遊戯王!強化されたアンデット族デッキレシピの紹介!ストラクチャーデッキR アンデットワールドで大幅に強化さされたアンデット族達が大暴れ!




真紅眼の不屍竜

遊戯王ストラクチャーデッキRからアンデットワールドが登場しアンデット族は大幅に強化され強力なデッキになりましたね!

アンデットワールドといえば元々強力なフィールド魔法でしたが、今回のストラクチャーデッキRでより強力な新規カード達が増え、ゾンビ軍団が大暴れします!

今後もしかしたら大会環境にも食い込めるのでは無いかと個人的には考えております!

10月の禁止、制限改訂で環境が変わった今、アンデット族はかつてのように環境に食い込めたらいいですね!

今回はストラクチャーデッキR アンデットワールド強化デッキレシピの紹介と行きます!

デッキレシピ

モンスター

死霊王ドーハスーラ×2

・屍界のバンシー×3

・タツネクロ×1

・グローアップ・ブルーム×1

・シノビネクロ×2

・ユニゾンビ×3

・妖刀−不知火×1

・不知火の隠者×3

・ゾンビマスター×2

・馬頭鬼×3

・牛頭鬼×2

・灰流うらら×2

魔法

・アンデットワールド×3

・アンデットネクロナイズ×3

・生者の書−禁断の呪術×2

・ブラックホール×1

・ハーピィの羽根帚×1

・おろかな埋葬×1

・無限泡影×3

エクストラデッキ

・炎神−不知火×1

・PSYフレームロード・Ω×1

・クリスタルウイングシンクロドラゴン×1

・戦神−不知火×1

・妖神−不知火×1「サーベジ・ストライクで収録」

・真紅眼の不屍竜×1

・デスカイザードラゴン×1

・刀神−不知火×1

・交血鬼-ヴァンパイア・シェリダン×1

・ヴァレルロード・ドラゴン×1

・鎖蛇龍−スカルデッド×1

・麗神−不知火×1「サーベジ・ストライクで収録」

・トロイメア・ゴブリン×1

・トロイメアフェニックス×1

・ヴァンパイアサッカー×1

・水晶機巧−ハリファイバー×1

カード解説

死霊王 ドーハスーラ

死霊王ドーハスーラ

ストラクチャーデッキRで新規収録された、強力なアンデット族モンスターでアンデット族の効果に対してこのカードの効果が反応する効果を持っております!

又墓地からの特殊召喚条件も緩く、アンデット族は墓地に落ちやすいのでこのカードを簡単に落とす事ができます!

基本的にアンデットワールドありきな点とフィールドに1体入ればいいので場合によっては採用枚数を1枚にしてしまっても問題ないモンスターです!

屍界のバンシー

屍界のバンシー

こちらも新規の収録されたアンデット族モンスターでキーカードであるアンデットワールドを効果の対象と効果から守ることの出来る効果を持っております!

しかしこのカード自体に耐性はなく、真っ先に破壊される事が予測されるモンスターなのでどちらかというと後半の方の効果が重要になってきます!

フィールド、墓地にいるこのカードを除外する事でデッキからアンデットワールドを発動できる効果を持っており、この効果は相手ターンでも発動できるので、相手の動きにチェーンして妨害と言った動きも可能となっております!

タツネクロ

タツネクロ

効果は本家のたつのこの効果と類似しており、手札のアンデット族をシンクロ素材に使うこともできます!

除外されてしまう効果もアンデット・ネクロナイズでデッキに戻しつつ、アンデット・ネクロナイズを再利用できるのでデメリットはそこまで気にはならないと思います!

グローアップ・ブルーム

グローアップ・ブルーム

グローアップ・バルブのアンデット版と言えるカードで墓地に送られた際にレベル5以上のモンスターを墓地に送ることができ、アンデットワールドが存在すれば代わりに特殊召喚する事ができます!

ユニゾンビ牛頭鬼から簡単に墓地に送ることができ、効果が発動しやすい点と、グローアップ・バルブ同様なチューナーなので、シンクロ素材にしたり、リンク素材にしたりと効果の発動がしやすいモンスターとなっております!

このデッキの墓地に送れるモンスターは死霊王ドーハスーラのみで、1回効果を適用できてしまえば、いい点とレベルの関係上採用は1枚!

シノビネクロ

シノビネクロ

Vジャンプで登場したアンデット族でここのデッキ相性の良いモンスターです!

1ターンに1度しか使えないものの、墓地からアンデット族が特殊召喚された際に、手札を入れ替えるドロー効果はアンデット族と非常に相性が良いです!

またこのカードが墓地で除外された際に特殊召喚する事ができます!

このデッキでは主に不知火シンクロモンスターのコストとして除外し、このカードを特殊召喚する事になるでしょう!

戦神−不知火の効果で除外すれば、このカードを特殊召喚でき、攻撃力の上がった戦神−不知火で攻撃後、このカードと戦神−不知火をシンクロ素材にすれば炎神−不知火のシンクロ召喚に繋げると言った動きも可能です!

妖刀-不知火

妖刀−不知火

墓地のこのカードとアンデット族を除外する事で、アンデット族シンクロモンスターを特殊召喚召喚することができます!

この効果で特殊召喚するモンスターは素材指定を無視する事ができるので、アンデットワールドと相性のいいデスカイザードラゴンを特殊召喚する事ができます!

注意点としてはあくまでもシンクロ召喚でなく特殊召喚になる為、特殊召喚したアンデット族シンクロモンスターは蘇生制限を満たすことができないので、そこの点は注意が必要です!

炎神-不知火

炎神−不知火

レベル10のアンデット族シンクロモンスターで特殊召喚成功時に除外されているアンデット族シンクロモンスターを任意エクストラデッキに戻す事で戻した分相手のカードを破壊できる効果を持っております!

妖刀−不知火を使い、戦神−不知火を除外し特殊召喚すればとりあえず1枚は相手のカードを破壊する事ができます!

使う用途はやや限られては来ますがら盤面的に相手のカードを破壊したい時や、除外したシンクロアンデット族をエクストラデッキに戻せる効果は役に立つ場面があるので今回採用!

戦神-不知火

戦神−不知火

特殊召喚時に墓地のアンデット族を除外する事で除外した、アンデット族の元々の攻撃力分アップする事ができます!

除外するモンスターによっては高火力を期待できるかつ、除外効果もアンデット・ネクロナイズシノビネクロを活かす事ができ、このデッキとは高相性と言えます!

またこのモンスターが破壊された場合も除外されている守備力0アンデット族モンスターを墓地に戻せる点も優秀なモンスターです!

妖神−不知火

シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/アンデット族/攻2100/守   0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分は「妖神-不知火」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
モンスター1体を選んで除外する。
その後、その種類によって、以下の効果をそれぞれ適用できる。
●アンデット族:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は300アップする。
●炎属性:フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。
●S:フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

次に発売するサーベジ・ストライクで登場する新規不知火モンスターで墓地の除外するモンスターによって適用する効果が変わると言ったモンスターです!

アンデット族を除外した時の効果は300アップと上昇値が低いためできれば、全ての効果を適用できるモンスターを除外し効果を適用したいところです!

不知火モンスターを除外すれば最低でも2つの効果を適用する事ができます!

効果自体はそこまで強力ではありませんが、このデッキでは、アンデット族しか特殊召喚できないと言うデメリットを持つカードが何枚か採用されている為の、アンデット族の奇数シンクロモンスターとしては採用!

真紅眼の不屍竜

真紅眼の不屍竜

ストラクチャーデッキR アンデットワールドの表紙のモンスターで、お互いの墓地のアンデット族の数×100攻撃力、守備力が上がる効果とアンデット族のが破壊された場合にアンデット族を特殊召喚する事ができる効果を持っております!

自分のアンデット族が破壊されれば後続のを

相手のアンデット族を破壊すれば追撃

など、基本的にアンデットワールドありきの効果ですが、アンデットワールドと相性が良く強力な効果を持っております!

デスカイザー・ドラゴン

デスカイザードラゴン

アンデットワールドと相性の良いシンクロモンスターでレベルも6と非常に出しやすいレベルなのも嬉しいですね!

このデッキでは基本的に妖刀−不知火を使って特殊召喚をしていきます!

アンデットワールド適用化で相手のモンスターを奪った後は、即座にリンク素材にしてしまうか、奪ったモンスターのレベルを6扱いにできる

交血鬼-ヴァンパイア・シェリダンのエクシーズ素材にするといいでしょう!

刀神-不知火

刀神−不知火

レベル6で素材指定の緩いアンデット族モンスターで、除外されているアンデット族をデッキに戻すことで除外したアンデット族モンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つモンスターを全て守備表示にする事ができます!

この効果は攻撃力が高く守備力が低いモンスターには通用しない事が多々あり、力不足な点がありどちらかと言うとアンデット族シンクロモンスターという点で今回採用されました!

妖刀−不知火と組み合わせれば、レベル8である戦神−不知火をシンクロ召喚できるかつ、効果で除外されれば相手のモンスター1体の攻撃力を500下げることができます!

表示変更効果はいざという時に役に立つので覚えておくといいでしょう!

麗神−不知火

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/アンデット族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/下】
アンデット族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのSモンスターは効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の炎属性モンスターは戦闘では破壊されない。
(3):相手ターンに、除外されている自分のアンデット族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

こちらは次のパックである、サーベジ・ストライクで登場する不知火リンクモンスターで素材はアンデット族2体以上と言う緩い指定で出すことのできるモンスターです!

シンクロモンスターを効果の破壊から守ることができ、炎属性を戦闘の破壊から守ることができます!

戦闘で守れるのはこのカードも含んでおり、不知火シンクロモンスターの場合、効果の破壊と戦闘によると破壊両方から守ることができます!

また相手のターンに除外されているアンデット族シンクロモンスターをリンクマーカーの位置に特殊召喚できたりとアンデット族を使うのであれば汎用性が高く優秀なモンスターです!

アンデットワールド

アンデットワールド

このデッキの主役カードでこのカードがないと半分以上はこのデッキが機能しないくらい重要なカードです!

アンデット・ネクロナイズ

アンデット・ネクロナイズ

ストラクチャーデッキR アンデットワールドから登場した新規魔法カードで、レベル5以上のアンデット族が存在する場合に発動できます!

発動条件は比較的に達成しやすく、コントロールを奪える上、除外されているアンデット族をデッキに戻せば、再び使えたりと非常に強力な魔法カードです!

デッキの回し方

アンデットワールド

このデッキでは、アンデットワールドに依存しているカードが多い為、とにかくアンデットワールドを早い段階で発動する必要があります!

アンデットワールド発動後は、死霊王ドーハスーラやシンクロ召喚、リンク召喚を駆使していき、盤面を制圧します!

アンデット族は墓地肥やしと墓地蘇生が豊富な上、このデッキでは除外されたアンデット族の再利用にも長けている為、非常に制圧力と展開力が高いデッキとなっております!

改造するなら?

ヴァンパイア・フロイライン

改造するならこのデッキに採用されているカードの枚数を増減してみてもいいでしょう!

例えばですが、死霊王 ドーハスーラは1枚でも機能するので枚数を1枚に抑えてみたり、

アンデットワールドの登場で高騰気味のヴァンパイア・フロイラインを入れることで戦闘補助を行う事ができたりするので、予算に余裕があれば是非投入を検討してみてもいいでしょう!

灰流うららに関しては、アンデット族であり、火属性なのでこのデッキと相性抜群ですが予算的に厳しければ、他のアンデット族モンスターに変更してしまっても問題はありません!

まとめ

真紅眼の不屍竜

今回はストラクチャーデッキR アンデットワールドの強化デッキの紹介でした!

今回発売したアンデットワールドは強力なアンデット族が多く、デッキの内容も必須レベルのアンデット族が多く採用されており、これを3つ買うだけでも十分なほど強力なデッキとなっております!

アンデット族の長所としては、墓地肥やしと蘇生手段が豊富な点とサポートカードが多く、様々なデッキを組むことにも長けておりカスタマイズ性が高いのも嬉しいところでございます!

皆さんも是非自分だけのアンデット族デッキを組んで遊んでみてください!

アンデットワールド3箱デッキレシピはコチラ↓

遊戯王ストラクチャーデッキRから話題のアンデットワールドの収録リストがすべて判明しました! 今回のストラクチャ...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする