ストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」3箱デッキレシピの紹介!「サラマングレイト」テーマが大幅強化!




ストラクチャーデッキから穂村尊こと「ソウルバーナー」が使うテーマ「サラマングレイト」のストラクチャーデッキが発売しました!

今回主役の1人である「ソウルバーナー」のストラクチャーデッキがこんなにも早く出るとはと驚いた方も多いのではないでしょうか?(私は驚いた「笑」

今回は恒例のストラクチャーデッキ3箱合体「ソウルバーナー」3箱デッキレシピ「サラマングレイト」デッキレシピの紹介をしたいと思います!

「ソウルバーナー」3箱デッキレシピ

モンスター

・転生炎獣モル×3「新規」

・転生炎獣ガゼル×3「新規」

・転生炎獣スピニー×3「新規」

・転生炎獣フォウル×3「新規」

転生炎獣Bバイソン×3「新規」

・転生炎獣フォクシー×3

・転生炎獣ファルコ×2

・灰流うらら×2

魔法

・転生炎獣の聖域×3

・転生炎獣の炎陣×3「新規」

転生炎獣の烈爪×1「新規」

・御前試合×2

・サラマングレイトロアー×3

サラマングレイトギフト×1

エクストラデッキ

・転生炎獣ミラージュスタリオ×3

・転生炎獣ベイルリンクス×3

・ドリトルキメラ×3

・フレイム・アドミニスター×3

・転生炎獣ヒートライオ×3

ストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」カード解説

こちらで新規カードと既存のカードの解説を行っておりますので今回は大まかにカード解説して行きたいと思います!!↓

遊戯王ヴレインズで「サラマングレイト」を使う熱き男! 穂村尊こと「ソウルバーナー」のストラクチャーデッキが発売になりましたね! ...

転生炎獣モル

効果モンスター
星1/炎属性/サイバース族/攻   0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がリンクモンスターのリンク召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。
手札のこのカードをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「サラマングレイト」カード5枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

自分がリンク召喚に成功した場合にリンクモンスターのリンク先に特殊召喚出来るモンスターで展開力に優れており、このデッキではリンク召喚を多用するため使いやすい効果となっております。

(2)の効果は墓地のこのカードを除外する事で墓地の「サラマングレイト」カードをデッキに加えて2枚ドロー出来る効果ですが、「サラマングレイト」は墓地のアドバンテージも重要になってくる為、何も考えずに発動してしまうと後に繋がらなくなるパターンもあり得る為、発動タイミングには注意が必要です。

(2)の効果を有効活用するのであれば、リンクモンスターをエクストラデッキに戻す事で再度転生リンク召喚が狙いやすくなる点と今回はストラクチャーデッキ3箱レシピなので、エクストラデッキにカードを多く入れられないのでこの回収効果は重要になって来ます。

転生炎獣ガゼル

効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。

(1)の効果は同名以外のが墓地に送られた時にこのカードを手札から発動できる効果です。

墓地に送られればどこからでもいいので、コストやリンク召喚で墓地に送られてこのカードを特殊召喚すれば、さらにリンク召喚に繋げる事が可能な為、特殊召喚を積極的に行って行きたいモンスターです。

(2)の効果は召喚・特殊召喚した時に同名以外の「サラマングレイト」カードを墓地に送る効果で、「サラマングレイト」限定の「おろかな埋葬」効果を内蔵しており、状況に応じて「サラマングレイト」カードを墓地に送ると良いでしょう。

特に相性が良いのは「転生炎獣スピニー」で墓地に送り「転生炎獣スピニー」を特殊召喚すればレベル3が2体揃うので「転生炎獣ミラージュスタリオ」をエクシーズ召喚出来ます。

転生炎獣スピニー

効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「サラマングレイト」カードが存在する場合、
このカードを手札から捨て、 
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
(2):自分フィールドに「転生炎獣スピニー」以外の「サラマングレイト」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

(1)の効果は上昇値が500と低いので重視する効果としては(2)の方で墓地にこのカードが存在する時に自分フィールドに同名モンスター以外の「サラマングレイト」モンスターがいる時に墓地から特殊召喚することが出来ます。

特殊召喚したこのカードがフィールドから離れると除外されてしまいますがエクシーズモンスターですある「転生炎獣ミラージュスタリオ」に繋げる事でデメリットを回避しつつ「転生炎獣スピニー」を墓地から再利用することが出来ます。

転生炎獣フォウル

効果モンスター
星4/炎属性/サイバース族/攻1800/守 200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「転生炎獣フォウル」以外の
「サラマングレイト」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのセットされた魔法・罠カードは発動できない。

「サラマングレイト」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に手札からこのカードを特殊召喚することが出来ます。

「サラマングレイト」のリンク召喚成功時にこのカードを特殊召喚すれば連続でリンク召喚に繋げる事も出来ます。

(2)の効果は手札かフィールドの表側表示の「サラマングレイト」を墓地に送ることで相手フィールドのセットされた魔法・罠カードを1枚そのターン発動出来なくする効果です。

チェーンで発動される点はあるものの大量展開後に安全にトドメを刺す補助をしてくれつつ墓地に「サラマングレイト」を落とせる点は優秀です。

特に「転生炎獣スピニー」を墓地に落としておけば、召喚・特殊召喚した「サラマングレイト」モンスター1体と効果で特殊召喚したこのモンスターと墓地に落とした「転生炎獣スピニー」リンク3を作ることが出来ます。

転生炎獣Bバイソン

効果モンスター
星8/炎属性/サイバース族/攻2800/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に「サラマングレイト」モンスターが3体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):相手フィールドの表側表示のカードの数まで、
自分の墓地の炎属性リンクモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻す。
その後、戻したカードの数まで相手フィールドの表側表示のカードを選んで、
ターン終了時までその効果を無効にできる。

自分の墓地に「サラマングレイト」モンスターが3体以上存在する時に手札から守備表示で特殊召喚することが出来ます。

墓地に「サラマングレイト」が溜まりやすいこのデッキではこの条件を満たしやすく特殊召喚は比較的に容易ですが、特殊召喚が守備表示なので、アタッカーとしての運用にら1ターン待たなくてはならない上に守備力が低いので、特殊召喚後は即座にリンク素材にした方が良いでしょう。

(2)の効果は相手フィールドの表側表示のカードの数だけ自分の墓地の炎属性リンクモンスターをエクストラデッキに戻し、戻したカードの数まで相手フィールドの表側表示のカードを選んで、
ターン終了時までその効果を無効にする効果です。

エクストラデッキにリンクモンスターを戻せる効果は転生リンク召喚の素材にしたモンスターを再利用するのに役に立ちます。

特に今回の構築では、エクストラデッキに制限がある為この効果は特に重宝します。

転生炎獣ミラージュスタリオ

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/炎属性/サイバース族/攻2000/守 900
レベル3モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性モンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
(2):X召喚したこのカードが「サラマングレイト」リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

「サラマングレイト」エクシーズモンスターでレベル3モンスター2体でエクシーズ召喚出来ます。

素材を取り除いた時の効果はデッキから「サラマングレイト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する効果です。

デメリットとしてはこの効果を使用したターンは

炎属性モンスター以外のモンスターの効果を発動できないデメリットがありますが、このデッキのモンスターは炎属性で構築されているのでこのデメリットは関係ないと言えるでしょう。

特殊召喚する「サラマングレイト」モンスターについては制限がないので状況に応じて好きな「サラマングレイト」とを選べる点は非常に優秀です。

(2)の効果はエクシーズ召喚したこのカードが「サラマングレイト」リンクモンスターの素材に使用された場合にフィールドのモンスターをバウンス出来る効果です。

(1)の効果と合わせればリンク召喚は容易に行いつつ、特殊召喚した「サラマングレイト」を墓地に送れるので墓地で効果を発動する「サラマングレイト」モンスターの効果に繋げると言ったコンボが出来ます。

バウンス効果は相手に使うことが出来る点でも優秀ですが自身のモンスターにも使用出来るので、召喚時効果を再利用したい場合は自身のモンスターを手札に戻すのも手です。

転生炎獣ベイルリンクス

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

「サラマングレイト」リンクモンスターでリンク1で召喚条件はレベル4以下のサイバース族1体と非常に素材が緩い優秀な「サラマングレイト」リンクモンスターです。

このモンスターのリンク召喚に成功した時に転生リンク召喚に必要な「転生炎獣の聖域」を1枚デッキからサーチすることができます。

1体でリンク召喚出来るので、リンク召喚を行う場合らこのモンスターを積極的に経由してキーカードである「転生炎獣の聖域」をサーチし、「転生炎獣ヒートライオ」に繋げて行けば、転生リンク召喚を簡単に狙うことが可能です。

また墓地のこのカードを除外する事で「サラマングレイト」が破壊される代わりにこのカードを除外して守ることが出来ます。

除外とバウンスには対応していないものの、破壊耐性の無い「サラマングレイト」カードを守れる点は嬉しいところです。

転生炎獣の烈爪

装備魔法
「サラマングレイト」モンスターにのみ装備可能。
(1):「転生炎獣の烈爪」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):装備モンスターは、戦闘・効果では破壊されず、
守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):装備モンスターが自身と同名のモンスターを素材としてリンク召喚した
自分の「サラマングレイト」リンクモンスターの場合、
装備モンスターは1度のバトルフェイズ中にそのリンクマーカーの数までモンスターに攻撃できる。

「サラマングレイト」専用の装備魔法で装備モンスターは戦闘と効果で破壊されなくなります。

こちらもやはり、除外やバウンスには弱いもののこのデッキのエースである「転生炎獣ヒートライオ」に耐性を与えられる点は嬉しい点と貫通効果を与えることが出来ます。

また(3)の効果は転生リンク召喚したモンスターに装備されている場合に適用できる効果で装備モンスターは1度のバトルフェイズにリンクマーカーの数までモンスターに攻撃することが出来ます。

モンスターがいる時限定の効果で転生リンク召喚していることが条件になる為、発動が厳しい効果ですが、上手くいけば連続攻撃で場を一掃することも場合によっては可能ですり

エースモンスターである「転生炎獣ヒートライオ」に装備することで力を発揮する装備カードの上、フィールドに1枚しか存在出来ない為採用は1枚ですが場合によっては違うカードに入れ替えても問題のない1枚です。

サラマングレイト・ロアー

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「サラマングレイト」リンクモンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自身と同名のモンスターを素材として「サラマングレイト」リンクモンスターが
自分フィールドにリンク召喚された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

「サラマングレイト」リンクモンスターが存在しモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時にその発動を無効にし破壊できる「サラマングレイト」「神の宣告」です。

(2)の効果は転生リンク召喚が行われた場合に墓地のこのカードを再セット出来る効果で、再利用の条件はややタイミングが厳しいものの、上手く効果を発動出来れば、相手にとっては鬱陶しい罠カードとなるでしょう。

「ソウルバーナー」3箱デッキの回し方

序盤の方はとにかく「サラマングレイト」モンスターの特殊召喚を活かし「サラマングレイト」を展開し、リンク召喚に繋げて行きます。

新規収録された「転生炎獣ベイルリンクス」はリンク召喚の条件が緩い上、キーカードである「転生炎獣の聖域」をデッキからサーチでき、墓地に存在すれば「サラマングレイト」カードを守れるのでリンク召喚をする際は「転生炎獣ベイルリンクス」を経由し「転生炎獣ヒートライオ」に繋げて行きます。

「転生炎獣ヒートライオ」の展開後は状況に応じて転生リンク召喚を行なったり、更にリンクモンスターを展開したり、エクシーズモンスターである「転生炎獣ミラージュスタリオ」を展開しビートダウンして行きます。

このデッキの特徴として墓地に落ちることで力を発揮するテーマ群なのとこのデッキではリンクモンスターの回収に長けている為、長期戦にも強いのが特徴です。

「ソウルバーナー」デッキを改造するなら?

転生炎獣サンライトウルフ

「サラマングレイト」カードは正直なところこのデッキでほぼ強力なカードが揃っているので、後はエクストラデッキを拡張することをオススメします。

「フュージョンオブ・ファイア」を入れれば相手のリンクモンスターを素材にしつつ攻撃力の高い「サラマングレイト」融合モンスターである「転生炎獣ヴァイオレット・キマイラ」を融合召喚出来たり、このストラクチャーデッキに入っていないリンク2「転生炎獣サンライトウルフ」を入れれば炎属性モンスターをサーチしつつ、更にリンク召喚に繋げると言ったこともでき安定性が増します。

こちらの記事ではストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」デッキを強化したデッキレシピを紹介しておりますので是非参考にしていただけたらと思います!

遊戯王ヴレインズで「サラマングレイト」を使う熱き男! 穂村尊こと「ソウルバーナー」のストラクチャーデッキが発売になりましたね! ...

コチラの記事では新規収録されます「転生炎獣フェネック」の紹介とコンボを紹介しております!

今後環境入りも視野となることでしょう!

2019年1月12日発売予定のブースターパック、ダーク・ネオストームにて「サラマングレイト」テーマの強化カードとして「転生炎獣フェネック」が...

ストラクチャーデッキ「サラマングレイト」3箱デッキレシピのまとめ

今回はストラクチャーデッキ「サラマングレイト」3箱デッキレシピの紹介でした。

個人的にまさかこんなに早い段階で「サラマングレイト」がストラクチャーデッキになるとは思っておりませんでした!

今回のストラクチャーデッキは遊戯王ヴレインズでメインキャラが使うテーマなだけに今回のストラクチャーデッキは嬉しいファンは多いのではないでしょうか?「しかも灰流うららが再録なのはヤバイ!」

また余談になりますが、今回1番話題になったと言っても過言では無いのがやっぱり「灰流うらら」の再録でら無いでしょうか?

「灰流うらら」の再録により、大幅に手に入れやすくなった反面、「灰流うらら」制限フラグが巷では流れているみたいですね「私も実は制限になるんでは?と思っている1人」

ストラクチャーデッキに再録された「トーチゴーレム」がすぐに制限になった事もあり、今後は「灰流うらら」の価格が落ち着くのではないでしょうか?

「灰流うらら」は正直便利なカードですが、見飽きてしまった所もあるので、次の制限改訂でどのように動くのかが楽しみでもあります!

私の余談は以上です!

皆さんも是非「ソウルバーナー」デッキで熱き男になりきって遊んでみてください!