「ストライカー・ドラゴン」の現在の相場・買取価格を調査!高騰や今後どうなるのかも予想!




2019621日に発売したVジャンプ8月号に付録カードとして登場した「ストライカー・ドラゴン」の需要が高いと注目されています。

そこで今回は「ストライカー・ドラゴン」の相場について調査したので紹介します。

「ストライカー・ドラゴン」の効果をおさらい

ストライカー・ドラゴン

リンク・効果モンスター リンク1/闇属性/ドラゴン族/攻1000 【リンクマーカー:左】 レベル4以下のドラゴン族モンスター1体 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「リボルブート・セクター」1枚を手札に加える。

(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体と自分の墓地の「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターを破壊し、対象の墓地のモンスターを手札に加える。

まず「ストライカー・ドラゴン」とはどんなカードなのかについておさらいをしていきます。

レベル4以下のドラゴン族モンスター1体を素材にして出せるリンク1モンスターであり、リンク召喚時に「リボルブート・セクター」をサーチする効果、自分フィールドの表側表示モンスター1体を破壊して墓地の「ヴァレット」モンスターをサルベージする効果を持っています。

リボルブート・セクター

サーチできる「リボルブート・セクター」とは、2種類の効果によって「ヴァレット」モンスターを蘇生または手札から特殊召喚できる効果を持つ「ヴァレット」専用で展開力向上が出来るフィールド魔法カードです。

1ターンにどちらか片方しか使えませんが、手札の「ヴァレット」モンスターや相手フィールドのモンスターと自分フィールドのモンスターの数等によって使い分けることで安定したアドバンテージを稼ぐことが出来ます。

また自分フィールドのモンスターを対象に取る効果を持つリンクモンスターであるため、「ヴァレット・ドラゴン」モンスターの共通効果のトリガーとしても利用できます。

「ヴァレット・ドラゴン」モンスターを対象に取る場合、「ストライカー・ドラゴン」の効果を優先して「ヴァレット」モンスターのサルベージをするか「ヴァレット・ドラゴン」モンスターの誘発効果を優先して固有効果を使うかのどちらか1つを選ぶことになります。

「ヴァレット・ドラゴン」モンスターも固有効果によっては除去や妨害などが出来るので状況の打破に繋げられます。

どちらを優先しても破壊したのが「ヴァレット・ドラゴン」モンスターである以上エンドフェイズの後続を出す効果を使えますので、状況によって使い分けられることは間違いなくメリットになっています。

「ストライカー・ドラゴン」2つの効果は「ヴァレット」デッキでは非常に使い勝手が良く、デュエル序盤に使いたいカードとしてはトップレベルになります。

「リボルブート・セクター」による展開が安定して狙うことが出来れば「ヴァレット・ドラゴン」モンスターが持つ後続展開効果も相まって切り返しや場面の維持がしやすくなるため強力です。

また「ヴァレット」デッキはエースにリンク4「ヴァレル」モンスターを据えていることもあり、1ターンで状況を覆すことも比較的容易に狙える点も強力な要素になっています。

スポンサーリンク

「ストライカー・ドラゴン」の現在の相場は?

「ストライカー・ドラゴン」の現在の買取価格400600相場価格7001000ほどになっています。

Vジャンプの定価が580円(税込)であることを踏まえるとどれほど需要が高いのか分かるかと思います。

その翌日に「ヴァレット」デッキを大幅に強化できるストラクチャーデッキ-リボルバー-が発売するということもあり、これまで「ヴァレット」デッキを作っていなかった人も「ヴァレット」デッキを使えるようになるということも「ストライカー・ドラゴン」の価格高騰に影響しています。

実際にストラクチャーデッキ-リボルバー-は新規も再録も優秀なラインナップをしていたこともあり、購入を考える人も多かったようです。そしてストラクチャーデッキ-リボルバー-を買うなら併せたい「ストライカー・ドラゴン」も買っておきたいというのが当然かとも思います。

そういった経緯もあり、「ストライカー・ドラゴン」すでにVジャンプの定価を越えた価格で取引されています。

「ストライカー・ドラゴン」は今後高騰するのか?まとめ!

アニメの展開次第とも言えますが、十中八九「ヴァレット」テーマ関連の新規カードは今後も登場するかと思います。

それらの性能は未知数ではあるものの、「ヴァレット」テーマが更に強化されるようであれば「ヴァレット」デッキは今以上に注目を集める可能性も十分あります。


「ストライカー・ドラゴン」Vジャンプ付録カードだったこともあって希少性もありますし、再録も当分は無さそうです。

以上のことから考えると、今後「ストライカー・ドラゴン」の相場価格が高騰するのは十分あり得ることだと予想します。

「ヴァレット」デッキを作りたいという人は今の内に購入しておくのが良いのかもしれません。

またこちらでは今回紹介した「ストライカー・ドラゴン」についてより詳しく紹介しております!

2019年6月21 日に発売予定のVジャンプ8月号の付録カードである「ストライカー・ドラゴン」の詳細が判明しました。...


遊戯王 VJMP-JP165 ストライカー・ドラゴン (日本語版 ウルトラレア) Vジャンプ 2019年 8月特大号 付録

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする