シャドールデッキレシピ2018年と2019年版!強力な中堅デッキレシピと回し方を紹介!

2018年10月の禁止制限の改定で大幅に環境が変わりましたね!

環境が変わっていく中でかつての環境デッキも落ち着つき、全盛期の力が復帰したテーマも数多くございます!

今回はその中でも9期の闇を代表するテーマ!

当サイトで組んだシャドールのデッキレシピの紹介と回し方をおさらいして行きたいと思います!

前回のリンクヴレインズで強化されたテーマでもごさいますし(笑)

シャドールの特徴

影依融合

9期と言う名の混沌時代をくぐり抜けて来た方なら「んなもん説明せんでも知ってるわ!」と言う方が大半だと思いますが、「シャドールって何?」「9期ってそんなにヤバイの??」と言う方の為に軽くおさらいをしたいと思います!

結論やばいです(笑)

シャドールは9期である「デュエリスト・アドベント」で登場したテーマでメインモンスターは

闇属性・魔法使い族リバース効果を持ったテーマで墓地に落ちた際に固有の効果を発動する効果を持っております。

属性と種族サポートに恵まれており、墓地に落ちた時に発動する効果も専用融合である影依融合」と相性が良いのが特徴です。

エルシャドール・ネフィリム

シャドール融合モンスターは「シャドール」モンスターそのモンスターの指定の属性と非常に召喚条件が緩いのにも関わらず「エルシャドール・ネフィリム」を始め強力な融合モンスターが勢ぞろいしており、制圧力にも非常に長けていました。

他の属性と組みやすく影依融合」のお陰で簡単に墓地に送れることから登場してすぐに環境入りを果たしました。

様々なデッキとのシナジー間の強さや「エルシャドール・ネフィリム」の制圧力とその影響もあり、エルシャドール・ネフィリム」禁止を始め様々な強力なシャドールカードが規制にかかりました。

シャドール・ネフィリム

その後は「エルシャドール・ネフィリム」不在のままシャドールデッキは環境から姿を消しましたが、前回のリンクヴレインズパック「2018年11月現在」「エルシャドール・ネフィリム」の生まれ変わりであるリンクモンスターシャドールネフィリム」が登場したことで「エルシャドール・ネフィリム復帰フラグ」が立ちます!

そして環境が変化したことで「エルシャドールネフィリム」は制限、準制限と規制が徐々に溶けていき2018年10月の改定無制限になりました!

同じく規制のかかっていた「エルシャドール・ミドラーシュ」も無制限になったことでシャドールは全盛期の力を取り戻し、インフレが進んだ現在の環境を支配とまではいかないものの中堅として強力なテーマとして今も活躍しております!

 

次は「シャドール」デッキレシピの紹介と行きます!

 

「シャドール」デッキレシピ

モンスター

・シャドール・ファルコン×2

・シャドール・リザード×2

シャドール・ビースト×2

・シャドール・ドラゴン×2

・マスマティシャン×2

亡龍の戦慄-デストルドー×1

・終末の騎士×1

・ダイナレスラー・パンクトラトプス×3

・グローアップ・バルブ×1

・超電磁タートル×1

・Em−トリッククラウン×1

妖精伝説−シラユキ×1

海亀壊獣ガメシエル×1

・壊星壊獣ジズキエル×1

・怒炎壊獣ドゴラン×2

・灰流うらら×2

 

魔法

・影依融合×3

・神の写し身との接触×1

貪欲な壺×1

超融合×2

・妨げられし怪獣の眠り×1

・ハーピィの羽根帚×1

・ソウル・チャージ×1

・おろかな埋葬×1

・死者蘇生×1

 

・無限影泡×3

 

エクストラデッキ

・エルシャドール・ネフィリム×3

・エルシャドール・ミドラーシュ×2

・エルシャドール・エグリスタ×1

・エルシャドール・シェキナーガ×1

・エルシャドール・アノマリリス×1

・エルシャドール・ウェンディゴ×1

・ヴァレル・ロード・ドラゴン×1

・トロイメア・ユニコーン×1

・デコード・トーカー×1

・トロイメアフェニックス×1

・シャドール・ネフィリム×1

・水晶機巧−ハリファイバー×1

 

カード解説

亡龍の戦慄-デストルドー

亡龍の戦慄-デストルドー

汎用性の高い展開要員モンスターであり「水晶機巧−ハリファイバー」の素材にもなれ、リンク召喚の展開要員として優秀です!

「影依融合」の素材としてデッキから落としたいモンスターの1枚です!

終末の騎士

終末の騎士

闇属性を何でも墓地に送れるので、「シャドール」を始め「亡龍の戦慄-デストルドー」を墓地に送ることができます!

ダイナレスラー・パンクラトプス

ダイナレスラー・パンクラトプス

地属性を素材にする「エルシャドール・シェキナーガ」の素材としても使えますが、効果自体が汎用性が高いのが特徴です!

融合素材と展開要員として採用!

しかし先行の場合手札で腐ってしまうので、好みによって採用枚数を調整しても良い1枚

グローアップ・バルブ

グローアップ・バルブ

こちらも「エルシャドール・シェキナーガ」の素材として使えつつ、「水晶機巧−ハリファイバー」と相性の良い1枚です!

「マスマティシャン」で墓地に送り、そのまま特殊召喚すれば、リンク素材を2体確保することができます!

超電磁タートル

超電磁タートル

「エルシャドール・ネフィリム」の素材として相性が良いモンスターで高い防御性能を持つモンスターです!

こちらも「エルシャドール・ネフィリム」を融合召喚する際は積極的に素材にしたいモンスターでございます!

Emトリック・クラウン

Em−トリッククラウン

こちらも「エルシャドール・ネフィリム」の素材として優秀なモンスターで素材にして墓地に送ればそのままこのカードを特殊召喚できます!

怒炎壊獣ドゴラン

壊獣モンスター

カウンターを取られない汎用性除去である「壊獣」モンスターは属性がばらけており、シャドールモンスターと相性が良いです!

「超融合」が準制限になったことで、相手のモンスターをリリースしそのまま「超融合」で奪う動きが取りやすくなりました!

 

エルシャドール・ネフィリム

エルシャドール・ネフィリム

「シャドール」が環境を支配した元凶で禁止カードになった経歴がありますがインフレの影響で無事制限解除されました!

スポンサーリンク

特殊召喚に成功した場合に「シャドール」カードを墓地に送る効果を持っております!

落とす「シャドール」カードは状況に合わせて墓地に落とすと良いでしょう!

このカードの最も強力な点は、特殊召喚したモンスターとの戦闘でそのまま相手を破壊する効果で、このカードを戦闘で破壊するとなると通常召喚したモンスターに装備カードを装備し強化してこのカードの攻撃力を超えるなどしかありません。

非常に召喚条件が緩いかつ強力な効果を持っており、禁止カードになる理由も分かりますね!「笑」

エルシャドール・ミドラーシュ

エルシャドール・ミドラーシュ

「エルシャドール・ネフィリム」同様融合「シャドール」の中でも強力な効果を持っており、制限になった経歴の持ち主で、相手の効果で破壊されず、お互いの特殊召喚を1ターンに1度までに制限します!

闇属性が素材なのでシャドールの中でも融合召喚しやすく、序盤で融合召喚できれば相手の動きを抑制するのに役に立ちます!

また闇属性を採用しているデッキやテーマが多い為「超融合」でもこのカードが出しやすいのが特徴です!

攻撃力は低いものの墓地に送られた時の効果を持っているのである程度の弱点を補ってくれます!

エルシャドール・エグリスタ

エルシャドール・エグリスタ

融合素材は炎属性モンスターで相手の特殊召喚を無効にしその後手札のシャドールカードを墓地に送る効果を持っております!

このデッキの場合自分のモンスターを素材にして出すのはやや難しい為主に「超融合」で相手の炎属性を素材に融合召喚します。

現在だと「転生炎獣」を素材にしつつ「転生炎獣」の動きを妨害することができます。

今後「転生炎獣」の強化が予想される為、メタとして役に立つ1枚です!

エルシャドール・シェキナーガ

エルシャドール・シェキナーガ

地属性を素材に融合召喚できる「シャドール」モンスターで高い守備力を持ち特殊召喚されたモンスターが効果を発動した場合に効果を無効にし破壊することができます!

このデッキでは墓地に送りたい「グローアップ・バルブ」や汎用性の高い展開要員である「ダイナレスラー・パンクラトプス」を素材に融合召喚します!

「剛鬼」を始め地属性のテーマは多い為「超融合」で奪いやすいのも利点です!

エルシャドール・アノマリリス

エルシャドール・アノマリリス

水属性を素材に融合召喚できる「シャドール」モンスターですが、このデッキの場合「水晶機巧−ハリファイバー」しか水属性が存在しないため、このカードは完全に「超融合」で出す要員です。

しかし融合召喚できれば、魔法・罠での墓地からの特殊召喚を封じれる為強力です。

エルシャドール・ウェンディゴ

エルシャドール・ウェンディゴ

こちらも完全に「超融合」専用融合モンスターです。

しかしレジェンドデュエリスト編での「ハーピィ」の強化や、リンクヴレインズパック2「ドラグニティ」のリンクモンスターの収録が決定しており、今後使用率が増えることを踏まえると是非持っておきたいモンスターでございます!

シャドール・ネフィリム

シャドール・ネフィリム

「シャドール」リンクモンスターで「融合」を使わず「シャドール」モンスターを融合できる効果と、墓地に存在する時に手札か場の「シャドール」カードを墓地に送ることでこのカードを特殊召喚することができます!

このカードを融合素材にすれば「エルシャドール・ネフィリム」「エルシャドール・ミドラーシュ」のどちらかを選択できる為、その場にあった対応をすることができます!

水晶機巧-ハリファイバー

水晶機巧−ハリファイバー

リンクモンスターの中でも汎用性が非常に高いモンスターであり「シャドール・ファルコン」を素材にすることができます!

また矢印の向きが優秀である為、このモンスターで特殊召喚したチューナーをそのまま融合素材にすると言う動きも可能です!

影依融合

影依融合

「シャドール」専用の融合魔法で相手の場にエクストラデッキから特殊召喚したモンスターが存在する場合にデッキのモンスターも素材にすることができます!

この効果のおかげで、直接「超電磁タートル」や「グローアップ・バルブ」をデッキから墓地に落とす事ができます。

現在ではリンク召喚が増えリンク召喚が主流となっている為、このカードの効果を発揮しやすくなりました!

貪欲な壺

貪欲な壺

このデッキでは、高速で墓地が増える為、補給とドローソースとして採用!

超融合

超融合

2018年10月のリミットレギュレーションで準制限になった事で「シャドール」の融合素材を指定しやすくなりました!

「怪獣」と同じくチェーンブロックを作らないカードで相手のモンスターを確実に除去する事ができます!

また「怪獣」とも相性が良いのも嬉しい点でございます!

「シャドール」デッキの回し方

超融合

「シャドール」モンスターを融合素材やコストにし墓地に送りながらアドバンテージを稼ぎつつ、特殊召喚メタを持つ「シャドール」融合モンスターの融合召喚を狙っていきます!

相手の場にエクストラデッキから特殊召喚したモンスターが存在するときに「影依融合」を使えば好きなモンスターを墓地に送りつつ強力な「シャドール」融合モンスターを融合召喚できます。

「シャドール」の長所として、様々なモンスターを入れられる為、相手に合わせてデッキを動かすことができるのもこのデッキの長所となっております!

「シャドール」デッキを改造するなら?

サンダー・ドラゴン

改造するならこのデッキに入っていない汎用性の高いカードや様々な「シャドール」のデッキタイプを試してみると良いかも知れません。

最近では同じ融合テーマである「サンダー・ドラゴン」と混合したデッキなども登場しており、

紹介するとキリがないくらい様々なデッキタイプが存在するテーマでございます!

 

ショップでの大会での入賞

 

様々なタイプの「シャドール」デッキが今でも大会でも結果を残しており、今もなお強力なテーマということが分かりますね!

 

まとめ

エルシャドール・ネフィリム

今回は少し前のテーマでしたが、より強力になった「シャドール」デッキレシピの紹介でした!

ガチプレイヤーが組めばもっと強力なデッキになる事は間違いないくらい、構築の幅が広いテーマでございますが、当サイトの管理人はコチラの構築で良く遊んでおります!

環境によって構築の幅は無限大なので皆さんも是非自分だけの「シャドール」デッキを組んで見ましょう!