Vジャンプ定期購読特典の「スモーク・モスキート」についての考察し、相性の良いカードを考案して性能を評価!




Vジャンプ(20195月号開始)一年間購読特典で登場するカード3種類の詳細が判明しました。

今回はその内の1枚である「スモーク・モスキート」について考えていきたいと思います。

定期購読特典の1枚である「スモーク・モスキート」の考察と考案!

効果モンスター 星1/闇属性/昆虫族/攻 0/守 0 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、 その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になり、 そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。

(2):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 このカードのレベルはターン終了時までそのモンスターと同じになる。

レベル1の闇属性・昆虫族モンスターで、攻守は0です。

効果は2つありそれぞれ1ターンに1度使用することが出来ます。

1つ目の効果は相手モンスターの攻撃で自分が戦闘ダメージを受けるダメージ計算時に発動でき、自身を手札から特殊召喚しその戦闘で発生する戦闘ダメージを半分にしてダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了するというもの。

2つ目の効果は自分フィールドのモンスター1体を対象にして自身のレベルをそのモンスターと同じにするとうものです。

レベルも低く属性・種族や攻守からも恩恵を受けられるサポートカードが非常に多いステータスをしています。

バトルフェーダー

1の効果は自己特殊召喚をしつつ相手のバトルフェイズを終了する効果であり、この特徴のみなら「バトルフェーダー」と類似しているとも言えます。

とはいえ違う点は多くあり、「バトルフェーダー」には無いメリットとデメリット、どちらとも取れる相違点などを挙げていきます。

まずメリットとしてはダメージステップ時に発動する効果なため妨害されにくいこと、特殊召喚した自身はフィールドを離れても除外されることはないため、墓地へ送られたこのカードをサルベージ等をすれば再利用することが可能であることになっています。

デメリットとしては戦闘ダメージを半減は出来るものの完全に防ぐことは出来ないことになります。

相違点としては、「バトル・フェーダー」が相手の直接攻撃宣言時でしか発動できないのに対し、こちらは戦闘ダメージが発生するダメージ計算時でしか発動できません。

モンスターがいても発動できるのはあちらには無い利点ではありますが、戦闘ダメージが発生しなければいけないため、自分の守備表示モンスターが相手の貫通効果を持っていないモンスターに攻撃されたタイミングでは発動できないので気を付ける必要があります。

2の効果は自分フィールドのモンスター1体のレベルをコピーする効果であり、条件や制約が全く無いため非常に使い勝手が良いです。

エクシーズ召喚のサポートとしては最適であり、自分のモンスター次第ではシンクロ召喚にも合わせられます。

1の自己特殊召喚効果もあるのに加えて2の効果自体はこのカードを通常召喚しても使えるため、特にランク5以上の高ランクエクシーズを狙うデッキでは使いやすいサポートカードとして機能するかと思われます。

スポンサーリンク

「スモーク・モスキート」と相性の良いカードは?

「ゴキポン」

ゴキポン

戦闘で破壊され墓地へ送られた時にデッキから攻撃力1500以下の昆虫族モンスターをサーチする効果を持つ下級モンスターです。

このカード自身が戦闘で破壊される必要はあるものの、「スモーク・モスキート」1の効果は相手の直接攻撃でも使えるため追撃に備えつつ次の自分のターン2の効果を使って強力なモンスターに繋いで切り返しも狙えます。

「スモーク・モスキート」自体の攻守は0なので、同じ条件で守備力1000以下の昆虫族モンスターをサーチできる「ダニポン」でもサーチ可能範囲に入ります。

「プリミティブ・バタフライ」

プリミティブ・バタフライ

自分フィールドにモンスターが存在しない場合に自己特殊召喚ができ、1ターンに1度自分フィールドの昆虫族モンスター全てのレベルを1上げることが出来る効果を持つレベル5モンスターです。

このカードを自身の効果で特殊召喚し「スモーク・モスキート」を通常召喚することでランク56のエクシーズモンスターのエクシーズ召喚を狙えます。

2体とも昆虫族であるためシナジーがあり、汎用のランク56のエクシーズモンスターはもちろんのこと素材に昆虫族を指定する「甲虫装機 エクサスタッグ」のエクシーズ召喚も狙うことが出来ます。

「悪夢再び」

悪夢再び

墓地の守備力0の闇属性モンスター2体をサルベージする効果を持つ通常魔法カードです。

効果を使用したりしてすでに墓地にある「スモーク・モスキート」をサルベージする手段として使えます。

他にも守備力0の闇属性モンスターを多めに採用しているデッキではアドバンテージを稼げるため特に中盤以降に役立つ優秀なカードと言えます。

まとめ!

「スモーク・モスキート」12の効果のどちらか片方だけでも十分汎用性が高いため、両方を上手く機能させられるデッキも多くあります。

ステータスこそ低いですが効果自体は優秀なので、防御手段として使ってからの切り返しやエクシーズ召喚のサポートとして等用途は幅広くある性能の高いカード、という評価が出来ます。

その汎用性の高さからも既存のテーマデッキや今後登場する新たなテーマデッキとの組み合わせにも注目していきたいカードになるでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする