遊戯王の「天気」テーマに新規カードが登場!「天気」デッキの組み方や回し方、相性の良いカードを紹介して新カードが強いのか評価します!

2019112日発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストーム「天気」テーマの強化カードが収録されることが公式から発表されました。

デッキビルドパック スピリット・ウォリアーズで初登場したテーマの「天気」ですが、今回はそんな「天気」デッキについて紹介していきます。

「天気」デッキの組み方と回し方を解説

雪天気シエル

まず「天気」テーマの特徴について簡単におさらいします。

「天気」モンスターは「天気」カードの効果を発動するために除外された場合、次のスタンバイフェイズに自身を特殊召喚する共通効果を持ちます。

曇りの天気模様

そして「天気」専用サポートカードである永続魔法・罠カードの「天気模様」カードは、このカードの縦列とその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する「天気」モンスターに、自身を除外して発動する効果を付与するという共通効果があります。

とどのつまり、「天気模様」カードで付与した効果を使うために除外した「天気」モンスターは全て次のターンのスタンバイフェイズにフィールドに帰ってくるということです。

以上の特徴から、展開力は低いながらも長期戦に向いていて少しずつアドを稼いでいくテーマになっています。

デッキの組み方ですが、純構築にするか相性の良いカードを入れるかでそれぞれメリットとデメリットがあります。

純構築の場合は単純に手札に「天気」「天気模様」を引き込みやすいため事故率が少ないというメリットが存在します。

その反面、「天気」テーマの弱点とも言えるモンスター効果を受けないモンスターや効果発動のために「天気」モンスターを除外し隙を狙われて特殊召喚封じ効果を使われると何もできずに負けてしまうという場合があるというデメリットが存在します。

「天気」カード以外の相性の良いカードを採用すれば対応力が増すため、相手フィールドに応じた対応や長期戦になりがちな「天気」デッキでありながらも高火力で比較的早く決着をつけに行くことが出来ます。

しかし展開やサーチの要である「天気」モンスターと「天気模様」カードが揃わないという事故率が存在します。

当然事故が起こってしまった際には初動が大きく遅れることになり、相手に攻め切られてしまえば負けてしまいます。

それらを踏まえてデッキの組み方を紹介しますと、純構築の場合には「天気」カードの割合をかなり多めに取り、手札誘発効果や展開補助、妨害対策カードは必要最低限にとどめる必要があるでしょう。

それ以外の場合は後述する相性の良いカード等を検討しながら「天気」カードとの割合に気を付けながら採用していくと良いかと思います。

虹天気アルシエル

デッキの回し方ですが、「天気模様」カードで付与した効果を使って「天気」モンスターによるバウンスやサクリファイスエスケープなどをして相手の除去や攻撃をいなします。

効果を使った「天気」モンスターは次のターンには戻ってくるので、少しずつ「天気」モンスターを増やしながらバウンスをしてからの直接攻撃や制圧力の高い「虹天気アルシエル」をリンク召喚することでデュエルの流れを掴みます。

スポンサーリンク

スキルドレイン

「天気模様」カードによって付与された効果は発動コストとして除外するので、「スキルドレイン」のようにフィールドのモンスター効果を無効にする効果の適用中でも問題なく効果を発動できます。

原理としては、コストとして除外してから効果が発動するため効果処理が行われるタイミングにはすでにフィールドを離れているから、ということになります。

「天気」デッキと相性の良いカードは?

朱光の宣告者

「宣告者」モンスター

「天気」が共通ステータスで天使族なため、制圧力の底上げに使えます。「雪の天気模様」等でサーチしたが手札に余ってしまった「天気」モンスターをコストに使い、何らかの蘇生手段もあれば無駄がなく使えます。

怒炎壊獣ドゴラン

「壊獣」モンスター

「雷の天気模様」によって対応できないモンスターをリリースとして除去できる上、「雷の天気模様」を使えば手札に戻して何度でも再利用が可能になります。

真竜機兵ダースメタトロン

「真竜機兵ダースメタトロン」

召喚条件さえ整えればカード効果を受けない攻守3000のモンスターとして活躍でき、永続魔法・罠カードを使う「天気」ならリリース素材を揃えやすいです。

「天気」テーマに足りていない火力を補うという意味でもかなり相性が良いです。

熱き決闘者たち

「熱き決闘者たち」

お互いのプレイヤーは1ターンに1枚しか魔法・罠カードをセットできなくなるので、相手がセットしたカードは「雨の天気模様」の効果でバウンスすれば罠カードを完封出来ます。

相手フィールドの面倒な魔法・罠カードも攻撃を無効にする代わりに破壊できる他、エクストラデッキから出したモンスターの攻撃抑制もあるためエクストラデッキをあまり使わない「天気」デッキとの相性はかなり良いです。

「天気」デッキは新規カードで強化された?新規カードは強い?

永続罠
(1):「虹の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●相手フィールドにモンスターが存在する場合、このカードを除外して発動できる。
デッキから、このカードとカード名が異なる「天気」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はデッキからモンスターを特殊召喚できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

新規カードの「虹の天気模様」は、自身を除外してデッキから除外した「天気」モンスター以外の「天気」モンスターを特殊召喚できる効果を付与するカードです。

永続罠カードである点は「天気模様」を置く効果のある「天気」モンスターには苦にならず、デッキからの特殊召喚が出来るようになるので、除外した「天気」モンスターは帰ってきますし単純に「天気」モンスターの数を増やせます。

サーチが出来る展開力向上用カードとしてはかなり強力なカードと言えます。

皆さんも是非強化された「天気」デッキで組んで遊んでみてはいかがでしょうか?