「サプライズ・チェーン」の効果考察!相性の良いカードと評価は?【遊戯王OCG】

先日発売した基本パック ディメンション・フォースにはノーマルレアとして「サプライズ・チェーン」が収録されました。

そこで今回は「サプライズ・チェーン」の効果を考察し、相性の良いカード等について紹介していきます。

「サプライズ・チェーン」の効果考察!

サプライズ・チェーン

サプライズ・チェーン」はカード名ターン1で発動できる速攻魔法カードです。

効果についてですが、同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動していない場合にそのチェーン2以降に発動でき、発動時に積まれているチェーンの数によって3種の効果をてきようできるというものです。

2つ以上では、このカードの発動時に積まれているチェーンの数だけデッキトップからカードをめくり、好きな順番でデッキトップに戻すというものです。

チェーン2の状態でこのカードを発動しただけではデッキトップのカード2枚の確認と順番操作しか出来ませんが、一応情報アドバンテージを得ることは出来ます。

基本的には後述する3つ以上の効果と併せることで真価を発揮できる効果ですので、チェーン2の状態でこのカードを発動することはまず無いでしょう。

3つ以上では、デッキトップのカード1枚を墓地へ送るというものです。

このカードのような条件を満たしている複数の効果が適用される際には必ず上から処理することになっているため、まず2つ以上の効果でデッキトップを操作してからこの効果でデッキトップのカードを墓地へ送ることになります。

ですのでチェーンが3つ以上の状態でこのカードを発動した場合、2つ以上の効果でめくったカードの中から墓地へ送りたいものをデッキの一番上にすることになるでしょう。

当然ではありますが、墓地で発動する効果を持つカード等を選べばその後の展開などに役立てていけます。

4つ以上では、デッキから1枚ドローするというものです。

これだけ見るとただのドロー効果のようですが、上記の2つ以上と3つ以上の効果が適用された後にこの効果を処理することになるため、意味合いは大きく異なります。

この効果を適用できる時点で2つ以上の効果でデッキトップのカードを最低4枚は確認できているため、その中から3つ以上の効果で墓地へ送りたいカードを一番上に、4つ以上の効果でドローしたいカードを上から二番目にするのが主な使い方になるでしょう。

アドバンテージのより多く獲得するためにも3種全ての効果を適用することが理想的ですので、このカードの前に別のカードを発動するなどしてチェーンを3つ以上積みたい所です。

成功すれば最低でもデッキトップ4枚の中から好きなカード1枚を墓地へ送り、更に1枚を手札に加えられ、残り2枚も順番を操作出来たことになるため非常に優秀です。

ちなみにこのカードと同じくチェーンを参照する「連鎖爆撃」等と違い、このカードにはカード名ターン1制限が付いているため、同名カードを2枚使うことでチェーン数を増やすという使い方は出来ない点には注意が必要です。

「サプライズ・チェーン」と相性の良いカードは?

「積み上げる幸福」


遊戯王OCG 積み上げる幸福 DE01-JP072-N デュエリストエディション1

チェーン4以降に発動でき、2枚ドローする効果を持つ通常罠カードです。

「サプライズ・チェーン」と同じくチェーンを参照もしくはトリガーとするチェーンカードであり、他のカードでチェーンを積んでから発動することになります。

「積み上げる幸福」にチェーンして「サプライズ・チェーン」を発動すれば、2つの効果によってデッキトップから確認した5枚以上のカードの中から1枚を墓地へ、3枚を手札に加えられることになるため大きなハンドアドバンテージを稼げます。

「強欲な瓶」「八汰烏の骸」


遊戯王カード 【 八汰烏の骸 】 SD19-JP032-N 《ドラグニティ・ドライブ》

どちらも1枚ドローする効果を持つ通常罠カードです。

ドローソースという使いやすい効果に加え、フリーチェーンで発動できる罠カードである故に相手の発動した効果にチェーン発動することで、相手のカードも利用してチェーンの数を増やしていけます。

これらでチェーンの数を増やしてから「サプライズ・チェーン」をチェーン発動すれば、「サプライズ・チェーン」で確認したカードの中から手札に引き込めるカードの枚数を増やすことができます。

「ゴブリンのやりくり上手」


遊戯王カード 【 ゴブリンのやりくり上手 】 EE3-JP174-N 《エキスパートエディションVol.3》

墓地の同名カードの数+1枚ドローし、手札を1枚デッキボトムに戻す通常罠カードです。

このカードの発動にチェーンして「非常食」などを使ってコストにすれば、このカードの効果で1枚目から2枚ドローすることが狙えます。

相手の効果発動にチェーンを組んで上記の運用をすればそれだけでもチェーンが3つ積まれるため、その最後に「サプライズ・チェーン」をチェーン発動することで、「サプライズ・チェーン」3種の効果全てを使いつつも「ゴブリンのやりくり上手」による2枚ドローでハンドアドバンテージを稼げます。

「ゴブリンのやりくり上手」「非常食」等を組み合わせる使い方としては、同一チェーン上で「ゴブリンのやりくり上手」を複数枚発動する運用法もありますが、その場合は「サプライズ・チェーン」を発動できなくなってしまう点には要注意です。

「サプライズ・チェーン」の評価は?まとめ!

「サプライズ・チェーン」は、チェーンカードであるため安定して性能を十全に発揮させるには構築を工夫する必要がありますが、効果自体はアドバンテージの観点からも優秀なカードであると評価できます。

チェーンカードを使ってアドバンテージを稼いだり相手に効果ダメージを与えることを目的としたチェーンバーンデッキへの採用も検討できるでしょう。

その他にも能動的にチェーンを組みやすいテーマやデッキに「サプライズ・チェーン」を併せてみるのも面白いでしょう。


遊戯王OCGデュエルモンスターズ HISTORY ARCHIVE COLLECTION BOX CG1782

コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ DIMENSION FORCE BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1779


遊戯王OCGデュエルモンスターズ POWER OF THE ELEMENTS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱)

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする