1キル対策にはなりうるのか!?「獣湧き肉踊り」の考察と考案、相性の良いデッキを紹介して評価!




デュエリストフェスティバルで参加者に配布されたプロモーションパック2019「獣湧き肉踊り」が収録されました。

今回はそんなかなり変わった効果を持っている「獣湧き肉踊り」について考えていきたいと思います。

「獣湧き肉踊り」(ししわきにくおどり)の考察と考案!

「赤い布を被るゴリラ」

通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時、 相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力の合計が8000以上の場合に発動できる。

元々のカード名が異なるモンスター3体を、 自分の手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体ずつ選んで攻撃表示で特殊召喚する。

カード名ターン1で発動できる通常罠カードです。

相手モンスターの直接攻撃宣言時に相手フィールドの表側表示モンスターの攻撃力の合計が8000以上の場合に発動でき、元々のカード名が異なるモンスター3体を自分の手札・デッキ・墓地からそれぞれ1体ずつ選んで攻撃表示で特殊召喚できるという効果です。

まず発動条件ですがなかなかに重く、相手フィールドのモンスターのモンスターの攻撃力の合計が8000以上である状態の直接攻撃宣言時なためそのターン中にライフが無くなることもありうる絶体絶命の状況と言っても良いでしょう。

相手がエース級の火力のモンスターを並べることが得意なデッキ、もしくはモンスター1体の攻撃力を飛躍的に向上させるデッキであれば発動条件を満たすことが出来る可能性はありますが、相手のデッキ次第ではそこまでの火力にはならないかと思われます。

ナイトメア・デーモンズ

能動的に条件を満たす方法としては「ナイトメア・デーモンズ」が相性が良く、相手フィールドに攻撃力2000以上のモンスターが1体いるだけで直接攻撃させることで条件を満たせます。

元々のカード名が異なるモンスターを手札・デッキ・墓地から1体ずつ特殊召喚できる効果ですが、絶体絶命の状況から一転してモンスターの大量展開が出来ます。

とはいえ、特殊召喚したモンスターは全て攻撃表示ですので何かしらの防御手段がなければ壁を3体出してダメージを緩和するだけに終わりかねません。

聖なるバリア-ミラーフォース-

攻撃力の高いモンスターを出そうにも手札・墓地から出すモンスターに関しては限界がありますので、防御効果を持つモンスターを出すか他のカードで防御するかしたほうが良いでしょう。

「バトルフェーダー」「聖なるバリア -ミラーフォース-」「獣湧き肉踊り」をチェーン発動することも出来ますので、前者なら特殊召喚した3体のモンスターと自分を攻撃から守れますし後者であれば相手フィールドの一掃も狙えます。

「ナイトメア・デーモンズ」等のカードを使わずに相手の行動のみで条件を満たそうとする場合、相手からすればその攻撃が通ればデュエルに勝つ可能性も高いので何かしらの罠カード対策を打ってくることも十分考えられるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

「獣湧き肉踊り」と相性の良いデッキは?

PSYフレーム」デッキ

PSYフレームギア・δ

光属性・サイキック族で統一されているPSYフレーム」モンスターを駆使し、相手の妨害をしつつも展開からのシンクロ召喚などを扱うデッキです。

リンクモンスターのPSYフレームロード・Λがいる時はその限りではありませんが、PSYフレームギア」モンスターの効果を使いたい場合は自分フィールドにモンスターがいない必要があります。

そのため自分が何もしなければ必然的に相手は直接攻撃を狙ってくることになります。相手の直接攻撃が想定されるこのデッキでは「バトルフェーダー」の採用が無理なく行え、自分のターンではそこまで展開することもないため「カードカー・D「強欲で謙虚な壺」によって手札の質を上げられます。

「獣湧き肉踊り」の発動条件を満たした場合、手札・デッキ・墓地からPSYフレーム」モンスターを特殊召喚することになります。

「バトルフェーダー」で攻撃を防げる場合はそれで良いですが、攻撃を防ぐ手段がない場合はPSYフレーム・サーキット」の効果で特殊召喚したPSYフレーム」モンスターを使って「ブラック・ローズ・ドラゴン」をシンクロ召喚してフィールド一掃効果を使うことも出来ます。

スポンサーリンク

昆虫族デッキ

ブロック・スパイダー

昆虫族モンスターを主軸としたデッキであり、昆虫族統一テーマも含めた全般のことを指しています。

何故昆虫族デッキかと言うと、「獣湧き肉踊り」での特殊召喚先として「ブロック・スパイダー」が相性が良いからです。

「獣湧き肉踊り」の効果で出すモンスターは同じカード名のモンスターは1体ですので、自身以外を攻撃対象に出来ないようにする効果のモンスターを2体並べることが実は難しいです。

その点「ブロック・スパイダー」なら自身の特殊召喚成功時にデッキから「ブロック・スパイダー」を特殊召喚できる上に自身以外の昆虫族モンスターを攻撃対象にさせない効果を持っています。

以上のことを含めると、3体のうち1体を「ブロック・スパイダー」にして残り2体を昆虫族モンスターにすることでモンスターの展開と相手の攻撃を防ぐことが同時に出来ます。

スポンサーリンク

「獣湧き肉踊り」の評価は?1キル対策になる?

発動条件は重いものの別に攻撃を無効に出来るわけでは無いため、仮に相手が条件を満たすほどの超高火力型デッキであっても1キル対策には使いづらいというのが正直な所でしょう。

そういった超火力型デッキであればなおさら「レッド・リブート」等で攻撃時のカウンターへの対策を取ってくるでしょうし上手く決まらないかもしれません。

かなりユニークな効果を持っており使い方が難しいカードではありますが、今回紹介したような相性の良いデッキであれば大量展開からの切り返しとして使うことも出来る、というのが評価となります。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする