ストラクとの相性の良さから価格高騰!?ワンキルだって狙えるシンクロモンスター「マジックテンペスター」の考察と考案!




ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-が発売し、魔力カウンターに関する効果を持ったカードが再び注目されています。

今回はそんな中でも価格が高騰し始めている「マジックテンペスター」について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の影響で高騰中!?「マジックテンペスター」の考察と考案!

マジックテンペスター

レベル6の闇属性・魔法使い族シンクロモンスターで、攻撃力は2200守備力は1400になります。

召喚条件はチューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上です。

効果は3つあり、1つ目このカードのシンクロ召喚時に自身に魔力カウンターを1つ置く効果。

2つ目1ターンに1度手札を任意の枚数墓地へ送ることでその数だけ自分フィールドの表側表示のカードに魔力カウンターを置ける効果。

3つ目フィールド上に存在する魔力カウンターをすべて取り除くことでその数×500ダメージを相手に与える効果です。

チューナー以外に魔法使い族モンスターが必要ですが、魔法使い族デッキであれば特に問題はありません。

チューナーとしては「エフェクト・ヴェーラー」等種族シナジーがある優秀なモンスターもいます。

スポンサーリンク

魔法都市エンディミオン

1の効果はシンクロ召喚時に自身に魔力カウンターを1つ置けますので、3の効果や他に自分フィールドの魔力カウンターを参照する効果に使えます。

2の効果は手札のカードを魔力カウンターに変換できるというものですが、よほど手札から墓地へ送っておきたいカードがない限りは割に合いませんので使うタイミングはよく考えましょう。

3の効果はフィールの魔力カウンターをすべて取り除くことで、その数だけ効果ダメージを与えられます。

1の効果もありますので最低でも500ダメージは狙え、相手のライフを1度で0にするには計16個の魔力カウンターが必要になります。

この効果を使ったワンキルコンボなどもありますが、必要パーツが多いため現状ではあまり現実的とは言えません。専用デッキでないならデュエル中盤以降に効果ダメージによるフィニッシャーとしての運用が主になるかと思います。

「マジックテンペスター」でワンキルが狙える相性の良いカードを紹介!

マジカル・コンダクター

「マジカル・コンダクター」

魔法カードが発動するたびに自身に魔力カウンターを2つ置く効果と、1ターンに1度自身の魔力カウンターを任意の数だけ取り除くことで取り除いた数と同じレベルを持つ魔法使い族モンスター1体を手札・墓地から特殊召喚できる効果を持つ下級モンスターです。

魔法カードが発動するたびに魔力カウンターを2個溜められる貴重なカードでもあります。

魔法カードを1枚発動してこのカードに乗った魔力カウンターを2つを取り除き、手札・墓地のレベル2魔法使い族チューナーを特殊召喚すれば「マジックテンペスター」のシンクロ素材が揃います。

とはいえ「マジックテンペスター」でワンキルを狙うなら魔法カード1枚で魔力カウンターが2つ溜められるこのカードはフィールドに残しておきたいので、シンクロ素材にするかはプレイヤー次第です。

スポンサーリンク

トゥーンのもくじ

「トゥーンのもくじ」

デッキから「トゥーン」カードをサーチできる通常魔法カードです。

同名カードをサーチすることで魔法カードの発動回数を稼げます。具体的な例を挙げると「トゥーンのもくじ」→「トゥーンのもくじ」→「トゥーンのもくじ」→「トゥーン・ワールド」の順に発動していけば4回魔法カードを発動できます。

「魔法都市エンディミオン」や前述した「マジカル・コンダクター」に複数個魔力カウンターを溜められるので、「マジックテンペスター」で与えられる効果ダメージの数値を上げられます。

シンクロキャンセル

「シンクロキャンセル」

フィールドのシンクロモンスター1体をエクストラデッキに戻し、そのモンスターのシンクロ召喚に使用したシンクロ素材モンスター一組が墓地に揃っていればその一組を自分フィールドに特殊召喚できる通常魔法カードです。

「マジックテンペスター」の効果はどれもカード名ターン1制限がないため、シンクロ召喚しなおすことで再び魔力カウンターは自身に1つ置かれますしそれを使って効果ダメージを与えることも可能です。

このカードを発動した時点で「魔法都市エンディミオン」等があれば「マジックテンペスター」で与えられるダメージも大きくなります。

スポンサーリンク

「マジックテンペスター」の現在の相場価格は?

20193月11日現在での「マジックテンペスター」相場価格450700になっております。

今後新たにコンボが発見され次第では更なる高騰もあり得ますので、使う予定があるという人は今のうちに買っておくのも手かと思います。