【遊戯王TCG】2021年10月のリミットレギュレーションの感想とOCGへの影響を考察!

202110月から適用される海外版の遊戯王(遊戯王TCGのリミットレギュレーションの内容が公開されました。

そこで今回は遊戯王TCG の規制改定の内容と日本版の遊戯王(遊戯王OCG)への影響について考察していきたいと思います。

【遊戯王TCG】2021年10月のリミットレギュレーションについて軽くおさらい!

規制強化

「十二獣の会局」制限カード→禁止カード

「炎舞-「天キ」」無制限→制限カード

「イーバ」無制限→制限カード

「プランキッズ・ミュー」無制限→制限カード

規制緩和

EMドクロバットジョーカー」制限カード→準制限カード

「緊急テレポート」制限カード→準制限カード

「未界域のネッシー」制限カード→準制限カード

「虹彩の魔術師」準制限カード→制限解除

以上が今回規制改定されるカード計8になります。

十二獣の会局

規制強化されるカードとしては、「十二獣」や「トライブリゲード」の弱体化のためか「十二獣の会局」は禁止カードに逆戻りし、「炎舞-「天キ」」は無制限から一気に制限カードにまで規制されました。

どちらも日本版よりも厳しい規制強化ですので、「十二獣」と「トライブリゲード」の混合構築は大きな弱体化を余儀なくされるでしょう。

イーバ

「イーバ」制限カード化は「ドライトロン」と「宣告者」の混合構築「ドライトロン宣告者」デッキの弱体化が目的かと思われます。

墓地へ送られた場合のサーチ効果でハンドアドバンテージを稼げることから「宣告者」とは特に相性が良く、デッキの妨害性能を上げてくれていました。

プランキッズ・ミュー

また「プランキッズ」デッキの大会での活躍を受けてか、「プランキッズ・ミュー」制限カードに規制されています。

「プランキッズ」デッキが手札1枚から展開できるようになったのはひとえに「プランキッズ・ミュー」のおかげですので、今回の規制は中々に痛いです。

「プランキッズ・ミュー」はコストの肩代わりにした際に除外されるため、除外された「プランキッズ・ミュー」をエクストラデッキに戻す手段を採用するなど構築の見直しが必要になるでしょう。

EMドクロバット・ジョーカー

規制緩和されるカードとしては、EMドクロバットジョーカー」「緊急テレポート」は日本と同じ準制限カードに緩和されました。

どちらも強力なカードなため今後更なる緩和があるかは分かりませんが、デッキの回転力を上げてくれるカードの採用枚数を増やせるというのは安定力の観点からも影響は大きいです。

未界域のネッシー

「未界域のネッシー」も準制限カードに緩和され、海外では特に活躍していた「未界域」が若干力を取り戻しました。

日本版では202110月から制限解除されるため、後に続く形での規制緩和と言えます。

虹彩の魔術師

「虹彩の魔術師」は制限解除であり、「魔術師」はデッキを回しやすくなりました。日本版では制限カードですので、日本版よりも緩和されたという比較的珍しいケースと言えます。

スポンサーリンク

【遊戯王TCG】2021年10月のリミットレギュレーションは今後OCGにも影響するか考察!

海外版のリミットレギュレーションは日本版のリミットレギュレーションよりも厳しい傾向がありますが、影響が全くないということはありません。

今回の規制改定でもありましたが、日本版に続く形で海外版の規制緩和がされることや、その逆に海外版に続く形で日本版の規制強化がされるというケースはいくつかあります。

このことを踏まえて、今回の海外版の規制改定が日本版に影響を与えるか考察していきます。

影響を考察するためにも日本版と海外版で規制改定が違ったカードに注目していきます。

D-HERO デストロイフェニックスガイ

「十二獣の会局」の禁止カード化と「炎舞-「天キ」」の制限カード化についてですが、昨今の日本版の大会環境でも「トライブリゲード」は度々好成績を残しています。

しかし日本版の大会環境では、「十二獣」カードを採用するよりもDHERO デストロイフェニックスガイ」の出張セットを採用した「トライブリゲード」デッキの方が主流です。

このことを踏まえると、「十二獣の会局」の規制強化に関しては日本版では考えにくいものの「炎舞-「天キ」」規制強化は日本版でも十分あり得るでしょう。

「ドライトロン宣告者」「プランキッズ」は日本版の大会環境でも好成績を残している環境デッキですので、いきなり制限カード化は厳しいとは思いますが今後の大会での活躍次第では日本版でも規制強化される可能性はあります。

規制緩和されたカードの中で日本版と海外版で特に違うのは「虹彩の魔術師」です。

「魔術師」デッキが大会環境に影響を与えることはないという判断なのかは分かりませんが、いずれにせよ海外版の「魔術師」デッキは着実と力を取り戻してきています。

日本版でも「ペンデュラム・コール」が制限解除されますし、「魔術師」関連が緩和傾向にあることは日本と海外で共通しているようです。

「虹彩の魔術師」が今後日本版でも規制緩和されるかは分かりませんが、規制緩和後の海外版の大会環境に影響が無いのであれば日本もそれに続く形で緩和する可能性は十分あります。

まとめ!

海外版と日本版ではリミットレギュレーションの内容が異なるため、それによって大会環境で活躍しているデッキのラインナップも違う部分があります。

とはいえ昨今の日本は様々なテーマデッキが活躍している群雄割拠の環境であるため、日本と海外のどちらでも活躍しているテーマデッキも比較的多くなっています。

日本と海外で共通して活躍しているテーマデッキに関する規制改定は影響を与えやすいと言えますが、実際に影響を受けるかどうかは次の規制改定内容が決まるまでの大会環境でどれくらい活躍するか次第になるでしょう。

関連記事はコチラ↓

先日2021年10月1日から適用される新しいリミットレギュレーションの内容が公開されました。 そこで今回は新リミットレ...
先日2021年10月1日から適用される新たなリミットレギュレーションの内容が公式より発表されました。 そこで今回は新リ...


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1763

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする