ライジング・ランペイジに「魂の造形家」が収録!効果の考察と相性の良いカードを紹介!こいつはやばそう!やばいって!




2019年4月13日に発売するライジング・ランペイジに「魂の造形家」が収録されることが決定しました!

今回のカードは非常にユニークでありながら面白い効果を持っております!

早速効果の方と相性の良さそうなカード達を紹介して行きたいと思います!

スポンサーリンク

「魂の造形家」の効果の考案と考察

レベル4の天使族・光属性で攻撃力は1600・守備力は2100となります。

効果はモンスターを1体リリースすることで発動できる効果で、元々の攻撃力と守備力がリリースした合計と同じカードをデッキからサーチできる効果です。

まず攻撃力と守備力を合計した数値ということで分かりにくい方も多いかと思いますので簡単に説明します。

元々の攻撃力と守備力の合計ということでまず例をあげるのであればこのカード自身をリリースしたとします。

その場合、攻撃力1600+守備力2100=3700となります。

ダーク・シムルグ

その場合攻撃力と守備力がリリースしたモンスターと合計が同じモンスターをサーチできるのでこの場合、攻撃力2700守備力1000「ダークシムルグ」をデッキからサーチすることが出来ます!

サーチ効果は非常に癖の強い効果の為、結論から言ってしまえばかなり、採用するデッキは限られてきます。

しかしステータスの似ているモンスターを複数投入しているデッキであればサーチ先には困ることは少ないでしょう。

青眼の白龍

例えば例を上げるのであれば「青眼の白龍」デッキです。

「青眼の白龍」デッキであれば攻撃力3000守備力2500の「青眼の亜白龍」が存在しますので、サーチとしての機能を問題なく果たすことが出来ます。

とは言うもののコチラはあくまでも1例に過ぎず、上記の場合「ドラゴン・目覚めの旋律」の方が効率的にサーチ出来るのも事実です。

非常に面白い効果を持つモンスターですが、効果だけ見ると自身をリリースして使うのが主な運用方法になりそうですね!

次はこのカードと相性の良いカードを紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

「魂の造形家」と相性の良いカードは?

聖刻

聖刻龍-トフェニドラゴン

サイドラ条件で特殊召喚できるので「魂の造形家」と召喚が被らず、リリースされた場合に効果を発動することができる為、比較的相性は良いです。

サーチ先は同名モンスターでも問題ないので、同名モンスターをサーチしましょう。

疾走の暗黒騎士ガイア

疾走の暗黒騎士ガイア

元々の攻撃力と守備力を参照とする為、妥協召喚したとしても問題なく「覚醒の暗黒騎士ガイア」暗黒騎士ガイアロード」をサーチすることが出来ます。

またこのカードがリリースに使われた場合、「カオスソルジャー」モンスターをサーチ出来るので2枚のサーチが可能となります。

「ダークシムルグ」

ダーク・シムルグ

先ほども解説した通り、合計が3700になるので、「魂の造形家」をコストにサーチ出来ます。

結論!使い方がかなり難しいが強そう!

今回紹介したのはまだまだ一部ですが「現時点ではこのくらいしか思いつきませんスミマソン「汗」」天使族と言うことで様々なサポートカードに恵まれている点など、もしかしたら活かせそうですね!

もしかしたら今後とんでもコンボが生まれそうなこのカード!

コンボが見つかり次第加筆して行きたいと思います1


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISING RAMPAGE BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする