「六武衆」テーマに新規リンクモンスター「六武衆の軍大将」登場!相性の良いカードなどを紹介します!

1123日発売のリンクヴレインズパック2「六武衆の軍大将」が収録されることが判明しました。

戦士族統一テーマとしても有名な「六武衆」にリンクモンスターが登場ということで、今回はそんな「六武衆の軍大将」の効果を解説したり相性の良いカードを紹介します。

「六武衆」のリンクモンスター、「六武衆の軍大将」の効果を解説!

 

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/戦士族/攻1000
【リンクマーカー:左下/右下】
「六武衆」モンスターを含む戦士族モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
武士道カウンターを置く効果を持つカード1枚をデッキから手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのリンク先に「六武衆」モンスターが召喚・特殊召喚される度に、
このカードに武士道カウンターを1つ置く。
(3):このカードの攻撃力は自分フィールドの武士道カウンターの数×100アップする。

リンク2モンスターで、召喚条件は「六武衆」モンスターを含む戦士族モンスター2体、リンク先は多くのリンク2モンスターと同じく右下と左下です。

自身のリンク召喚成功時に手札を1枚コストにすることでデッキから武士道カウンターを置く効果を持つカードをサーチする効果、リンク先に六武衆モンスターが特殊召喚される度に自身に武士道カウンターを置く効果、そしてこのカードの攻撃力はフィールドの武士道カウンターの数×100アップするという三つの効果を持ちます。

このカードの一番大事な効果はサーチ効果かと思われます。

六武の門

サーチできるカードの中でもおすすめなのがドロー効果を持つ「六武衆の結束」、デッキから「六武衆」モンスターを特殊召喚できる「紫炎の道場」、カウンターの数によって攻撃力アップと「六武衆」モンスターのサーチと「紫炎」モンスターの蘇生が出来る「六武の門」の三つです。

これらをサーチして更なる展開に繋げるのが良いでしょう。その後の展開をするには、サーチした後にカウンターを乗せるために「六武衆」モンスターを召喚・特殊召喚する必要がある点には気を付けましょう。

また「六武衆の軍大将」は元々の攻撃力が1000とかなり低く、三つ目の効果による攻撃力アップの量もあまり期待できません。

六武衆の影-紫炎

サーチ効果がリンク召喚時ということも考えると出したターン限りの出番になるかもしれませんが、それでもサポートするならエクシーズモンスターの「六武衆の影-紫炎」等がいるので両方盤面に揃えても良いかもしれません。

またこのカード自体も「六武衆」モンスターであるため、多種類存在する「六武衆」サポート魔法・罠カードの恩恵を受けられる他にも「真六武衆-キザン」の特殊召喚条件などを満たせるのは利点になります。

「六武衆の軍大将」と相性の良いカードは?

ここでは「六武衆」テーマ以外で「六武衆の軍大将」の展開や効果と相性の良いカードを紹介していきます。

聖騎士の追想 イゾルデ

「聖騎士の追想 イゾルデ」

前回のリンクヴレインズパックに収録された戦士族サポート効果を持つリンク2モンスターです。

スポンサーリンク

一つ目の効果で「六武衆の軍大将」のコスト確保、二つ目の効果でレベル1「影六武衆-フウマ」を出すことで「六武衆の軍大将」のリンク召喚に繋げられます。

M.X-セイバー インヴォーカー

M.X-セイバー インヴォーカー」

ランク3のエクシーズモンスターです。このカードの効果で「影六武衆-キザル」を特殊召喚することで「六武衆の軍大将」のコストの確保と同時にリンク素材を並べられます。

ジャンク・フォアード

「ジャンク・フォアード」

自分フィールドにモンスターが存在しなければ特殊召喚できる効果を持つため、前述したM.X-セイバー インヴォーカー」のエクシーズ素材や「六武衆の軍大将」のリンク素材として活用できます。

マジック・ストライカー

「マジック・ストライカー」

墓地の魔法カードを除外することで特殊召喚できるレベル3戦士族のため、上記の「ジャンク・フォア―ド」同様に使い勝手が多いです。

「六武衆の軍大将」の運用方法は?

それでは相性の良いカードを含めて「六武衆の軍大将」を使ったコンボをいくつか紹介します。

「六武の門」を使ったりするコンボなどは、武士道カウンターの数など説明すると長くなってしまうので途中経過は少々省かせていただきます。

 

真六武衆-キザン

手札に「真六武衆-キザン」2体並べられる「六武衆」モンスターの計3枚がある場合(「真六武衆-キザン」+「六武衆」モンスター、「真六武衆-カゲキ」+その他「六武衆」モンスター等々パターンは数多くあります)。

フィールドに2体並べ、「聖騎士の追想 イゾルデ」「影六武衆-フウマ」を使用して「六武衆の軍大将」に繋げ効果を使用。

「紫炎の道場」をサーチし手札の「真六武衆-キザン」を特殊召喚。

「紫炎の道場」により「紫炎の寄子」を特殊召喚し「真六武衆-シエン」をシンクロ召喚まで出来ます。

手札の2体並べられる「六武衆」以外のカードに「六武の門」がある場合は最初に発動することで大量展開が出来る以外にも「六武衆の軍大将」のサーチを「六武衆の結束」にして手札の補充をしつつ、最終盤面を「六武衆の軍大将」「六武衆の影-紫炎」「真六武衆-キザン」も可能ですのでコンボの幅はかなり広いです。

まとめ

「六武衆の軍大将」の効果があれば今までサーチできなかった便利カードがサーチできるため、「六武衆」テーマが得意とする大量展開からの総攻撃がさらにしやすくなりました。

「六武衆」テーマカードはかなり種類が多いため、デッキを構築する上ではよく考えて取捨選択をしましょう。

また当サイトでは安く組める中堅テーマである「六武衆」デッキレシピの紹介も行っております。

今回リンクヴレインズパック2で登場する「六武衆の軍大将」を入れることでより強力なデッキになること間違えなしです↓

六武衆デッキ2018のデッキレシピの紹介!イゾルデなどのリンクが入ったガチテーマ、中堅で安いテーマデッキ!