【遊戯王TCG】2021年7月リミットレギュレーションの感想!日本の禁止制限との相違点や類似点を考察してみた!!

 

先日遊戯王TCG(海外版の遊戯王のこと)にて20217月から適用される新リミットレギュレーションの内容が公開されました。

 

そこで今回は遊戯王TCGの新リミットレギュレーションの感想や規制改訂内容について考察をしていきたいと思います。

 

【遊戯王TCG】2021年7月のリミットレギュレーションの感想!

まず最初に規制改訂の内容を挙げていきます。

規制強化

「十二獣ドランシア」制限→禁止

「守護竜エルピィ」無制限→禁止

「幻創のミセラサウルス」無制限→制限

「ストライカー・ドラゴン」無制限→制限

 

規制緩和

EMドクロバット・ジョーカー」禁止→制限

「転生炎獣ミラージュスタリオ」禁止→制限

「閃刀起動-エンゲージ」禁止→制限

「虹彩の魔術師」制限→準制限

「継承の印」制限→無制限

 

総合的な感想としては、今回のTCGの規制改訂はOCGに近づく形の内容もありつつも緩和傾向にある、と感じました。

 

具体的な相違点と類似点については後述しますので、ここでは傾向について書いていきます。

 

今回のTCGでの規制ですが、規制強化されたカードが4種に対して規制緩和されたカード5、またその中でも禁止カード化2に対して制限復帰3となっています。

 

全体的に見ても緩和されたカードの方が多く、「サラマングレイト」「魔術師」「閃刀姫」等のテーマにとっては嬉しい内容となりました。

 

 

虹彩の魔術師

 

 

ここで1つ気になったこととして、「虹彩の魔術師」の準制限カード化が挙げられます。

 

というのも、TCGのリミットレギュレーションでは準制限カードに規制されているカードはかなり少ないからです。

 

準制限を飛ばして制限カードに規制強化されたり無制限カードに緩和されることがほとんどなため、今回の「虹彩の魔術師」の準制限カード化は運営側の慎重な判断故なのかもしれません。

 

規制強化されたカードについてですが、禁止カード化となった2種についてはOCGのリミットレギュレーションに近いため思い当たる理由も多いです。

 

しかしそれとは別にOCGでは規制を受けていないカードがTCGでは規制強化もされており、大会環境で活躍しているデッキの違いが表れています。

 

基本的にTCGの規制改訂はOCGよりも厳しい内容になりやすいため、今回のような緩和傾向にあることは比較的珍しいです。

 

今回のTCGの規制傾向については、OCGの規制内容に近づけるためであったり、新型コロナウイルスの影響による大会自粛など様々な理由が考えられるでしょう。

 

【遊戯王TCG】2021年7月のリミットレギュレーションのOCGとの類似点と相違点を考察!

十二獣ドランシア

 

 

まず類似点としては、「十二獣ドランシア」OCGでも20217月から禁止カードになる点で規制強化の時期も同じです。

 

守護竜エルピィ

 

「守護竜エルピィ」の禁止カード化についても、OCGではドラゴンリンクデッキの活躍の影響で1年以上前に禁止カードになっていました。

 

EMドクロバット・ジョーカー

 

EMドクロバット・ジョーカー」の緩和についてはOCGでも最近準制限カードに緩和されたことから同様の傾向と言えますが、TCGでのEMドクロバット・ジョーカー」は制限カードから無制限になった次の規制改訂で今度は禁止カードに規制されたという前例があります。

 

その一件から4年近くが経過しているものの、今回の制限カード化は様子見の意味合いもあるのかもしれません。

 

継承の印

 

「継承の印」の制限解除もOCGと同様の緩和です。元々はループコンボに使われることが警戒されての規制だったこともあり、「氷結界の虎王 ドゥローレン」のエラッタによりループコンボが出来なくなった以上規制する理由も特にないカードとなったのだと思われます。

 

ストライカー・ドラゴン

 

次に相違点ですが、やはり目を引くのは「幻創のミセラサウルス」「ストライカー・ドラゴン」制限カード化だと思います。どちらもOCGでは規制されていないカードですが、準制限を飛ばしての制限カード化という厳しめの規制になっています。

 

ジュラック・アウロ

 

「幻創のミセラサウルス」「ジュラック・アウロ」等とセット採用することで、レベル1チューナーを簡単にリクルート出来るカードとして使われることが懸念されたようです。

 

「ストライカー・ドラゴン」については下級ドラゴン族モンスターを手早く墓地に送る手段として使われ、「守護竜エルピィ」の禁止カード化も含めてドラゴンリンクデッキの弱体化が目的の規制強化だと思われます。

 

閃刀起動-エンゲージ

 

「転生炎獣ミラージュスタリオ」「閃刀起動-エンゲージ」については、禁止カードというOCGよりもかなり厳しい規制がされていたため、今回の緩和で制限復帰したことでようやく使用可能になりました。

 

OCGの大会環境でも好成績を残した実績のある「サラマングレイト」や「閃刀姫」が、規制緩和されたことでTCGでどのような影響を受けるのか気になる所ではあります。

 

 

またOCGでは制限カードの「虹彩の魔術師」TCGで準制限カードに緩和され、EMドクロバット・ジョーカー」の制限復帰も合わせて「魔術師」デッキにとっては追い風となるでしょう。

 

まとめ!

 

【遊戯王TCG】2021年7月のリミットレギュレーションの感想を紹介してきましたが、OCGとTCGは環境が異なりますが、今回の規制はOCGとTCGに似て似つかずといったところでしょう。

 

日本のOCG同様に、海外のTCGが今後どのような動きになるのか、注目したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す
取引実績月間15,000件以上!圧倒的な品揃え!
「カーナベル」で欲しいカードを探す