遊戯王の「シムルグ」テーマの背景ストーリーを考察と考案!今後の展開はどうなる?




基本パック、ライジング・ランペイジに収録され、「シムルグ」は本格的なテーマになりました。

最初は「神鳥シムルグ」のみでしたが、テーマとして確立されたことによって「シムルグ」デッキの構築も可能となりました。

今回はそんな「シムルグ」の背景ストーリーについて考えていきます。

「シムルグ」の背景ストーリーの考察と考案!

神鳥の霊峰エルブルズ

まずは「シムルグ」たちの故郷でありこの物語の舞台は「神鳥の霊峰エルブルズ」です。

死神鳥シムルグ

「烈風の覇者シムルグ」「招神鳥シムルグ」「護神鳥シムルグ」「雛神鳥シムルグ」が平和に暮らしているそんなある日、「ダークネス・シムルグ」「死神鳥シムルグ」2体が「神鳥の霊峰エルブルズ」へとやってくるのを「雛神鳥シムルグ」が目撃します。

スポンサーリンク
神鳥の来寇

その瞬間を表しているであろうカードが「神鳥の来寇」であり、来寇とは外敵が攻めてくると言う意味です。

「神鳥の来寇」の効果から考えても「ダークネス・シムルグ」「死神鳥シムルグ」2体で間違いなさそうです。

神鳥の排撃

そんな外敵である「ダークネス・シムルグ」「招神鳥シムルグ」「雛神鳥シムルグ」攻撃しますが、の力のおかげで助かります。

「神鳥の排撃」のカードイラストから察せられる敵対構造であり、排撃とは追い払おうと攻撃することを表す言葉です。

スポンサーリンク
攻撃しているのが「ダークネス・シムルグ」であることも考えると、「護神鳥シムルグ」たちを追い払おうとしているようにも捕らえられますので「神鳥の霊峰エルブルズ」の侵略もしくは縄張り争いに近いことなのかもしれません。

神鳥の烈戦

「神鳥の烈戦」では「烈風の覇者シムルグ」「ダークネス・シムルグ」が相対し、その羽ばたきが生む強風によって木々が吹き飛ばされています。

「烈風の覇者シムルグ」「ダークネス・シムルグ」攻守は全く同じであり、この2体の実力が拮抗していることが分かります。

2体の戦いの決着は分かりませんが、現状分かることとしては「神鳥の霊峰エルブルズ」「ダークネス・シムルグ」たちが攻めてきたということ、「ダークネス・シムルグ」側は明確な敵意を持って攻撃してきていることです。

今後「シムルグ」カードが新たに登場するなら戦いのその後も分かるかもしれません。

スポンサーリンク

「ダークネス・シムルグ」は侵略者?「烈風の覇者シムルグ」との関係性は?

始祖神鳥シムルグ

まず「神鳥シムルグ」「ダーク・シムルグ」に対し、「始祖神鳥シムルグ」はレベル・攻守共に一回り高いです。

烈風の覇者シムルグ

そんな「始祖神鳥シムルグ」と同じレベル・攻守であるのが「烈風の覇者シムルグ」「ダークネス・シムルグ」であり、外見も似ているのでそれぞれ「神鳥シムルグ」「ダーク・シムルグ」成長(もしくは進化)した姿のように見えます。

ダーク・シムルグ

「神鳥シムルグ」のダーク化した姿が「ダーク・シムルグ」だと長い間思われてきましたが、仮にそれぞれが成長したものが「烈風の覇者シムルグ」「ダークネス・シムルグ」である場合、「神鳥シムルグ」「ダーク・シムルグ」は別の個体だったことが分かります。

「神鳥シムルグ」「ダーク・シムルグ」が別に存在すると考えると、気になるのはこの2体の外見が酷似していることです。

スポンサーリンク
色違いと言っても過言ではないほどに似ていることに加えて生きてきた歳月も恐らくそこまで変わらないでしょうし、もしかしたら2体は兄弟ということもあり得るかもしれません。

敵対しているもののどちらも同じ「シムルグ」であることを考えると、元々「ダークネス・シムルグ」「神鳥の霊峰エルブルズ」にいたと考えることも出来ます。

追い出されたのか自分から出て行ったのかは分かりませんが、力を蓄え故郷を自分の物とすべく侵略しに来たと捉えることも出来るでしょう。

「烈風の覇者シムルグ」「ダークネス・シムルグ」は外見が似ているだけであり単に縄張り争いをしているだけ、という風に考えることも出来ますし難しい所ではあります。

雛神鳥シムルグ

似ているといえば「雛神鳥シムルグ」「神鳥シムルグ」成長前と思われる外見をしていますので、「雛神鳥シムルグ」次の世代を担う希望となるのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ!

神鳥シムルグ

今回「シムルグ」のストーリーを考察してみましたが、物語を匂わせるようなイラストのカードの種類もそこまで多くないため中々に謎が多いです。

ストラクチャーデッキRで本格的に強化されると予想していたため、基本パックによってカテゴリ化したのは予想外な人も多かったと思います。

かくいう私もその一人です。

今後も基本パックなどで新たな「シムルグ」カードが収録されることもあり得ますので、性能はもちろんイラストの背景ストーリーにも注目していきたいです。


【アジア版】 遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISING RAMPAGE BOX [並行輸入品]

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする