「神炎竜ルべリオン」の効果考察!相性の良いカードと「アルバスの落胤」を素材とする融合モンスターとしての評価は?

2021124に発売予定のストラクチャーデッキ-アルバ・ストライク-にて「神炎竜ルべリオン」が収録されます。

そこで今回は「神炎竜ルべリオン」の効果を考察し、相性の良いカードなどについて紹介していきます。

「神炎竜ルべリオン」の効果考察!

融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守3000
闇属性モンスター+「アルバスの落胤」
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
自分のフィールド・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「神炎竜ルベリオン」を除くレベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このターン、このカードは攻撃できず、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

「神炎竜ルべリオン」は光属性・ドラゴン族のレベル8融合モンスターであり、攻撃力は2500守備力は3000になっています。

素材指定は

闇属性モンスター+「アルバスの落胤」

となっています。

闇属性モンスターはカードプールも多いため、「アルバスの落胤」の効果で相手フィールドのモンスターを融合素材にして融合召喚する難易度はそこまで高くありません。

とはいえ、工夫無しでは相手依存であることに変わりは無いため「白の烙印」などを使ったり闇属性モンスターを採用したりなど、自分のモンスターのみで融合召喚できるようにしておくと良いでしょう。

効果についてですが、融合召喚成功時に手札1枚をコストにすることで、自分のフィールド・墓地・除外ゾーンから融合素材をデッキに戻すことで「神炎竜ルべリオン」と同名カード以外のレベル8以下の融合モンスターを融合召喚するというものです。

同じく「アルバスの落胤」を融合素材に指定しいる融合モンスターであり、融合効果を内蔵しているという点で「烙印竜アルビオン」に似ています。

しかし、

素材指定

内蔵している融合効果の素材参照範囲

融合効果で素材に使用したモンスターがどこへ行くか

効果使用後の制約の有無など

が異なるため差別化することは容易でしょう。

融合素材に使用したモンスターはデッキに戻りますが、「アルバスの落胤」関連カードには「白の聖女エクレシア」「灰燼竜バスタード」のように「アルバスの落胤」をサーチ・リクルート出来る効果を持つものも多いため、むしろサーチやリクルート先を用意することで「アルバスの落胤」を回していくことが可能です。

またこの効果で融合召喚するのは「神炎竜ルべリオン」以外のレベル8以下の融合モンスターなら好きな物で良い上にこのカード自体を融合素材にすることも可能ですので、同じく新規カードであり制圧力もある「氷剣竜ミラジェイド」の融合召喚に繋げる動きも有用でしょう。

この効果を使用したターン自身は攻撃できず、自分はエクストラデッキから融合モンスターしか出せなくなるという制約があります。

これにより融合モンスターを複数体並べられても自身はそのターンの攻撃に参加できないため、融合素材などに使ってしまっても問題はないです。

また攻撃できずとも「烙印断罪」「烙印の裁き」を使うために敢えて自分フィールドに残しておくという選択も有りかと思います。

効果使用後はエクストラデッキから特殊召喚できるモンスターに縛りがかかるので、レベル8の融合モンスターを並べられてもエクシーズ召喚は出来ない点には気を付けましょう。

スポンサーリンク

「神炎竜ルべリオン」と相性の良いカードを紹介!

「デスピアの導化アルベル」


遊戯王 DAMA-JP006 デスピアの導化アルベル (日本語版 スーパーレア) ドーン・オブ・マジェスティ

召喚・特殊召喚成功時に「烙印」魔法・罠カードをサーチできる効果を持つ下級モンスターであり、このカード自体が闇属性であるため「神炎竜ルべリオン」の融合素材としても活用できます。

既に「アルバスの落胤」が手札や墓地にあるのであれば、このカードで融合効果を持つ「烙印劇城デスピア」「白の烙印」「赫の烙印」をサーチできます。

逆に「アルバスの落胤」が無い代わりに融合手段があるのであれば、「アルバスの落胤」をサーチできる「烙印の気炎」「失烙印」を引き込んだりと柔軟な対応ができる点も好相性です。

「神炎竜ルべリオン」を融合召喚した後は、「神炎竜ルべリオン」の融合効果の素材にこのカードを選んでデッキに戻せば使い回すことも視野に入るでしょう。

「捕食植物ドラゴスタぺリア」


捕食植物ドラゴスタペリア ノーマル 遊戯王 デュエリストパック – レジェンドデュエリスト編5 – dp22-jp053

融合モンスター+闇属性モンスターで融合召喚できるため、「神炎竜ルべリオン」の効果でフィールドの自身を含めて融合召喚する際の融合召喚先の候補になります。

同じ運用での融合召喚先の候補としては「氷剣竜ミラジェイド」もいますが、1ターンに1度フリーチェーンでモンスター1体に捕食カウンターを置いて効果を無効化するこちらと、2ターンに1度フリーチェーンで対象を取らない除外効果を持つあちらとは対応できる状況が異なるため臨機応変に使い分けると良いでしょう。

「烙印竜アルビオン」


遊戯王 LIOV-JP033 烙印竜アルビオン (日本語版 アルティメットレア) ライトニング・オーバードライブ

「アルバスの落胤」を融合素材に指定している融合モンスターの内の1体であり、融合召喚成功時に融合効果を持っています。

このカードの融合効果で素材にしたモンスターは除外されるため、「神炎竜ルべリオン」の融合効果を合わせれば同じ素材を使って除外融合することが狙えます。

ある程度の準備は必要ですが、「烙印竜アルビオン」の融合召喚→

「烙印竜アルビオン」の融合効果で「神炎竜ルべリオン」を融合召喚→

「神炎竜ルべリオン」の融合効果を使用、という流れができれば1ターンの間に3度の融合召喚をすることも可能ではあります。

「神炎竜ルべリオン」の評価は?まとめ!

「神炎竜ルべリオン」は融合効果によって融合モンスターを複数体展開することが狙えるだけでなく、自身を素材に含めることで「氷剣竜ミラジェイド」や上記の「捕食植物ドラゴスタぺリア」等を状況に応じて出せるため制圧盤面の構築や攻勢に出る際にも中継点として活躍させられる融合モンスターであると評価できます。

融合効果で自身を素材に含めるという動きは「烙印竜アルビオン」でも出来るのですが、「神炎竜ルべリオン」が登場したことにより「アルバスの落胤」+光属性モンスターor闇属性モンスターで運用可能になったためより実現しやすくなったと言えます。

「アルバスの落胤」を主軸としたデッキでは戦術の幅を広げられる優秀なカードですので、上手く活用していけるでしょう。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ ALBA STRIKE