新規「ブルーアイズ」融合モンスターとして「青眼の究極亜竜」が登場!「青眼の白龍」デッキは強化されたのか、相性の良いカードを調査しました!

20thアニバーサリーレジェンドコレクションにて「青眼の究極亜竜」が収録されることが判明していましたが、遂にカードイラストだけでなく効果やステータスの詳細も公開されました。

これで「青眼の白龍」3体融合で出せるモンスターは3体目になったわけですが、性能について考察していきます。

「青眼の究極亜竜」の効果について!

融合・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」
(1):フィールドのこのカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターを素材として
このカードが融合召喚されている場合、この効果の対象を2枚または3枚にできる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

レベル12の光属性・ドラゴン族の融合モンスターで、攻撃力は4500守備力は3800切り札級のステータスです。

「青眼の白龍」3体を融合素材にすることで融合召喚が出来ます。

効果は2つあり、1つ目は自身は効果の対象にならず効果では破壊されないという耐性効果。

2つ目は1ターンに1度自身が攻撃できなくなる代わりにフィールドのカードを1枚破壊する効果で、元々のカード名が「青眼の亜白龍」となるモンスターをこのカードの融合素材にしていた場合に破壊するカードの枚数2枚または3枚に出来ます。

真青眼の究極竜

レベルや攻守などは他の「青眼の白龍」3体融合のモンスターと同じになっています。

融合素材の「青眼の白龍」3体という点についてですが、このカードの2の効果を踏まえるとフィールド・墓地に存在するときに「青眼の白龍」として扱う「青眼の亜白龍」1体は融合素材にしたい所です。

「青眼の白龍」デッキでなら特殊召喚や墓地肥やしを活用できますので素材を揃えること自体の難易度はそこまで高くはないか思います。

対象にならず効果破壊されない耐性は普通に優秀なので攻撃力も相まって、相手によってはフィールドに維持できます。

怒炎壊獣ドゴラン

とはいえ、最近は対象を取らない破壊以外の除去効果が増えてきているので過信は禁物です。それに加え戦闘耐性もないのでSNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング」等には気を付けましょう。

フィールドのカードを破壊する効果ですが、攻撃できなくなるというデメリットは大きいので極力「青眼の亜白龍」を素材にしたときに相手フィールドのカードを3枚破壊する等して使いたいです。

また素材にする「青眼の亜白龍」を素材にする場合には「青眼の亜白龍」の除去効果も含めて4枚の効果破壊ができます。

「青眼の究極亜竜」と相性の良いカードを紹介!

アークロード・パラディオン

「パラディオン」リンクモンスター

スポンサーリンク

リンク先のモンスターは攻撃できなくなる代わりに自身の攻撃力をリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする共通効果を持ちます。

「青眼の究極亜竜」は除去効果使用後に攻撃できなくなりますが、「青眼の究極亜竜」の元々の攻撃力分つまり4500ポイント攻撃力が上がっている「パラディオン」リンクモンスターなら攻撃が可能です。

ドラゴン族の「星辰のパラディオン」なら「青眼の白龍」デッキとも噛み合いますので、リンク1「マギアス・パラディオン」を使うと良いでしょう。

真魔獣 ガーゼット

「真魔獣 ガーゼット」

自分フィールドのモンスター全てをリリースすることで手札から特殊召喚でき、リリースしたモンスターの元々の攻撃力の合計分自身の攻撃力を上げられます。

除去効果使用後の「青眼の究極亜竜」をこのカードでリリースすれば攻撃力4500以上で攻撃できます。

龍の鏡

「龍の鏡」

ドラゴン族融合モンスターの融合素材をフィールド・墓地から除外することで融合召喚できる通常魔法カードです。

墓地になら「青眼の亜白龍」1体を含む「青眼の白龍」3体を揃えるのはそう難しくないので「青眼の究極亜竜」を出しやすくなります。

除外した融合素材を墓地に戻すなど再利用する手段があると更に良いでしょう。

融合解除

「融合解除」

融合モンスター1体をエクストラデッキに戻すことでその素材一組を墓地から特殊召喚できる速攻魔法です。

「青眼の究極亜竜」の除去効果を使って相手フィールドをがら空きにした後にこのカードを使えば、墓地の「青眼の白龍」または「青眼の亜白龍」3体特殊召喚出来ますので、3体で直接攻撃出来れば9000ダメージでワンキルになります。

スノーマン・エフェクト

「スノーマンエフェクト」

自分フィールドのモンスター1体を対象にし、対象にしたモンスター以外の自分フィールドのモンスターの攻撃力の合計分対象のモンスターの攻撃力を上げる罠カードです。

罠カードなので1ターンかかりますが、「青眼の究極亜竜」で除去効果を使った後にこのカードで「青眼の究極亜竜」以外のモンスターを選択すれば攻撃力が4500以上アップします。

攻撃力がアップしたモンスターは直接攻撃できないため、「青眼の究極亜竜」の効果で破壊する時には相手フィールドの攻撃表示モンスター1体は残すようにしましょう。

「青眼の究極亜竜」は「青眼の白龍」デッキの強化に貢献する!?

そもそもな話ですが、「青眼の白龍」3体融合を主軸にデッキを構築することは難易度がかなり高いです。前述した「龍の鏡」で比較的容易に出せるものの、墓地リソースを失うのはその後に痛いので「青眼の白龍」「青眼の亜白龍」2種類を3枚積みでもしなければ除外から墓地に戻すカードが必要になります。

「青眼の白龍」3体のみを採用しているデッキの場合は、「龍の鏡」による墓地リソースの喪失を考えるとそのターンでデュエルを決めたいので、連続攻撃が出来る「真青眼の究極竜」の方が使いやすくワンキルも視野に入るほどの火力を出せます。

以上のことから「青眼の白龍」デッキが強化されたかと聞かれれば微妙と答えざるを得ないです。


【予約前日発送】[BOX][TCG]遊戯王OCG デュエルモンスターズ20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTION(トゥエンティース アニバーサリー レジェンド コレクション)(CG1618)(15パック)(20190209)