「死償不知」の効果考察!相性の良いカード・デッキは?気になる評価は?

先週発売したバトル・オブ・カオスにて「死償不知」というカードが登場しました。

そこで今回は「死償不知」の効果を考察し、相性の良いカードやデッキを紹介していきたいと思います。

「死償不知」の効果考察!

死償不知

「死償不知」は自分のライフポイントが相手よりも少ない場合に発動できる通常罠カードで、2つの効果から好きな方を選択して適用できる効果を持ちます。

1つ目の効果はライフポイントの差の数値以下の相手モンスター1体を選んで破壊する

というものです。

除去手段は対象を取らない破壊であり、対象耐性をすり抜けて相手モンスターを除去することが出来ます。

高攻撃力のモンスターを除去するにはそれだけライフポイントの差が大きくなければいけないため、基本的には自分の方が不利な状況になります。

相手のデッキのキーカードとなる下級モンスターを除去することで展開を妨害するという使い方なら、そこまで大きなライフポイント差は必要ないでしょう。

このカード自体はフリーチェーンで発動できるため、不意を突ければ相手の動きを止めたり自分が切り返すための起点にも出来ます。

2つ目の効果はライフポイントの差の数値以下の攻撃力のモンスターを自分の墓地から選んで特殊召喚するというものです。

この蘇生効果は対象を取らないため、相手がD.D.クロウ」等をチェーン発動してきても墓地に蘇生可能なモンスターがいなくならない限り不発にはなりません。

低攻撃力のモンスターであれば少ないライフ差でも蘇生できるため、展開の起点となるモンスター等の攻撃力が低いのであればそれらを蘇生することが検討出来ます。

ライフ差が大きければ切り札級の打点のモンスターを蘇生することも出来ますし、このカードが罠カードである点を活かして相手ターン中に発動できる効果を持つモンスターを蘇生して制圧力を上げたり、バトルフェイズ中に発動して蘇生したモンスターで攻撃することも視野に入ります

この蘇生効果を目的とする場合、条件なしで使える「戦線復帰」等の汎用カードに使い勝手で劣るため、基本的には1つ目の効果を狙っていきたい所ではあります。

スポンサーリンク

「死償不知」と相性の良いカード・デッキを紹介!

「デビル・フランケン」(202110月では制限カード)


遊戯王OCG デビル・フランケン パラレル仕様 20AP-JP012-P 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVE]

5000という膨大なライフコストを要求する代わりにエクストラデッキから融合モンスターを特殊召喚できる下級モンスターです。

自分のライフが大幅に減るため「死償不知」の発動条件が満たされやすく、仮にお互いのライフが初期値であったのなら「死償不知」で攻撃力5000以下の相手モンスターを除去できるようになります。

「死償不知」によってフリーチェーンで相手モンスターを除去できることを踏まえると、このカードの効果で出す融合モンスターは回数制限なしで魔法・罠カードの発動を無効にして破壊できる「ナチュル・エクストリオ」が候補として有力です。

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」(202110月では制限カード)


遊戯王 捕食植物ヴェルテ・アナコンダ アジア版 LVP3-JP071 シークレット LVP3-JP071 シークレット 【ランクA】 【中古】

効果モンスター2体で出せるリンク2モンスターであり、2000ライフを払うことで通常魔法か速攻魔法の「融合」または「フュージョン」カードの効果をコピーできる効果を持ちます。

2000というライフコストは大きいですが、昨今の大会環境でも使用されているように「フュージョン・デステニー」の効果をコピーすることで制圧力もあるDHERO デストロイフェニックスガイ」をデッキ融合する動きは優秀です。

「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」が汎用リンクモンスターであることからデュエル序盤でも使いやすく、DHERO デストロイフェニックスガイ」に加えて「死償不知」をセットしておけば相手の動きを更に妨害していけます。

「ダイノルフィア」デッキ


ライフを半分払うというコストを持つカードを多用する恐竜族テーマデッキです。

その特性上自分のライフがどんどん減っていくため、「死償不知」の発動条件を満たしやすくその効果による除去・蘇生できる範囲が広がりやすいです。

自分のライフが減っている方が真価を発揮できるとはいえ、僅かなダメージが敗北に繋がる危険性も高いためフリーチェーンで発動できる「死償不知」はいざという時にも役立つでしょう。

当サイトでは「ダイノルフィア」デッキレシピの紹介を行っております↓

2021年10月16日に発売の基本パック バトル・オブ・カオスにて新規テーマ「ダイノルフィア」が登場しました! そこで...

「ヴァンパイア」デッキ


ライフコストを要する効果が多いアンデット族テーマデッキです。

展開やアドバンテージの獲得をする際にライフを払う効果を活用するため「死償不知」の発動条件を満たしやすいです。

能動的に自分のライフを減らすことで「死償不知」で相手モンスターの除去を狙えるのはもちろん、特殊召喚成功時にサーチ効果を持つ「ヴァンパイアの眷属」「ヴァンパイアの使い魔」は攻撃力がそこまで高くないため「死償不知」で蘇生してアドバンテージを稼ぐことも検討出来ます。

スポンサーリンク

「死償不知」の評価は?まとめ!

「死償不知」は自分のライフが相手よりも少ない状況でしか発動できない代わりに、2つの効果から状況に応じたものを選べるという対応力がこのカードの最大の長所と言えるでしょう。

以上のことを踏まえると、普通のデッキでは序盤や戦況次第では腐ってしまう可能性があるものの、自分のライフを能動的に減らすデッキでは除去と蘇生の好きな方を使える対応力に期待できる罠カードと評価できます。


コナミデジタルエンタテインメント 遊戯王OCG デュエルモンスターズ BATTLE OF CHAOS BOX(初回生産限定版)(+1ボーナスパック 同梱) CG1763

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする