新たに登場する「TG」テーマ強化カード「TG ギア・ゾンビ」の考察と考案、評価をします!




2019518日発売予定のコレクションパック-革命の決闘者編-にTGテーマの強化カードとしてTG ギア・ゾンビ」が収録されます。

アニメ遊戯王5D’sには出ていたものの今回やっとカード化したということで、TG ギア・ゾンビ」について考えていきます。

アニメに登場していた「TG ギア・ゾンビ」のカード化した性能の考察と考案!

チューナー・効果モンスター 星1/闇属性/アンデット族/攻 600/守 0

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、対象のモンスターの攻撃力を1000ダウンする。

レベル1の闇属性・アンデット族チューナーモンスターで、攻撃力は600守備力は0です。

カード名ターン1効果で、自分フィールドの「TG」モンスター1体を対象として発動でき、このカードを手札から特殊召喚しその後対象のモンスターの攻撃力を1000ダウンさせます。

レベルや属性、種族からしても扱いやすいステータスをしているチューナーです。

またTGモンスターであるためサーチする手段も他にあるということも評価できると思います。

TG スクリューサーペント

自分フィールドのTGモンスター1体を対象にし、手札から自身を特殊召喚して対象にしたモンスターを弱体化させます。

使いやすいステータスな上に自分フィールドにTGモンスターが1体でもいれば手札から自己特殊召喚できるため展開力の助けにもなります。

激流葬

対象にしたTGモンスターの攻撃力を下げる効果が特殊召喚したその後に発動しますので、「激流葬」等の召喚に反応する罠カードはタイミングを逃すことは覚えておきましょう。

スポンサーリンク

TG レシプロ・ドラゴン・フライ

レベル1のチューナーですので、TGにおいてはレベル4の非チューナーレベル5TG」シンクロに繋げたりレベル1の非チューナーと併せてレベル2の「TG レシプロ・ドラゴン・フライ」のシンクロ召喚が出来ます。

TG トライデント・ランチャー

またこのカードが自己特殊召喚効果持ちのチューナーである利点は他にもあり、TG トライデント・ランチャー」をリンク召喚するために相性が良い「水晶機巧-ハリファイバー」のリンク素材としても有用となります。

TG ハルバード・キャノン

TG トライデント・ランチャー」「水晶機巧-ハリファイバー」TG スター・ガーディアン」を採用した10期対応版TGデッキでは手札のTGモンスター3体からTG ハルバート・キャノン」もしくは相手ターン中にデルタアクセルシンクロが出来るコンボが存在しますが、比較的容易に自己特殊召喚が出来るTG ギア・ゾンビ」は最初の3体のTGモンスターの選択肢を広げることに繋がりますのでよりこのコンボがしやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

またコチラの記事では10期対応版「TG」デッキのデッキレシピを当サイトで紹介しております。

サベージ・ストライクからアニメ遊戯王5Dsからアンチノミーことブルーノの使うシンクロテーマ TG「テック ジーナス」の新規モン...

「TG ギア・ゾンビ」と相性の良いカードは?

「ゴブリンゾンビ」

ゴブリンゾンビ

フィールドから墓地へ送られた場合にデッキから守備力1200以下のアンデット族モンスターをサーチする効果を持つ下級モンスターです。

フィールドから墓地へ送られれば方法は何でもよく、シンクロ素材やリンク素材等に使って能動的にサーチ効果を発動させればTG ギア・ゾンビ」をサーチできます。

このカードに召喚権を使ったとしてもTG ギア・ゾンビ」は自己特殊召喚効果を持っているためアドバンテージを稼ぎやすいです。

このカードでサーチできるTGモンスターは現状判明している中ではTG ギア・ゾンビ」のみなので他に守備力の低いアンデット族モンスターを採用していない場合は腐る可能性がある点に注意しましょう。

今回のパックに収録されるかは分かりませんがTG メタル・スケルトン」がカード化すればあちらのサーチ先としても使えるので採用する価値が上がるでしょう。

スポンサーリンク

「悪夢再び」

悪夢再び

墓地の守備力0の闇属性モンスター2体を手札に加える通常魔法カードです。

TGではTG ギア・ゾンビ」の他に自己特殊召喚効果を持つTG ワーウルフ」もいるため一緒にサルベージすることが出来ます。

前述もしたカード化するか分からないカードのTG メタル・スケルトン」もステータスが変わらずにカード化すればサルベージ先として選べるので採用を更に前向きに検討出来ます。

スポンサーリンク

TG1EM1

TG1-EM1

相手フィールド上のモンスター1体と自分フィールドのTGモンスター1体のコントロールを入れ替える通常罠カードです。

TGテーマはシンクロテーマであるため、メインデッキのモンスターの攻守はそこまで高くありません。

そのためTG ギア・ゾンビ」の自己特殊召喚効果を使えば、対象にしたモンスターの攻撃力が0になることも珍しくありません。

そこでこのカードを使い、弱体化したTGモンスターを相手に押し付けることで大量の戦闘ダメージを狙いに行くことが出来ます。

コントロールを入れ替えるモンスターは自分が決められる上にコントロール奪取に制限も特にないため、そのまま使い続けたり各種召喚方法の素材に使うかは自由な点も強力です。

スポンサーリンク

「TGギア・ゾンビ」の評価は?

「ゲームに没頭しすぎて日常生活に支障が出そうな男性」[モデル:段田隼人]

かなりカード化するのが遅かったカードであり、昨今の環境を考えると性能がやや物足りなく思う人もいるかと思います。

しかしながら少なくともTGでは自己特殊召喚効果を持つレベル1チューナーはこのカードが初ですので、デッキの戦略の幅は確実に広がりました。

ステータスからも恩恵を受けられるサポートカードは多いので、TGデッキなら1枚は採用した方が良いほど優秀な性能を持つカードという評価が出来ます。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ COLLECTION PACK 革命の決闘者編 BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする