「幻魔帝トリロジーグ」の考察と考案をし、相性の良いカードやロマンカードなのかの評価もしていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレミアムパック2019に、漫画版遊戯王ARCVに登場した融合モンスター「幻魔帝トリロジーグ」が収録されました。

久々に登場した融合素材を3体要求する融合モンスターですし、今回はそんな「幻魔帝トリロジーグ」について紹介していきます。

伝説の幻魔の力が漫画で復活!?「幻魔帝トリロジーグ」の考察と考案!

幻魔帝トリロジーグ

レベル10の闇属性・悪魔族の融合モンスターで、攻守は4000です。

融合素材レベル10モンスター3体になります。

自身が特殊召喚された場合、もしくはこのカードがフィールドに存在する状態で自分フィールドにこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合、相手フィールドのモンスター1体を対象にしてそのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える効果を持ちます。

属性と種族からサポートカードは存在し、攻守も4000と打点としても壁としても活躍できるステータスをしています。

レベル10モンスター3体というほぼエクシーズモンスターのような素材ですが、やはりエクシーズ召喚との違いは融合魔法が必要な点と素材をフィールドに揃える必要がないということになります。

普通に考えれば実質消費枚数が4であり最上級モンスターが3体必要という非常に重い素材になります。

採用できるデッキは自ずと限られるうえに、消費を少なくする場合は更に工夫が要ります。

効果ですが、自身もしくは自身以外のモンスターが自分フィールドに特殊召喚された場合に効果ダメージを与える効果です。

条件が融合召喚ではないためエクストラデッキから直接特殊召喚したり蘇生制限を満たせば蘇生時にも発動します。

とはいえカード名ターン1効果でもありますので、この効果を複数回使いたいという場合には相手ターン中に自分のモンスターを特殊召喚する方法を用意しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

「幻魔帝トリロジーグ」と相性の良いカードは?

デビル・フランケン

「デビル・フランケン」

5000ライフポイントを払うことでエクストラデッキから融合モンスター1体を特殊召喚できる下級モンスターです。

ライフさえ払えれば「幻魔帝トリロジーグ」の要求素材の重さを完全に無視できるため相性が良いです。

スポンサーリンク

ライフを5000も払うだけあり、蘇生制限を満たせていないというくらいしか制約が無いので「幻魔帝トリロジーグ」の効果を使って効果ダメージを与えたり攻撃力4000で攻撃することが可能です。

「デビル・フランケン」を主軸にしたデッキであればライフコストを踏み倒すことも狙えますが、その場合他にも候補があるので「幻魔帝トリロジーグ」の効果ダメージで確実に相手のライフを0に出来るという状況ならフィニッシャーとなれます。

妖精伝姫-シラユキ

「妖精伝姫-シラユキ」

召喚・特殊召喚成功時に相手モンスター1体を裏側守備表示に出来る効果、自身が墓地に存在する場合に手札・フィールド・墓地からこのカード以外のカードを7枚除外することで自己蘇生できる効果を持っています。

このカードの自己蘇生効果はフリーチェーンで発動できるので、「幻魔帝トリロジーグ」がフィールドに存在する場合に相手ターン中に自己蘇生することで効果ダメージを更に狙えます。

攻撃力1850あるので準アタッカーとして使えますし、レベルが4なのでランク4エクシーズ召喚の素材にも使えたりと腐りにくいカードです。

未来融合-フューチャー・フュージョン

「未来融合-フューチャー・フュージョン」

発動からターン数がかかるものの、デッキから融合素材を選んで墓地へ送ることで融合召喚できる永続魔法カードです。

当然デッキにレベル10モンスターを複数体採用していなければならないので、「列車」「時戒神」等のデッキなら無理なく投入することが出来ます。

また発動後1回目のスタンバイフェイズ時ではありますが、融合召喚先に「幻魔帝トリロジーグ」を選ぶことによってデッキからレベル10モンスター3体を墓地へ送れるという意味での利点もあります。

この墓地肥やしとしての機能を使えば「ラーの翼神竜-不死鳥」を墓地へ送ったり、「三幻神」との組み合わせも現実的だと思われます。

スポンサーリンク

素材がかなり重いけど「幻魔帝トリロジーグ」の評価は?

総合評価としては、大抵の状況では召喚条件に割に合う活躍は期待できないロマンカードになります。

用途も採用できるデッキも少ないですが、前述したように「未来融合-フューチャー・フュージョン」「三幻神」を墓地に送れるといったこのカードならではの使い方もありますので全く使えないカードではありません。

ファンデッキという意味では使い道を模索するのも楽しいので、相性の良いカードや「幻魔帝トリロジーグ」を活かせるコンボを考えてみるの良いかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする