魔力カウンターを扱う「エンディミオン」モンスターがシリーズになって登場!「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を考察し、相性の良いカードを考案!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

201939日に発売予定のストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-に新規で収録されるカードの情報がいくつか判明しました。

今回はその中でも「サーヴァント・オブ・エンディミオン」についての考察や相性の良いカードを紹介していきます。

「サーヴァント・オブ・エンディミオン」の考察と考案!!

ペンデュラム・効果モンスター 星3/風属性/魔法使い族/攻 900/守1500

【Pスケール:青2/赤2】

(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。

(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。 デッキの魔力カウンターを置く事ができる攻撃力1000以上のモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、 その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。

【モンスター効果】 自分は「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。

(1):魔力カウンターが置かれているこのカードは直接攻撃できる。

(2):相手ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。 このカード及び自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード全てに魔力カウンターを1つずつ置く

(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。 その後、このカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。

ステータスはレベル3で風属性・魔法使い族の下級ペンデュラムモンスターになっています。

攻撃力が900と低いため「クリッター」「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」等でサーチが可能な点は覚えておくと良いでしょう。

ペンデュラム効果1の効果は、魔法カードが発動する度にこのカードに魔力カウンターを1つ置く効果になります。

もう1つの効果で自身に置かれている魔力カウンターが3つ必要になるので、積極的に溜めていきたい所です。

ペンデュラム効果2の効果は、このカードに置かれている魔力カウンター3つを取り除くことで自身とデッキの攻撃力1000以上の魔力カウンターを置けるモンスターを特殊召喚してその2体に魔力カウンターを1つずつ置ける効果です。

魔力カウンター3つを賄う必要はありますが特殊召喚可能なモンスターが幅広く存在するため、展開の起点として使うことが出来ます。

また、特殊召喚後に魔力カウンターを置けるのでデッキから特殊召喚したモンスターの魔力カウンターに関する効果も使用できます。

マジカル・コンダクター

エース級のモンスターを出してそのまま攻めるか、下級モンスターを出してリンク召喚やエクシーズ召喚の素材にする等用途は様々なので状況に応じて使い分けると良いかと思います。

モンスター効果1の効果は魔力カウンターが置かれている自身は直接攻撃が可能になるというものですが、攻撃力が低いので強化でもしなければトドメの一撃として使うことになりそうです。

魔法都市エンディミオン

モンスター効果2の効果は、相手ターン中に手札コスト1枚を払うことで魔力カウンターを置けるカード全てに魔力カウンターを1つずつ置ける効果です。

発動タイミングが相手のターンになりますので、自分フィールドに魔力カウンターを取り除くことで発動できる誘発効果を持つモンスターがいるときに使いたい効果です。

スポンサーリンク

手札コストとして捨てたカードが魔法使い族効果モンスターであれば一緒に収録される「救魔の標」でサルベージが可能です。

モンスター効果の3の効果は、モンスターゾーンで破壊された場合に自身をペンデュラムゾーンに置き、このカードに置かれていただけ魔力カウンターをこのカードに置けます。

ブラック・ホール

破壊方法は問われていないので、ペンデュラム効果による展開に重きを置く場合は自分で破壊してしまうという手もありです。

「サーヴァント・オブ・エンディミオン」と相性の良いカードは??

魔導獣 メデューサ

「魔導獣メデューサ」

「サーヴァント・オブ・エンディミオン」でデッキから特殊召喚できる上に、バトルフェイズ中に自分フィールドの魔力カウンターを2つ取り除くことでフィールドの表側表示モンスター1体の攻守をターン終了時まで半分にできる効果を持ちます。

「サーヴァント・オブ・エンディミオン」に置かれていた分もカウントすれば発動条件がすぐに満たされますし、このカードの攻撃力が1500あるため実質攻撃力3000までのモンスターなら戦闘破壊が可能です。

「創聖魔導王 エンディミオン」

モンスター効果だけに絞れば「サーヴァント・オブ・エンディミオン」の効果でデッキから出した場合でも性能を十分に発揮できます。

その効果により効果の対象にならず効果で破壊されないという耐性を獲得しつつ、一緒に特殊召喚されている「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を手札に戻すことで魔法・罠カードの発動を無効にして破壊できるため制圧力が期待できます。

仮に戦闘破壊されても通常魔法カードをサーチできるため逆転の一手を手札に引き込めます。

ペンデュラム・スイッチ

「ペンデュラム・スイッチ」

1ターンに1度ペンデュラムゾーンのペンデュラムモンスターを特殊召喚するかモンスターゾーンのペンデュラムモンスターをペンデュラムゾーンに置ける永続罠カードです。

相手ターンにフィールドにいる「サーヴァント・オブ・エンディミオン」をペンデュラムゾーンに置くことで再びペンデュラム効果による展開を狙える他、自分のターンでは手札の上級ペンデュラムモンスターを間接的に特殊召喚するために使えるので使い勝手が良いです。

現時点での情報で今回のストラクは強そう!?

2019216日現在で判明している新規カードの兼ね合いを考えると、今回紹介した「サーヴァント・オブ・エンディミオン」を含めて「エンディミオン」ペンデュラムモンスターに素早く魔力カウンターを3つ溜められるかどうかがデッキの回転において重要な要素になりそうです。

「魔法都市エンディミオン」で魔力カウンターの消費を肩代わりすることはもちろんですが、新規カードでもある「魔力統轄」1枚で魔力カウンターを3つ以上溜められる優秀なカードです。

再録カードの情報が少ないためストラクチャーデッキ1個分での評価は難しいですが、ストラクチャーデッキ23個分を使って新規カードを複数枚積みしたデッキであれば十分強いと思います。