昆虫族リンク3モンスター「熾天蝶」について考察と考案し、相性の良いテーマデッキやカードを紹介!




2019713日に発売予定の基本パック、カオス・インパクトに「熾天蝶」(セラフィム・パピオン)が収録されることが判明しました。

今回はその「熾天蝶」について考察していきます。

昆虫族が強化?「熾天蝶」の考察と考案!

リンク3の風属性・昆虫族リンクモンスターで、攻撃力2100です。

召喚条件はカード名が異なるモンスター2体以上であり、リンク先は上、左下、右下になっています。

3つの効果を持っており、その内1つ目と3つ目の効果はカード名ターン1制限があります。

1つ目は自身のリンク召喚成功時にリンク素材にした昆虫族モンスターの数だけこのカードにカウンターを乗せます。

2つ目の効果は自身の攻撃力をこのカードのカウンターの数×200アップします。

3つ目の効果は自身のカウンターを取り除くことでフリーチェーンで発動でき、自分の墓地からレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選んで特殊召喚するというものです。

汎用素材のリンク3モンスターであり、トークンの使用も出来るため展開力がある程度あればリンク召喚を狙えます。

1の効果は自身にカウンターを置く効果です。カウンターを置く条件はリンク素材に昆虫族モンスターを使うことであり、このカウンターが23の効果に繋がるため、昆虫族デッキでの運用が基本となるかと思います。

13の効果は1ターンにいずれか1つしか使用できず、1の効果は強制効果であるためリンク召喚したターンは3の効果を発動できない点には気を付けましょう。

2の効果はカウンターの数に応じた自己強化であり、カウンターを乗せられる数が最大3つなので上昇値は600となり攻撃力は2700となれます。

カウンターが2つ以上あればリンク3としては充分打点として期待できます。

3の効果は墓地から下級昆虫族モンスターを蘇生する効果であり、フリーチェーンで蘇生できる点は優秀です。

1の効果でカウンターを置けた時点ですでに蘇生先の昆虫族モンスターが墓地にいることが見込めるため使いやすい効果でもあります。

カウンターを取り除くため効果を使用すれば2の効果によって攻撃力の上昇が下がります。

フリーチェーンで発動できるため相手の対象を取る除去効果に対してチェーンを組むことでモンスターをフィールドに残すことが出来ます。

スポンサーリンク

「熾天蝶」と相性の良いテーマデッキやカードは?

BF」デッキ

B・F―決戦のビッグ・バリスタ

風属性・昆虫族で統一されたシンクロ召喚を主軸としたテーマデッキで、シンクロ召喚をする都合上展開力もあります。

「熾天蝶」は属性・種族が同じためシナジーがあり、一部のBFモンスターが持つ昆虫族縛りも気にせずに済みます。

中でもBF-毒針のニードル」は相性が良く、「熾天蝶」3の効果で墓地から蘇生した際にサーチ効果が使える上にフリーチェーンでBF-毒針のニードル」以外の昆虫族モンスター1体をリリースすれば相手モンスター1体の効果を無効に出来ます。

またBFモンスターが攻撃対象にされる必要はありますが、BFNを防御手段にすることも可能です。

またコチラの記事では「B・F」デッキレシピの紹介も行なっておりますので、コチラに「熾天蝶」を入れることで強化が測れるかと思います!

コレクションパックー革命の決闘者編ーでアニメ遊戯王アークファイブでシンジ・ウェーバーの使うと「B・ F」(ビーフォース)がカテゴリー...

「共振虫」

共振虫

フィールドから墓地へ送られた場合にデッキからレベル5以上の昆虫族モンスターをサーチする効果、このカードが除外された場合にデッキから自身と同名カード以外の昆虫族モンスター1体を墓地へ送れる効果を持つ下級モンスターです。

「熾天蝶」のリンク素材として墓地へ送った場合だけでなく、「熾天蝶」3の効果で墓地から蘇生した後墓地へ行ってもサーチ効果を発動できます。

どちらも出来れば自分のターンと相手のターンで計2枚のサーチを狙うことも可能です。

サーチ先としては自己特殊召喚効果を持つ「デビルドーザー」が有力候補であり、前述したBFデッキであれば「プリミティブ・バタフライ」も選択肢に入るため幅広い活躍が期待できます。

「星遺物からの目醒め」

星遺物からの目醒め

自分フィールドのモンスターを使ってリンク召喚するという効果の通常罠カードです。

「熾天蝶」3の効果はリンク召喚したターンには発動できないため、相手ターンに使った後にこのカードでリンク召喚を狙えます。

候補としては攻撃力が高く相手がリンクデッキであれば展開の妨害も期待できる「トポロジック・ボマー・ドラゴン」が有力です。

「熾天蝶」の評価は?

素材自体は汎用であるものの、効果を使うには昆虫族モンスターが必要になるため採用するデッキは限られるかと思われます。

蘇生効果自体は優秀ですが耐性はなく自身を守る手段は別に用意する必要があるため、3の効果で墓地から「ブロック・スパイダー」を蘇生するというのも良いでしょう。

デッキの展開力にもよりますが、昆虫族モンスターを素材にしてリンク召喚することが容易であれば比較的使いやすく更なる展開の補助となれるモンスター、というのが評価になります。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX


【アジア版】遊戯王OCG デュエルモンスターズ CHAOS IMPACT BOX [並行輸入品]

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする