000回復が狙えます。

「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード」


遊戯王 LGB1-JP033 覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン-オーバーロード (日本語版 ウルトラレア) LEGENDARY GOLD BOX

「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」に重ねてエクシーズ召喚すれば攻撃力30003回攻撃できるモンスターとなるため、「運命のウラドラ」と併せれば攻撃力40003回攻撃に加えてモンスターを戦闘破壊する度に追加効果でアドバンテージ獲得を図れます。

ドラゴン族レベル7モンスター2体で出せる「覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン」をエクシーズ召喚出来ていることから、ある程度デッキに最上級ドラゴン族モンスターが採用されているはずなので「運命のウラドラ」の追加効果で複数枚のドローと大量回復することも期待できます。

ただ攻撃力40003回攻撃ということもあり、「運命のウラドラ」の追加効果を使わずともそのターン中の攻撃でデュエルが決まってしまうケースもあり得ます。

「運命のウラドラ」の評価は?まとめ!

「運命のウラドラ」の追加効果でのドローと回復を狙うにはある程度採用できるデッキが限られますが、上記で紹介したようなデッキボトム操作カードと併せれば大きなアドバンテージを稼ぎやすいですし、仮に成功せずとも攻撃力1000強化カードかつモンスターを戦闘破壊できればデッキボトムのカードを確認してデッキトップに移動するかそのままデッキボトムにしておくかを選べるため手札で腐るということはあまり無いでしょう。

以上のことを踏まえると、上手くいった時のリターンは大きいものの失敗した時の損失はそこまで大きくならないという、ユニークな効果でありながらも比較的使いやすいカードと評価できます。


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1763

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする