「揚陸群艦アンブロエール」登場!相性の良いカードなどの考案と考察汎用リンク4モンスターの登場か!?

1月14日に発売のダークネオストームから新たなリンク4モンスターが登場しました。

今回のリンクモンスターは効果がなかなか優秀で汎用リンク4モンスターになるのではないのかと個人的に感じております!

リンク素材の条件も緩く今後色んなデッキの採用が見込めそうです。

早速効果の方を見ていきたいと思います。

「揚陸群艦アンブロエール」の効果の紹介

リンク・効果モンスター
リンク4/炎属性/機械族/攻2600
【リンクマーカー:左/右/下/右下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、お互いの墓地のリンクモンスターの数×200アップする。
(2):このカードが破壊された場合、自分または相手の墓地のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードが墓地に存在し、フィールドのリンク3以下のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

リンクは4で召喚条件は効果モンスター2体以上でマーカの向きは左/右/下/右下エクストラモンスターゾーンでもメインモンスターゾーンどちらでも力を発揮できます。

召喚条件も効果モンスター2体以上と非常に緩いのもこのカードの魅力です!

効果は3つあり1つ目がお互いの墓地のリンクモンスターの数×200アップします。

このカードをリンク召喚する際にリンクモンスターを経由していけば最低でも200の攻撃力上昇が見込めます。

転生炎獣ヒートライオ

また相手のリンクモンスターの数も参照に出来るので「転生炎獣」などのリンク召喚を多用するデッキが相手ならこのカードの攻撃力上昇はかなり大きな数値を見込めるでしょう。

元の攻撃力も2600と決して低いわけでないのも嬉しいです。

2つ目の効果はこのカードが破壊された場合に発動できる効果で、自分または相手の墓地のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる効果でそのモンスターを自分フィールドに特殊召喚すると言った効果です。

このカードをリンク召喚するためにリンク3以下のモンスターを経由しこのモンスターを特殊召喚できれば墓地にリンクモンスターを確保できるので特殊召喚の後続を準備できます。

また相手依存にはなるものの相手のレベル3以下のリンクモンスターも特殊召喚できるので今後このカードを警戒した環境が無くもなさそうですね。

3つ目の効果はこのカードが墓地に存在する時に発動できる効果で、フィールドのリンク3以下のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる効果でフィールドのカード1枚を選んで破壊する効果です。

3つ目の効果は2つ目の効果と相性が良く2つ目の効果で特殊召喚したリンクモンスターが破壊された場合に発動できるので無駄がありません。

しかし2つ目の効果にも言えることですが、バウンスと除外には対応していない弱点はあります。

「揚陸群艦アンブロエール」と相性の良いカードは?

轟雷帝ザボルグ

スポンサーリンク

「轟雷帝ザボルグ」

このカードで墓地に送るカードを全てリンクモンスターにすれば最大で3200の攻撃力の上昇が見込めます。

一緒に採用できるかは別としてもロマンは十分にあるかと思います。

転生炎獣ヒートライオ

転生炎獣リンクモンスター

「転生炎獣」はその特性上連続でリンク召喚を行う為リンクモンスターが墓地に貯めやすく「揚陸群艦アンブロエール」の効果の発動条件を満たしやすい上、炎属性という点でもサポートを共有しやすく、一部「転生炎獣」が持つデメリットである「このターン炎属性しか特殊召喚出来ない」と言うデメリットにも引っかかりません。

リンク4枠として十分採用する価値のあるモンスターだと思います。

リミッター解除

「リミッター解除」

「揚陸群艦アンブロエール」は機械属なのでこのカードのデメリットで破壊されても、後続を準備することが出来ます。

 

Twitterの反応は?

「揚陸群艦アンブロエール」は汎用リンク4モンスター?

結論から言えば個人的には汎用リンク4モンスターだと思います。

召喚条件も効果モンスター2体と召喚条件が緩く効果も他の汎用リンク4モンスターと差別化が測れるため場合によってはコチラを採用すると言った選択肢も十分にありだと思います。

今後このカードを多く見かけることになるかと思います。

後はレアリティ次第では値段の方も高く付くのではないかと思います。

個人的には是非1枚は確保しておきたいリンクモンスターだと思います!