10期の環境でサイドデッキに入れたい汎用性の高いカード!-魔法編-




リンク召喚によって大きく変わった環境ですが、それに応じて大会などでもサイドデッキに採用されているカードが変化しています。

そこで今回はサイドデッキに入れておきたい汎用性の高い魔法カードを紹介していきたいと思います。

現環境でサイドデッキで使える魔法カードは?

サイドデッキに入れるカードは相手のデッキへの対抗カードになりますので、初動の速さが肝心になってきます。

その点モンスターや罠よりも使いやすく、手札に来た時点で使用可能になるため事故率も少ないです。

ツインツイスター

「ツインツイスター」

手札一枚をコストにフィールドの魔法・罠カードを破壊できる速攻魔法です。

最近のテーマデッキは回転の要として永続魔法や永続罠を使うものが多いため、このカードを使えば一気に自分の有利なペースに出来るでしょう。

また、速攻魔法ということもあり相手が発動した「魔封じの芳香」にこのカードをチェーン発動すれば即座に破壊できるのも魅力です。

デッキによっては自分の魔法・罠を破壊してコンボを作ることも可能なので、採用している他の魔法・罠と見合わせて考えてみると良いかと思います。

コストは「魔轟神」「暗黒界」なら十全に活かせる他、それ以外のデッキでも手札で腐ってしまったカードや墓地へ送りたいカードを使えば無駄がないです。

相乗り

「相乗り」

相手がサーチ・サルベージする度にドローできる速攻魔法です。

現環境に限らず回転力の高いデッキではサーチやサルベージを多用する傾向にありますので、このカードを使えば大量ドローを狙うことも出来ます。

最近の環境で具体例を上げると「剛鬼」テーマなどがあります。もちろん発動することによって相手への牽制になりますし、2枚以上のドローがそう難しくないため使いどころは多いです。

ドローするだけであって、相手のサーチやサルベージ効果を抑制できていないところには注意しましょう。サーチをさせたくないという場合は「捕違い」がありますが、このカードはサルベージにも対応しているため用途が異なる点に気を付けましょう。

墓穴の指名者

「墓穴の指名者」

相手の墓地からモンスターを除外し、そのモンスターと同名モンスターの効果をこのターン使用不能にする速攻魔法です。

手札誘発効果を持つモンスターに対して効果的なため、発売当時からすでに注目を集めていたカードでもあります。最近のデッキでは手札誘発効果の「灰流うらら」などが重宝されがちなこともあり活躍の場面は少なくないです。

相手の墓地で発動する効果や、手札・フィールドからリリースして発動する効果も無効にでき、手札から捨てて発動する効果と除外された時に発動する効果を持つ「サンダー・ドラゴン」テーマにも有効に働きます。

除外したモンスターと同じカード名のモンスターも無効にしますので、自分も同じカードを採用している場合は気を付けましょう。

精神操作

「精神操作」

相手モンスター一体のコントロールをエンドフェイズまで奪える効果の通常魔法です。

奪ったモンスターは攻撃もリリースも出来ないという制約があります。

どうやって利用するかと言えば、シンクロやエクシーズよりも簡単なリンク召喚の素材に使ってしまいましょう。

リンク召喚の登場により注目を集めたカードでもあり、相手の強力なモンスターを使ってリンク召喚に繋げると良いかと思います。

エクストラデッキに素材に出来るリンクモンスターがいれば使えることもあり、弱点が少なく使いやすいのも魅力です。

超融合

「超融合」

手札一枚をコストに自分・相手フィールドから融合素材を墓地へ送って融合召喚できる速攻魔法です。

融合召喚は素材の関係上デッキを選びがちかとお思いかもしれませんが、「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」など融合素材が緩いカードが増えたために使い道は増えました。

これなら相手が闇属性デッキならば入れられますし「召喚獣」「シャドール」EHEROなどのテーマなら相手のデッキを問わず融合素材の片方を相手のフィールドから使わせてもらうことが可能です更に速攻魔法の融合ですので、相手フィールドのモンスターの除去だけでなく、バトルフェイズ中に使用しての連続攻撃や相手の除去効果から逃れるためにも使えるので用途は様々です。

当然ではありますが魔法カードや自身以外のカード効果を受けないモンスターは素材に出来ないので気に留めておきましょう。

まとめ

サイドデッキに入れたい魔法カードを紹介しましたが、これらを見るだけで最近の環境にどんなデッキが多いのか何となく分かってきますね。

これを機に紹介した魔法カードをサイドデッキに採用するのも良いかと思います。

サイドデッキには汎用対策カードを入れるため、相手も同じカードを使ってくるかもしれないという可能性は視野に入れておきましょう。

今回は10期環境に厳選しましたが当サイトでは今回の様な汎用カードをまとめた記事を多数揃えておりますので、大会に出たいと考えている方やデッキの強化を考えたい人は是非コチラの記事もどうぞ↓

リンク召喚実装を機に10期になった遊戯王ですが、メインデッキやエクストラデッキに比べてサイドデッキには何を入れたらいいか分からないという方は...
遊戯王が10期を迎えてしばらくたちますが、リンク召喚の登場とともに環境はどんどん変わってきています。 今回はそんな10期の環境で使いや...
遊戯王には、発動タイミングを選ばなかったり、デッキを選ばない、強力な効果を持っていることから、フリーデュエルだけでなく、大会などのサ...
遊戯王には様々なデッキに入るカードがあります! 大会で使われるカードから、どんなデッキにも入るカードまで多種多様に存在します!...
皆さん遊戯王をしているとどうしても汎用性が高いが故に1枚1枚の値段が高額な汎用性カードってありますよね? 相手...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする