「レプティレス・ヒュドラ」が判明!新たな爬虫類族チューナーの登場により強化されるデッキや相性の良いカードを考察!




2019413に発売する基本パック、ライジング・ランペイジに収録されるカードの新情報が届きました。

昔懐かしの爬虫類族テーマでもある「レプティレス」に新規カードが加わるということで、今回はそんな「レプティレス・ヒュドラ」について考えていきます。

スポンサーリンク

新たな「レプティレス」モンスター「レプティレス・ヒュドラ」の効果の考察!

レベル2の闇属性・爬虫類族チューナーで、攻守は0です。

効果は2つあり、1つ目自分フィールドに存在するモンスターが爬虫類族モンスターのみの場合に相手フィールドの表側表示のモンスター1体の攻撃力を0にして自身を手札から特殊召喚でき、その後自分はそのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受けるという効果。

2つ目は自身がシンクロ素材として墓地へ送られた場合、フィールドの表側表示モンスターを2体まで対象としてそのモンスターの攻撃力を0にする効果です。

このカード名の12の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できません。

闇の誘惑

レベルと攻守が低く、闇属性であり爬虫類族でもあるためサポートカードは豊富に存在します。

1の効果は条件を満たせば相手の弱体化をしながらも自身を手札から特殊召喚出来ます。

エーリアンモナイト

自分フィールドのモンスターが爬虫類族モンスターのみという条件は爬虫類族を主軸に置いたデッキなら満たしやすく、このカード自体がチューナーなので特殊召喚後はシンクロ召喚や「水晶機巧-ハリファイバー」のリンク召喚に繋げられます。

Sin トゥルース・ドラゴン

この効果で忘れてはならないのが、攻撃力を0にした相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを自分が受けることで、相手のモンスター次第では大ダメージとなってしまいます。

ハネワタ

それらを踏まえると、この効果を主にしてこのカードを使いたい場合は「ハネワタ」等の効果ダメージ対策カードを併用すると良いでしょう。

2の効果は自身をシンクロ素材にしてシンクロ召喚すればモンスター2体までの弱体化が出来るというものです。

レベル2チューナーであるためシンクロ素材としては使いやすく、レベルの低さなども考えればデッキ・墓地からの特殊召喚もそう難しくはありません。

こちらの効果は何のデメリットも無いので、シンクロ召喚した後は攻撃力0にした相手モンスターを攻撃して積極的にダメージを与えていくと良いでしょう。

要注意な点としては、このカードの12の効果は1ターンに1度いずれか1つしか使用できないので、1の効果で手札から特殊召喚後にシンクロ素材にして2の効果を使うことは出来ません。

スポンサーリンク

そのことを踏まえると、このカードを運用する際にはどちらの効果を主に使いたいかを考えて採用する必要があるでしょう。

スポンサーリンク

「レプティレス・ヒュドラ」で強化されるデッキや相性の良いカードは?

爬虫類族シンクロデッキ

レプティレス・ラミア

括りを広く表しましたが、テーマで言えば今のところは「レプティレス」が最有力となっています。

「レプティレス・ヒュドラ」は爬虫類族のサポートカードの恩恵を受けられるので、その攻撃力の低さを活かして「スネーク・ホイッスル」「ダメージ=レプトル」を使うことでデッキからの特殊召喚が出来ます。

召喚権を使わずに「レプティレス・ヒュドラ」を出せるのでシンクロ召喚して2の効果へ繋げられます。

また闇属性なので、「スネーク・レイン」で墓地に送った後「ダーク・バースト」「悪夢再び」でサルベージすることも出来ます。

手札に加えられるため、「レプティレス・ヒュドラ」1の効果で特殊召喚して展開することが狙えます。

「サイバース・ガジェット」

サイバース・ガジェット

召喚成功時に墓地のレベル2以下のモンスターを効果を無効にして蘇生する効果、フィールドから墓地へ送られた場合にトークンを生成する効果を持ちます。

このカードのレベルが4なので、墓地の「レプティレス・ヒュドラ」を蘇生してレベル6のシンクロモンスターをシンクロ召喚することで「レプティレス・ヒュドラ」2の効果で相手モンスターの弱体化が出来ます。

シンクロモンスターは「瑚之龍」にすればトークンを使ってレベル8シンクロモンスターへ繋げられます。

結果的に、相手モンスター2体の攻撃力を0カードを1枚ドローレベル8シンクロモンスターをシンクロ召喚が出来るため優秀です。

「カゲトカゲ」

カゲトカゲ

自身がレベル4モンスターを召喚した時にこのカードを特殊召喚できるモンスターで「レプティレス・ヒュドラ」とリンク3モンスターのリンク召喚を狙うことができます。

「レプティレス・ラミア」

レプティレス・ラミア

シンクロ召喚時に相手フィールドの攻撃力0のモンスターを全て破壊し、破壊した数だけドローできる効果を持ちます。

「レプティレス・ヒュドラ」2の効果とチェーンを組むことで、相手モンスター2体を除去しつつ2枚のドローが出来るのでハンドアドバンテージにもなります。

「スターダスト・チャージ・ウォリアー」

スターダスト・チャージ・ウォリアー

シンクロ召喚時に1枚ドローできる効果、特殊召喚された相手モンスター全てに1回ずつ攻撃出来る効果を持ちます。

「レプティレス・ヒュドラ」をシンクロ素材としてこのカードをシンクロ召喚することで、カードを1枚ドローしながらも相手の特殊召喚された攻撃力0のモンスターを攻撃すれば計4000ダメージを狙えます。

まとめ

懐かしの「レプティレス」テーマの強化カードとして登場した「レプティレス・ヒュドラ」ですが、用途が幅広くある比較的優秀なカードです。

1の効果はデメリットに気を付けなければいけませんが、前述したように2の効果は使い方によってはアドバンテージを稼いだり大ダメージ狙えるので性能が高いです。

シンクロ召喚を主軸にしたデッキがあるなら検討を考えてみても良いかと思います。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ RISING RAMPAGE BOX

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. より:

    カゲトカゲ、シンクロ素材に使えなくない?

    • kata-0003 より:

      コメントありがとうございます。

      すみません、そうですね、コチラの間違えです。
      正しくはリンク3に訂正しておきます