新たな汎用除外サポートカード「竜嵐還帰」の考察と考案して評価!相性の良いデッキやカードを紹介!




2019413日に発売のライジング・ランペイジ「竜嵐還帰」が収録されることが分かりました。

細かな情報も判明しましたので、今回はその「竜嵐還帰」について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

除外されたモンスターを特殊召喚できる罠カード「竜嵐還帰」の考察と考案!

カード名ターン1で発動できる通常罠カードです。

除外されている自分または相手のモンスター1体を対象とし、そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚します。

この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻ります。

死者蘇生(VS15、ST17、ST19)

効果は除外版の「死者蘇生」とも言える効果で、自分か相手のモンスター1体を特殊召喚出来ます。

効果コストや除外された時の効果を発動するために除外したモンスターを帰還させることも出来ますし、除外で除去した相手モンスターを自分フィールドに特殊召喚して使うことも出来ます。

また相手が除外を利用するデッキであれば不意を突くことも可能です。

特殊召喚したモンスターをエンドフェイズに持ち主の手札に戻りますので、自分の除外されたモンスターを間接的に手札に戻すことも可能となります。

当然相手の除外されたモンスターを特殊召喚した場合、そのモンスターをエンドフェイズまでフィールドに残してしまえば相手の手札に戻ってしいます。エンドフェイズを迎える前に何かしらの召喚方法の素材や戦闘・効果破壊された場合には墓地に送られるので、除外されていたモンスターを手札ではなく墓地に送って効果の再利用を測ることもできます。

メタファイズ・ラグナロク

除外がコストとなるカードや、デッキ・墓地から任意のモンスターを除外できるカードと併用すれば強力なモンスターを特殊召喚したりその後の展開に繋げられるでしょう。

単純に除外されていたモンスター1体を手札に戻すことが目的なら相手ターンのエンドフェイズに発動することも視野に入りますが、展開や打点として使うことが目的であれば自分のターンに発動したいカードだと思われます。

フリーチェーンで使えるカードなので相手に除去される場合にはチェーン発動することも出来ます。

とはいえ苦し紛れではあるので、自分のターンで使うためには罠カードである以上発動までに1ターン遅れる点には気を付けておきましょう。

スポンサーリンク

「竜嵐還帰」と相性の良いデッキやカードを紹介!

「サンダー・ドラゴン」デッキ

雷神龍-サンダー・ドラゴン

メインデッキのほとんどの「サンダー・ドラゴン」モンスターは自身を手札から捨てて発動できる効果、除外された場合もしくはフィールドから墓地へ送られた場合に発動する効果を持っています。

元より除外を駆使するため、「竜嵐還帰」で特殊召喚できるモンスターの確保は容易です。

加えて特殊召喚した「サンダー・ドラゴン」モンスターはエンドフェイズに手札に戻るので、手札から捨てて発動できる効果を使えるようになります。

アンデット族デッキ

馬頭鬼

「不知火」「魔妖」等のテーマだけでなく、「馬頭鬼」「ゾンビキャリア」等の汎用性のあるアンデット族モンスターも除外を使う場合が多いです。

中でも「馬頭鬼」「竜嵐還帰」の相性は良いです。

自分のターンで発動できる「竜嵐還帰」がある状態で、墓地の「馬頭鬼」の効果を使用して自身を除外してアンデット族モンスター1体を蘇生後、「竜嵐還帰」「馬頭鬼」を特殊召喚してリンク素材などに使って墓地へ送れば再び「馬頭鬼」の蘇生効果を使用可能になるため優秀です。

「孤高除獣」

孤高除獣

召喚成功時に手札のモンスター1体を除外し、デッキからそのモンスターと同じ種族のモンスター1体を除外出来ます。

種族が統一されているテーマであれば実質好きなモンスターを除外出来るため、「竜嵐還帰」を使えば特殊召喚が可能です。

また同じ種族なら何でもいいため、サーチが難しいモンスターを除外して「竜嵐還帰」を使って特殊召喚またはエンドフェイズに手札に加えることも出来ます。

「封印の黄金櫃」

封印の黄金櫃

デッキからカード1枚を除外し、このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズにこの効果で除外したカードを手札に加えます。

このカードと「竜嵐還帰」を合わせることで実質デッキから好きなモンスターを特殊召喚が出来るようになります。

サーチが難しいモンスターや、除外された場合に効果が発動するモンスターの効果を使用しつつ展開力としての貢献もさせられます。

運用する際、このカードが制限カードである点にはよく気を付けましょう。

スポンサーリンク

「竜嵐還帰」は強い?評価は?

カテゴリ名やテーマカードでもなく、効果からも察せられる通り除外を扱うデッキであれば汎用的に採用出来ます。

罠カードである都合上発動が遅れるという欠点はあるものの効果や攻撃の制約なしで特殊召喚できたり間接的に手札に加えられるというメリットは大きいので、総合的な評価としては普通に優秀なカードになります。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISING RAMPAGE BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする