破壊されたモンスターを多数蘇生!「スターダスト・ミラージュ」を考察し、相性の良いデッキや使い道を考案!

201929日に発売予定の20thアニバーサリーレジェンドコレクション「スターダスト・ミラージュ」が収録されることが判明しました。劇場版『遊戯王~超融合!時空を超えた絆~』内で不動遊星が使用したカードでもあります。

 

今回はそんな「スターダスト・ミラージュ」について考えていきたいと思います。

 

「スターダスト・ミラージュ」の考察と考案!

 

カード名ターン1制限のある通常罠カードです。

効果は自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターが存在する場合に発動でき、このターンに戦闘または相手の効果で破壊され自分の墓地へ送られたモンスターを可能な限り特殊召喚するというものです。

完全蘇生できる罠カードで言えば「戦線復帰」等もありますが、このカードの最大の特徴は多数のモンスターを蘇生できることです。

多数蘇生させられる状況というのは、戦闘または相手の効果で自分フィールドのモンスター多数体が破壊されたということでもあります。

 

戦闘でいえば相手の総攻撃を受けて自分のモンスターが複数体倒された時ですし、効果破壊でいえば一掃効果などを使われて破壊された時が考えられます。

 

そこで気になるのは、このカードを発動するためには自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターが存在しなければならない点です。

 

魔王龍 ベエルゼ

 

「魔王龍 ベエルゼ」のように耐性効果を持ったモンスターでもいなければ、発動条件を満たすためのレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターも一緒に破壊されてしまう可能性が高いです。

 

閃珖竜 スターダスト

 

単体で耐性効果を持つのは「魔王龍 ベエルゼ」「閃珖竜 スターダスト等が挙げられますが、耐性があるのは相手にも分かっていますので一掃効果を使ってくれない可能性の方が高いです。

ですので相手に期待するのではなく、自爆特攻などで能動的にこのカードの発動条件を満たせるようにしたほうが良いでしょう。

 

主な使い道ですが、前述した耐性効果持ちのレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターいるときに一掃効果を使われた後、「スターダスト・ミラージュ」を発動することで破壊された自分のモンスターを多数蘇生できます。

 

シャドール・ファルコン

 

この時破壊されたモンスターが破壊された時や墓地へ送られた時に発動する効果を持っていた場合には更にアドバンテージを稼ぐことに繋がります。

 

追走の翼

スポンサーリンク

他にも耐性効果を持っていないレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターに「追走の翼」を使うことで相手の総攻撃や一掃効果から守り、その後「スターダスト・ミラージュ」を使って複数体蘇生することも出来ます。

 

キラー・トマト

 

更にいえば「スターダスト・ミラージュ」を発動する時点でレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターが自分フィールドに存在さえしていればいいので、相手が一掃効果を使ったもしくは「キラー・トマト」等のリクルーターによる連続自爆特攻をした後にレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターを自分フィールドに出すことで後から発動条件を満たすということも出来ます。

 

「スターダスト・ミラージュ」と相性の良さそうなデッキは?

邪竜星-ガイザー

「竜星」デッキ

戦闘・効果破壊時にデッキから自身以外の「竜星」モンスターを主軸にしたシンクロデッキです。

 

仮に自分フィールドに「竜星」モンスターが2体存在する場合、2体で自爆特攻をすることで「竜星」モンスター2体をデッキから特殊召喚出来ます。

 

その後特殊召喚した2体でレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターをシンクロ召喚すれば「スターダスト・ミラージュ」で最初に自爆特攻した2体の蘇生が出来ます。

 

その後は更なるシンクロ召喚かリンク召喚などに繋げられます。

 

「緊急同調」を使えばシンクロ召喚したレベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターと「スターダスト・ミラージュ」で蘇生したモンスターを使って総攻撃をすることも可能です。

 

また「竜星」モンスターは相手ターンのメインフェイズ及びバトルフェイズに「竜星」モンスターのみを使ってシンクロ召喚出来ますので、相手に総攻撃もしくは一掃された後に出した「竜星」モンスターでシンクロ召喚し、「スターダスト・ミラージュ」の発動条件を満たせます。

 

「スターダスト・ミラージュ」はカッコいいけど実用性は?

効果破壊への対応が相手からのみなので、自爆特攻を除けば受け身になりやすいカードでもあります。

 

イラストもカッコいいですし、相手の一掃効果に対して上手く決まれば映画のような起死回生を狙うことが出来ます。

 

とはいえ使えるタイミングが限られているので、レベル8以上のドラゴン族シンクロモンスターを複数体採用しているデッキでも腐ってしまう場面がありそうです。総じて評価すると、使えれば逆転のきっかけになれるカードではあるものの実用性が高くないといったところかと思います。