「創聖魔導王 エンディミオン」の詳細が判明!効果の考察や相性の良いカードを考案します!




201939日に発売予定のストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-の顔でもある「創聖魔導王 エンディミオン」が公式で発表されました。

ペンデュラムモンスターであることに驚いた方も多いかと思いますが、今回はそんな「創聖魔導王 エンディミオン」について考察していきます。

「創聖魔導王 エンディミオン」の効果の考察と考案

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2800/守1700
【Pスケール:青8/赤8】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除いて発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
その後、自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカードの数まで、
フィールドのカードを選んで破壊し、破壊した数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した時に発動できる。
自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を選んで持ち主の手札に戻し、
その発動を無効にし破壊する。
その後、手札に戻したそのカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く事ができる。
(2):魔力カウンターが置かれているこのカードは
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから通常魔法カード1枚を手札に加える。

レベル7の闇属性・魔法使い族で、攻撃力は2800守備力は1700にしてペンデュラムスケールは8のペンデュラムモンスターです。

ペンデュラム効果は、自分フィールドの魔力カウンターを6つ取り除くことでペンデュラムゾーンの自身を特殊召喚し、その後自分フィールドの魔力カウンターを置けるカードの数だけフィールドのカードを選んで破壊してその破壊した数だけ自身に魔力カウンターを乗せる効果です。

モンスター効果は3あり、1つ目は1ターンに1度魔法・罠カードが発動したときに自分フィールドの魔力カウンターが置かれているカード1枚を手札に戻すことでその発動を無効にして破壊し、手札に戻したカードに置かれていた数だけ自身に魔力カウンターを置く効果。

2つ目は魔力カウンターが置かれている自身は相手の効果の対象にならず相手の効果では破壊されないという耐性効果。

3つ目は魔力カウンターが置かれた自身が戦闘で破壊された時にデッキから通常魔法カードを手札に加える効果です。

レベル・属性・種族が恵まれたステータスなので多種多様なサポートカードの恩恵を受けられます。

またペンデュラムスケールも8なのでペンデュラムゾーンでスケールとしての活躍も見込めます。

神聖魔導王 エンディミオン

まずペンデュラム効果ですが、6つの魔力カウンターを取り除くことで自身を特殊召喚なので強化前の「神聖魔導王 エンディミオン」を意識しているのが分かりやすい効果でもあります。

魔力カウンターを溜められるカードを使って6つ溜めるのが無難であり専用のデッキ構築ならそう時間はかかりませんが、6つ取り除くだけの価値はある除去効果兼魔力カウンター補充に繋がるため積極的に狙っていきたいです。

黒魔族復活の棺

とはいえ盤面によっては厳しいこともあるので、属性・種族のサポートカード(「黒魔族復活の棺」など)を使って手札やデッキから特殊召喚するという手もあります。

次はモンスター効果の1ですが、魔力カウンターが置かれているカードが必要ではあるものの魔法・罠カードの発動を無効にし破壊することが出来るため妨害としても期待できます。

また置かれていた魔力カウンターが自身に乗るため無駄にならず、手札に戻したカードによっては再度発動すればデメリットはないどころかプラスになることもあります。

2の効果は耐性効果で、ペンデュラム効果で特殊召喚した場合もしくは1の効果を使っていればこのカードに魔力カウンターが置かれている筈なので場持ちの良さが上がります。

対象にならないのは相手のカードのみなので自分のカード効果の対象に取ったり装備魔法をつけることも可能です。

3の効果ですが、条件はあるもののデッキから好きな通常魔法カードをサーチ出来るというもの凄い効果です。

死者蘇生

優秀な通常魔法カードは数多くありますので、3の効果目当てに自爆特攻するという手も十分有用です。

「創聖魔導王 エンディミオン」と相性の良いカードは?

魔導獣 キングジャッカル

「魔導獣」カード全般

魔力カウンターとペンデュラムモンスターの組み合わせという、やや異色ながらも強力なテーマです。

「創聖魔導王 エンディミオン」23の効果は自身に魔力カウンターが1つでも乗っていればいいので、余った分を有効活用出来ます。

「魔導獣」関連カードは自身だけでなく自分フィールドの魔力カウンターを取り除く効果を持っているため、「創聖魔導王 エンディミオン」の効果はペンデュラム効果や1の効果で魔力カウンターが2つ以上置かれている場合はどんどん効果コストにしてしまいましょう。

また組み合わせるとペンデュラムモンスターの割合が多くなるので、「魔導獣」と相性の良い「ペンデュラム・ホルト」も併せれば手札の補充も出来ます。

漆黒のパワーストーン

「漆黒のパワーストーン」

魔力カウンターを3つ生成して自身に置く永続罠カードです。

「創聖魔導王 エンディミオン」1の効果を使う際にこのカードを手札に戻せば「創聖魔導王 エンディミオン」に魔力カウンターが3つ置かれるうえ、手札に戻した後は再びセットすることで相手ターンに発動できるため妨害しながら魔力カウンターを稼げます。

ペンデュラム・リボーン

「ペンデュラム・リボーン」

墓地またはエクストラデッキの表側表示のペンデュラムモンスターを特殊召喚できる罠カードです。

ペンデュラムモンスターである「創聖魔導王 エンディミオン」がフィールドで破壊されればエクストラデッキに加わるので、このカードを使えば蘇生できます。

「魔導獣」も採用していれば選択肢はかなり多いので状況に応じたペンデュラムモンスターを蘇生させましょう。

「創聖魔導王 エンディミオン」は強い!?本家との比較!

ペンデュラムモンスターであるため「魔導獣」との相性が良いこと、ペンデュラム効果での特殊召喚時の対象を取らない破壊効果、条件を満たせば妨害としても期待でき、優秀な耐性と転んでもただでは起きないサーチ効果と盛りだくさんなため運用によってはかなり強いカードです。

それに対し本家であるところの「神聖魔導王 エンディミオン」「魔法都市エンディミオン」に依存しているものの魔法カードサルベージ効果と手札の魔法カードをコストに除去効果を持っています。

サーチやサルベージの用途の違いであったり除去効果の発動タイミングの違い等、どちらかの方が絶対強いということは言えませんが、こと魔力カウンターに特化したテーマである「魔導獣」と合わせるなら断然「創聖魔導王 エンディミオン」のほうが良さそうです。

このストラクチャーデッキRも新カードは「創聖魔導王 エンディミオン」だけではないので、これを機に「魔導獣」も脚光を浴びることになるかもしれません。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする