プレミアムパック2019に収録される「シンクロ・トランセンド」の効果解説と相性の良いカードを大紹介!




20181222日・23日に開催されるジャンプフェスタ2019にて先行販売するプレミアムパック2019に収録されるカードがいくつか判明しました。

今回はその内の1枚である「シンクロ・トランセンド」について書いていきたいと思います。

「シンクロ・トランセンド」の効果解説

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
(1):相手フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターより1つ高いレベルを持つSモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

相手フィールドのシンクロモンスター1体を対象にし、そのモンスターよりもレベルが1つ高いシンクロモンスターをエクストラデッキから特殊召喚できるするという効果の速攻魔法です。

この効果で特殊召喚したモンスターは出したターン効果は使えないと言う制約があります。

相手フィールドにシンクロモンスターがいなければいけませんが、シンクロ素材を使わずにシンクロモンスターを出せるのは強みです。

また相手のシンクロモンスターよりもレベルが1つ高いと言う指定なので、こちらのエクストラデッキにはいろんなレベルのシンクロモンスターを入れておく必要があります。

シンクロモンスターを全く使わないデッキに対しては腐りやすいことに注意しましょう。

自分が出したモンスターはそのターン効果は使えませんが、次のターン以降や永続効果ならば制約にかかることはありません。

自分のターンに効果を発動したいモンスターを出す場合は相手ターンに発動するというのも手です。

また発動条件を満たすために自分のフィールドのシンクロモンスターをコントロール入れ替え効果等で送りつけるという選択肢も有りますが、よほどの展開力が無ければ消費が激しいものになってしまいます。

相性の良いカードは?使い方は?

PSYフレームロード・Ζ

制圧力が高いレベル79のシンクロモンスター

具体例を挙げるなら相手フィールドの特殊召喚されたモンスターと自身を一時的に除外するPSYフレームロード・Z、モンスター効果を無効にできる「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」、表側表示のカード効果を無効にできる「えん魔竜 レッド・デーモン・アビス」等です。

相手がシンクロ召喚を使う場合レベル68のシンクロモンスターを出す場合は多く、それに対して「シンクロ・トランセンド」を使った場合に必要になってくるのが先ほど挙げたレベルのシンクロモンスターです。素材を使わずに出せるということを最大限活かすなら、素材が限定されているシンクロモンスターを選択肢に入れるのも良いですが、自分のデッキで出せるモンスターの方が腐らずに済むかと思います。

また発動するタイミングは相手ターンということが前提の使い方なのでその点には気を付けましょう。

源竜星-ボウテンコウ

「源竜星-ボウテンコウ」

汎用素材で出せるレベル5シンクロチューナーモンスターです。

攻撃力が0でレベル変更効果とフィールドから離れた時にデッキから「竜星」モンスターを特殊召喚できるこのカードは相手に送り付けるなら最適のモンスターと言えます。

効果を使って「シンクロ・トランセンド」で出したいモンスターよりレベルが1つ低いレベルに変更し、後述する「強制転移」などで送り付けた後に「シンクロ・トランセンド」を使えばダメージが期待できるうえに「源竜星-ボウテンコウ」の効果で特殊召喚したモンスターで連続攻撃も可能です。

また特殊召喚時にサーチ効果もありますので蘇生したり、シンクロチューナーという利点を使ってアクセルシンクロモンスターに繋げるなど、多様な使い道がある点でも評価できます。

強制転移

「強制転移」

お互いに自分のフィールドからモンスターを選んでコントロールを入れ替える通常魔法です。

相手フィールドのモンスターが多い場合には強力なモンスターのコントロールを奪えないかもしれませんが、対象を取らない効果なため対処がしにくい点が優秀です。

このカードを使って自分フィールドのシンクロモンスターを相手に送りつけつつ、「シンクロ・トランセンド」を使って新たなシンクロモンスターを呼び出しましょう。

指定のないコントロール入れ替えなら「スウィッチヒーロー」も強力ですが、お互いのモンスターの数を同じにするという発動条件を満たす必要があるので注意しましょう。

まとめ

素材を使用せずにシンクロモンスターを特殊召喚するという効果は強力ながら、条件は厳しいためメインデッキよりもサイドデッキに入れるのが無難かと思われます。

最近は「守護竜」の登場でシンクロ召喚をせずにシンクロモンスターを出すデッキもありますので、切り返し用のカードとして投入するのも悪くないです。

用途を私なりに考えた結果、自分がシンクロデッキならばサイドデッキに入れておきたいカード、という評価になりました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする